MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
五島うどんびぜん家|つやつやの美しさとつるりとした舌触りが魅惑的なうどん(うどん/武蔵小金井)

五島うどんびぜん家|つやつやの美しさとつるりとした舌触りが魅惑的なうどん(うどん/武蔵小金井)

「五島うどんびぜん家」の店主は五島の製麺所などで修業した経験の持ち主。ダシのメインとなるアゴは毎日店で炙って、前日からじっくりと旨みを抽出、本場の味を再現している。[交]JR中央線武蔵小金井駅南口から徒歩5分 ※ランチタイム有

五島うどんびぜん家(最寄駅:武蔵小金井駅)

うどんのつるりとした喉ごしと豊かなダシの風味、つややかな美しさには、思わず胸が高鳴るだろう。「地獄炊き」はいわゆる釜揚げだが、つけ汁はコクのあるアゴダシと生卵の2種類。薬味がたっぷりつくので、自分流のアレンジでいただける。前日までに予約が必要で、提供は13時半以降のみなので要注意。

地獄炊き【予約制・2人前より】
1人前 1280円

「地獄炊き」は五島の“おふくろの味”とも言える家庭料理だそう。風味を増すため、つけ汁に焼きアゴが入る

ざるうどん
600円

キリリと冷やされたうどんのお供は、九州しょうゆの甘みと五島の塩にアゴダシが利いた、素材の良さが旨みとして実感できるつゆ。「ごぼう天」はぶ厚めにカットされていて、ゴボウのしっかりとした香りと味わいが楽しめる

ごぼう天
200円

五島うどんびぜん家

[住所]東京都小金井市本町6-9-42 [TEL]042-382-1833 [営業時間]11時半〜14時半LO、18時~21時(20時45分LO) ※ランチタイム有[休日]月※祝の場合営業、翌火休 [席]全23席/全席禁煙/13時半以降予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR中央線武蔵小金井駅南口から徒歩5分 

電話番号 042-382-1833
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
千駄木『うどん 汐満』|「豚カレーうどん」と「肉汁うどん」の二枚看板の店。カレースープは約20種類のスパイスに高級ミルクを加えた濃厚でクリーミーな味わい。
うどんとご飯。関西人が愛する炭水化物の共演です。このセットは奥が深いですよ。
県民酒場ダウドン 清瀬北口店|埼玉県民のソウルフードに新展開!
 毎朝店で打つ麺は、厳選した数種類の小麦粉をブレンド。讃岐でも稲庭でもない、もっちりと弾力のある“第三の麺”だ。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt