やきそば専門 みかさ|開店前から長蛇の列! 神保町に焼きそば界の王者あらわる(焼きそば/神保町)

やきそば専門 みかさ|開店前から長蛇の列! 神保町に焼きそば界の王者あらわる(焼きそば/神保町)

早ければ16時前には売り切れ閉店してしまう超人気店の「やきそば専門 みかさ」。昭和59年に熊本で創業し、東京に進出した。[交]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A4出口から徒歩3分 ※ランチタイム有


やきそば専門 みかさ(最寄駅:神保町駅)

店内にある製麺機で作るのは、北海道産小麦粉「ゆめちから」100%の平ちぢれ麺。モチモチとした弾力と深い小麦の風味が特徴だ。ガラムマサラやブラックペッパーを加えたスパイシーなソースが、この力強い麺をしっかりと引き立てている。最後に半熟トロトロの玉子焼きとたっぷりの千切りネギをトッピング。あっさりしながらもコク深い塩味も用意している。

ソース焼きそば 800円

イカ・エビトッピング-各100円増し、大盛り無料
特製塩ダレはコクとパンチがあり、存在感ある麺に引けを取らない。卓上に置かれているからしマヨネーズをつけながら食べるのもオススメだ

塩焼きそば 800円

イカ・エビトッピング-各100円増し、大盛り無料
鉄板に油をひかずに炒めるため、麺とソースの味わいをダイレクトに感じられる。具材はエビとイカの他に、カリッと焼かれた豚バラなど

やきそば専門 みかさ

東京都千代田区神田神保町2-24-3 ☎03-3239-5110 [営]11時~17時頃(麺がなくなり次第終了) [休]日・祝 [席]カウンター9席/カード不可/予約不可/サなし [交]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A4出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3239-5110
2016年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


恵比寿 栄楽|創業当時から自家製を貫く、しなやかでコシのある麺が自慢(ラーメン/恵比寿)

恵比寿 栄楽|創業当時から自家製を貫く、しなやかでコシのある麺が自慢(ラーメン/恵比寿)

「恵比寿 栄楽」は昭和35年に原宿で創業。各地に点在する『栄楽』とは関係がなく、二代目・細谷隆広さんのご両親が独自に開業させたという。聞けば、『栄楽』は当時の流行り屋号。[交]JR恵比寿駅東口から徒歩8分 ※ランチタイム有


開店と同時に行列、並んでも絶対に食べたいどら焼き|亀十(どら焼き/浅草)

開店と同時に行列、並んでも絶対に食べたいどら焼き|亀十(どら焼き/浅草)

90年以上の歴史を持つ老舗。目当ては開店と同時に行列ができる1日約3000個売れるフワ甘食感のどら焼き。


築地で連日100人以上が詰めかける!人気ランチは豚の角煮|ふじむら(割烹/築地)

築地で連日100人以上が詰めかける!人気ランチは豚の角煮|ふじむら(割烹/築地)

クエや鮭児など、選りすぐりの魚介を味わえる割烹で、昼には連日100人を超す客が詰めかけている。ランチの品書きには、焼き魚や刺身、鉄火丼をはじめとした魚系の定食が並ぶなかで、隠れた人気メニューが、この「豚の角煮定食」なのだ。継ぎ足すタレで6時間煮込んだ特大の角煮。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(18) 吉祥寺で今日は魚が食べたーい! と思ったときの店の件(ランチ編)

おっさん女子の吉祥寺パトロール(18) 吉祥寺で今日は魚が食べたーい! と思ったときの店の件(ランチ編)

今日は絶対魚だよ! 体が魚を欲している! そんな気分になったとき、吉祥寺ではどこに行ったらいいのか?  実は先日吉祥寺にできた、噂の『釣り堀カフェ』の場所を偶然確認。ここか、ここにあったのか……。


「丸鶴」のチャーハンは、ごろりとしたチャーシューがたっぷり|丸鶴(中華料理/大山)

「丸鶴」のチャーハンは、ごろりとしたチャーシューがたっぷり|丸鶴(中華料理/大山)

がっつり飯も、飲みもイケる中華の名店[交]東武東上線 大山駅から徒歩7分 ※ランチタイム有


最新の投稿


「パンダまん」に、週末は長蛇の列|老維新(肉まん/横浜中華街)

「パンダまん」に、週末は長蛇の列|老維新(肉まん/横浜中華街)

老維新(ローイシン)は1955年創業の中国雑貨の老舗だが、店頭で売られる「パンダまん」に、週末は長蛇の列ができる。これがかわいいだけじゃない![交]みなとみらい線元町中華街駅から徒歩約5分、JR根岸線石川町駅北口から徒歩約7分 ※ランチタイム有


甘味 おかめ 麹町本店|絹のような舌すべりのこし餡が餅を優しく包む(スイーツ/麹町)

甘味 おかめ 麹町本店|絹のような舌すべりのこし餡が餅を優しく包む(スイーツ/麹町)

「特別なことは何もしていないの。祖母の代から毎朝真面目に小豆を炊いているだけ」と語るのは、都内に3店舗ある店を切り盛りする女将。北海道十勝産の小豆を使った御膳しるこは、しっかりとした甘さながらも、舌にとろりするりと乗り、エグ味がない。


絶品!東京たい焼きコレクション(断面図付き)すべて実食調査の都内7店舗!

絶品!東京たい焼きコレクション(断面図付き)すべて実食調査の都内7店舗!

「美味しい」と評判の都内店舗をくまなく食べ歩き、「わざわざ行きたい」7軒をご紹介。“ホカホカの焼きたて”こそ、たい焼き食べ歩きの醍醐味。ぜひ、その場でほおばって!撮影/石井明和 文/宮本サクラ


新食感のスーパー甘味!汁粉&ぜんざい界に新風を吹き込んだ|まめ茶和ん(スイーツ/武蔵小山)

新食感のスーパー甘味!汁粉&ぜんざい界に新風を吹き込んだ|まめ茶和ん(スイーツ/武蔵小山)

汁粉&ぜんざい界に新風を吹き込んだのは、店長考案の「熱々わらび餅ぜんざい」。注文を受けてから国産の本わらび粉に和三盆糖を加えて練り、温めたぜんざいの上に流し入れ、抹茶きな粉をふったもの。


麺や 佐市(ラーメン/錦糸町)|カキから抽出した渾身のスープがスゴイ!

麺や 佐市(ラーメン/錦糸町)|カキから抽出した渾身のスープがスゴイ!

何と言っても無化調で、カキをたっぷり使い旨みを凝縮して抽出したというスープがスゴイ。一杯換算で8個くらいは使ってる、という贅沢。麺や 佐市[交]JR総武線錦糸町駅北口から徒歩2分※ランチタイム有


ランキング


>>総合人気ランキング