MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
Fuglen Tokyo(カフェ/渋谷)|おすすめメニューのグルメ記事と写真

Fuglen Tokyo(カフェ/渋谷)|おすすめメニューのグルメ記事と写真

「フグレントウキョウ (Fuglen Tokyo)」はオスロの人気コーヒー店の国外1号店。世界最高水準の品質を誇るオスロの会社から、生豆を直接仕入れ、コーヒーの魅力を最大限に引き出す焙煎と抽出を楽しませる。ビールなどアルコールも置いてあり、夜はバーにもなる。[住所]東京都渋谷区富ケ谷1-16-11

Fuglen Tokyo(最寄駅:代々木公園駅)

豆の特性がダイレクトに感じられるエアロプレスコーヒーを提供する店

オスロの人気コーヒー店の国外1号店。世界最高水準の品質を誇るオスロの会社から、生豆を直接仕入れ、コーヒーの魅力を最大限に引き出す焙煎と抽出を楽しませる。ビールなどアルコールも置いてあり、夜はバーにもなる。

ノルウェー産サーモンのサンドイッチ
710円

ノルウェーのビール「ヌグネペールエール」
1350円

Fuglen Tokyoの店舗情報

[住所]東京都渋谷区富ケ谷1-16-11 ☎03-3481-0884 [営]8時~22時、水・木8時~翌1時、金8時~翌2時、土9時~翌2時、日9時~24時(月・火のみ30分前LO) [休]無休 [席]45席

電話番号 03-3481-0884
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
独自にカスタマイズした焙煎機によるコーヒーは、ブレンド3種、シングルオリジンが7種の全10アイテム。しかも、ドリップからエアロプレス、エスプレッソまでさまざまな抽出で、その魅力を味わえる。
更新: 2019-05-14 15:41:54
 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。
更新: 2019-05-14 16:04:04
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
更新: 2019-05-15 15:25:00
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-05-16 10:49:02
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-05-16 10:55:13
最新の投稿
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 12:00:00
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-16 12:00:00
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00
京急・大森町駅前から細い路地を入った奥に鎮座する、女将さんがひとりで切り盛りする小体なこの店は、なんといっても「国産ひな鶏の素揚げ」が名物!
更新: 2019-06-14 16:30:24
銀座の一等地にありながらホッピーを売りにする。「55ホッピーとシャリキンの組み合わせはカクテルとして成立するから」とは店主の嘉茂太輔さんだ。
更新: 2019-06-14 16:33:24

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt