「人形町 梅田」の大関梅田丼(うなぎ/人形町)|梅の酸味とうなぎのコクが抜群の相性!

「人形町 梅田」の大関梅田丼(うなぎ/人形町)|梅の酸味とうなぎのコクが抜群の相性!

「人形町 梅田」は父から受け継ぎ、創業から約40年をむかえる。主に使用するのは脂ののった大振りの三河一色産。[アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A5出口から徒歩1分※ランチタイム


人形町 梅田(最寄駅:人形町駅)

 現在2代目に当たる店主の白石圭吾さんは、熟練の技によりそれぞれのうなぎの大きさや、身のしまり具合に合わせて、蒸し時間や焼き加減を微妙に変えている。できあがったうな重の蓋をあければ、芳しい香りがたちこめ、身のふんわりとした口当たりを愉しめる。

 また、紀州南高梅やゴマ、あさつきなどの薬味をご飯にあしらい、うなぎにカツオと昆布の旨みをきかせた特製のダシ醤油をぬって焼いた「梅田丼」や、藻塩を加えた酒に蒸したうなぎをからめて炙る「しら焼丼」など、うなぎを知り尽くしたからこそできる独創的なメニューも打ち出す。うなぎの新たな魅力を教えてくれる1軒だ。

大関梅田丼 3600円

南高梅のほどよい酸味とうなぎが抜群のコンビネーションを生む名物メニュー

うな重(特) 3400円

創業から継ぎ足すタレはさっぱりとしつつも奥深いコクがあり、うなぎからあふれる力強いコクをしっかりと支えている

黄金焼 2300円

合わせ味噌に、山椒やブランデー、ショウガなどを加えた自家製味噌をぬって焼き上げたオリジナルメニュー。酒のつまみにぴったり

[その他のメニュー]
うな重2300円、しら焼丼2300円 うな重(特上)4000円、かさね重4900円、う雑炊3000円、うざく1300円、きも焼700円、う豆腐1500円、骨せんべい500円など

人形町 梅田

[住所]東京都中央区日本橋人形町3-4-2 ☎03-3661-0160 
[営業時間]11時〜14時半(13時45分LO)、17時〜21時(20時15分LO)※土は昼のみの営業 [休日]日•祝 [席]テーブル2席×10卓 計20席/全席禁煙/カード可/予約可(土用の丑の日前後は予約不可)/昼のコースと夜はサ10%別、アルコール注文の場合のみお通し代400円〜別 
[アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A5出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3661-0160
2016年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


三軒茶屋でランチならここ!グルメライターのおすすめランチ6選

三軒茶屋でランチならここ!グルメライターのおすすめランチ6選

人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で見つけた、コスパ抜群の蕎麦屋や、ナポリのピッツァ、本格的シンガポール料理が楽しめるお店など、三軒茶屋駅から徒歩で行ける、本当に美味しいおすすめランチをご紹介!


ももにせせり、ハツ、そぼろまで!玉手箱のような「親子丼」

ももにせせり、ハツ、そぼろまで!玉手箱のような「親子丼」

『人形町 花』(焼き鳥・鶏料理/人形町)|竜宮城の玉手箱ならぬ、こちらはゴロゴロと大きい鹿児島産「赤鶏さつま」と、京都丹波の艶やかな卵が織り成す美味の玉手箱。蓋を開ければ好々爺みたく目尻が下がる至福の瞬間、見ればももに首肉のせせり、ハツ、そぼろまで入っている。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(74) 師走に疲れた私は、吉祥寺で一体何を食べたらいいんでしょうか? の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(74) 師走に疲れた私は、吉祥寺で一体何を食べたらいいんでしょうか? の件

12月って、なんでこんなバタバタして、疲れるんでしょうか?(涙)。あと必要以上に街がキラキラして、落ち着かないし、人が多いし、さらにストレス倍増だよ。 そんなとき、地元民の私は解決策を持っているんですよ、ふふふ。 この記事は、吉祥寺で師走に疲れた人だけが、読めばOKです……。


『人形町今半』の「すき焼き」は肉が溶けるように消える!

『人形町今半』の「すき焼き」は肉が溶けるように消える!

割り下を鍋に少量注ぎ、肉を一枚ずつ焼いて焼き目をほんのりつけながら、割り下の味がまとわりつくように加熱していく。この案配に一切の狂いがない。


最新の投稿


奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。


お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


ランキング


>>総合人気ランキング