MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

最新の投稿

 ティーラウンジではアフタヌーンティーセット(平日14時~、土・日・祝12時~)がおすすめ。ローストビーフのオープンサンドからマカロンやムースといったスイーツまで充実の内容で、紅茶など好きなドリンクと共に味わいながら優雅な気分を楽しめる。
更新: 2018-09-08 20:47:16
もうすぐ年末年始の帰省シーズン。早朝に到着または出発する電車やバスで名古屋駅を利用される方も多いと思う。朝食に喫茶店で名古屋ならではの豪華なモーニング……もイイのだが、たくさんの荷物を持って歩くのはツライ。そこで、名古屋駅構内にあるとっておきの店を紹介しよう。
更新: 2017-12-29 09:55:12
東京都内を歩いて見つけた鴨南蛮のお店をご紹介。鴨とネギ、これほど相性のいい組み合わせはなかなかないわけで、まさに〈鴨南蛮〉は冬蕎麦の王。今回は、鴨肉の種類や焼き方、トッピングなど、それぞれ違うアプローチで攻めているものをご紹介します。
更新: 2019-04-04 15:52:16
直木賞作家の常盤新平さんをはじめ、数々の文化人に愛されてきた『ワンモア』。銅板で焼くホットケーキが有名だが、実はサンドイッチにもファンが多い。
更新: 2018-09-08 20:50:14
映画「DESTINY鎌倉ものがたり」に出てくる現役の江ノ電「355」は、鉄道ファンに人気の車両です。この車両に乗って出かけた鎌倉、ちょっと頑張って絶品うな重に舌鼓をうってきました……。
更新: 2018-08-30 15:53:14
東京都内で贅沢な夜を過ごすならこの寿司店で決まり!日々の疲れが吹き飛ぶ旨さとコスパは悶絶級!高級寿司もハレの日にはいいけれど、普段使いできる店で極上握りを味わえたら感激もひとしお。知っていれば絶対得するコスパ抜群寿司店をグルメライターが徹底調査。
更新: 2018-09-08 20:53:43
神楽坂にあるフレンチ「ラ・コリンヌ」のグルメ記事と写真のページ。フランスや都内の名店で経験を積んだシェフの料理は見るからにアートなひと皿。伝統的なフレンチの技法を基本にしつつ、「五感で楽しみ、記憶に残る味を」という独自の世界観があふれている。[住所]東京都新宿区神楽坂2-20-1
更新: 2018-10-12 16:00:35
小川町の喫茶店「ジャズ オリンパス!」のカレーに関するグルメ取材記事と写真。店の奥に鎮座するのはJBLのスピーカー「Olympus」。50年以上前の名器から鳴り響く、ジャズの心地良い音がこの店の主役である。[住所]東京都千代田区神田小川町3-24 お茶の水ホテル昇龍館
更新: 2018-10-12 16:03:57
表参道の「蔦珈琲店(ツタコーヒーテン)」にはいつも変わらない一杯があり、身を落ち着けられる空間がある。その価値をしみじみ教えてくれるような店だ。1988年の開店以来、毎日自家焙煎され、手縫いのネルでドリップされるコーヒーは、ブラジルサントスNo.2。[住所]東京都港区南青山5-11-20
更新: 2019-06-05 15:08:15
Entree A(オントレ・アー)のオリジナルカクテル「アグネスジントニック」は、クリーミーな泡が絶妙な口当たりで、ビールに代わる最初の一杯として人気だ。ほかにもズブロッカがベースの色鮮やかな「やよい」、モヒートに青りんご風味を加えた「あすみ」など遊び心が楽しい。
更新: 2017-12-21 18:00:00
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt