MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
Fuglen Tokyo(カフェ/渋谷)|おすすめメニューのグルメ記事と写真

Fuglen Tokyo(カフェ/渋谷)|おすすめメニューのグルメ記事と写真

「フグレントウキョウ (Fuglen Tokyo)」はオスロの人気コーヒー店の国外1号店。世界最高水準の品質を誇るオスロの会社から、生豆を直接仕入れ、コーヒーの魅力を最大限に引き出す焙煎と抽出を楽しませる。ビールなどアルコールも置いてあり、夜はバーにもなる。[住所]東京都渋谷区富ケ谷1-16-11

Fuglen Tokyo(最寄駅:代々木公園駅)

豆の特性がダイレクトに感じられるエアロプレスコーヒーを提供する店

オスロの人気コーヒー店の国外1号店。世界最高水準の品質を誇るオスロの会社から、生豆を直接仕入れ、コーヒーの魅力を最大限に引き出す焙煎と抽出を楽しませる。ビールなどアルコールも置いてあり、夜はバーにもなる。

ノルウェー産サーモンのサンドイッチ
710円

ノルウェーのビール「ヌグネペールエール」
1350円

Fuglen Tokyoの店舗情報

[住所]東京都渋谷区富ケ谷1-16-11 ☎03-3481-0884 [営]8時~22時、水・木8時~翌1時、金8時~翌2時、土9時~翌2時、日9時~24時(月・火のみ30分前LO) [休]無休 [席]45席

電話番号 03-3481-0884
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00
2003年にシドニーで立ち上がり、2014年に日本に上陸した「シングルオー」。焙煎とオンラインショップでスタートしたが、2年を経てテイスティングバーがオープンした。
更新: 2019-04-16 12:00:00
この店があるのは、まだのどかな雰囲気が残る二子玉川商店街。店主の宮崎哲夫さん・モトコさん夫妻は二子玉川のスターバックスコーヒー、清澄白川のブルーボトルジャパンで立ち上げスタッフを経験したのち独立、コーヒーの移動販売も経て店を開いた。
更新: 2019-04-14 18:00:00
照明を抑えた店内には、静かで非日常な時間が流れている。寄り添ってくれるのは、優しく耳に届く音楽と季節の花、そしてコーヒー。
更新: 2019-04-12 18:00:00
最新の投稿
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt