MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
中国雲南酒膳坊 過橋米線|「蝦入り米線炒め」は米を使った麺ならではの伸びやかな弾力がクセになる(中華料理/末広町)

中国雲南酒膳坊 過橋米線|「蝦入り米線炒め」は米を使った麺ならではの伸びやかな弾力がクセになる(中華料理/末広町)

「過橋米線(カキョウベイセン)」とは、鶏ガラでダシをとり、鶏の脂を浮かべた熱々のスープに米粉を原料にした麺をくぐらせて食す、中国雲南省でなじみ深い料理のこと。この米の麺を使った焼きそばが常連の間でひそかな人気を呼んでいる。[交]地下鉄銀座線末広町駅4番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

中国雲南酒膳坊 過橋米線(最寄駅:末広町駅)

本場から取り寄せる米麺は、伸びがよく柔らかさがありつつも弾力にとんだ独特の食感。シャキシャキとしたモヤシやニラの歯触りが、麺のモチモチ感をさらに引き立てている。味つけはシンプルに中国醤油と豆板醤で。醤油の香ばしさとピリ辛感に食欲をそそられること間違いなし! 

麺の他にも、本場の味を再現した郷土料理が数多く楽しめる。

蝦入り米線炒め
805円(昼は写真のセットで800円)

雲南省から取り寄せる乾麺を使用し、茹でてから強火で炒め、香ばしさを出している。ランチのセットにはデザート、スープ、小鉢などが付く

伝統雲南過橋米線
966円(昼は写真のようにデザート付きで980円)

鶏油が表面を覆った熱々のスープに薄切りにした生の豚肉や鶏肉、野菜類を入れて火を通す。塩味であっさりとしたスープに軽やかな食感の麺が相性抜群だ

中国雲南酒膳坊 過橋米線

東京都千代田区外神田6-5-11 MOAビル 1階 ☎03-3835-7520 [営]11時半〜14時半LO、17時〜23時LO [休]無休 [席]テーブル2席×1卓、4席×8卓、5席×1卓 計39席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し代322円別 [交]地下鉄銀座線末広町駅4番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3835-7520
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6
更新: 2019-06-17 12:03:33
「中華街のエビ・カニ大調査」特集掲載店、「新錦江」は四川と広東の家庭料理が楽しめる。約115種類のメニューが揃うなか、エビのイチオシは「殻つき海老唐揚げ」。[アクセス]元町・中華街駅2番出口から徒歩7分、石川町駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有
更新: 2019-03-04 13:34:08
「食神 餃子王」ではポピュラーな中華から、四川、広東、台湾などの通好みな料理までメニューに並び、590円の定食でもゴハンが1回お替り無料なありがたい店。完食者わずか3名という『ジャンボ油淋鶏』はメニューには載ってないが、いつでも注文可能!
更新: 2017-12-20 15:47:46
西麻布にある中華の人気店『真不同』の姉妹店として、2016年10月にオープン。本店のメニューの中でもとりわけ人気の高い本格的な香港式点心を料理の主軸にすえている。
更新: 2017-12-20 15:47:51
JRの高架下に店を構える中華食堂兼居酒屋。店を訪れていた、日本における自然派ワインの第一人者・勝山晋作氏のすすめで、5年前からワインをメニューに載せるように。※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:47:52
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt