MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
カンボジア料理バイヨン|あっさりコク深で何度でも食べたくなる味(カンボジア料理/神楽坂)

カンボジア料理バイヨン|あっさりコク深で何度でも食べたくなる味(カンボジア料理/神楽坂)

「カンボジア料理バイヨン」はカンボジア人シェフが作る、日本人の味覚に合わせた穏やかな味の料理が評判の店。[交]地下鉄南北線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

カンボジア料理バイヨン(最寄駅:飯田橋駅)

スープクイティウには細麺のライスヌードルを使用。豚骨ベースに香味野菜などを加えてコトコト煮込んだスープは、あっさりしているが奥深い味わいでヤミツキになる。具も、茹でた鶏肉、エビ、玉子、モヤシ、ネギなどがたっぷり入り大満足。クイティウ・チャー・ポモアンは、太いきしめん状の麺を炒めたソース焼きそば風。トマトとオイスターソースのほのかな酸味がクセになる味わいだ。

スープクイティウ
昼1000円

スープはそのままで十分イケるが、唐辛子、ナンプラー、ビネガー、砂糖の4種類の調味料で自分好みに調節を。昼のセットにはサラダ、漬物、デザートがつく。昼は他にカンボジア風チャーハン880円などを用意

クイティウ・チャー・ポモアン
1050円

牛肉、キャベツとともにきしめん状のクイティウを炒めて目玉焼きをのせた逸品。トマトとオイスターソースが入り、塩辛さの中にあるほのかな酸味が味のアクセント。夜メニューだが、頼めば昼でも注文可能。

カンボジア料理バイヨン

■『カンボジア料理バイヨン』
[住所]東京都新宿区袋町26 森田マンション1階
[TEL]03-5261-3534
[営業時間]11時半~14時半、17時半~22時半
[休日]月曜日
[座席]カウンター4席、テーブル4席×2卓、6席×1卓、座敷約10名 計約28席/全席禁煙/予約可/夜のみカード可/サなし
[アクセス]地下鉄南北線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

電話番号 03-5261-3534
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
巣鴨エリアの「シリンゴル」の「モンゴル鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。モンゴル語で野菜という意味の“ホイツァイ”。かの地で貴重な食材の野菜を入れるこの鍋は、宮廷料理だったそうだ。
 タイやインドネシア、ベトナム、中国などアジア各国料理をAOC流にアレンジ。スパイスが香る本格派ながら、どこか華やかでワインやカクテルに合うと評判だ。Asian Cuisine A.O.C.(アジアン キュイジーヌ エー・オー・シー)
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt