MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ダ ジョルジョのグルメ記事(ピザ/湯島)

ダ ジョルジョのグルメ記事(ピザ/湯島)

湯島でピザならココ!「Pizzeria e trattoria da Giorgio(ダ ジョルジョ)」は本場ナポリの名店などで3年修業したピッツァ職人の徳山志英さんがオープンさせたお店。目を引くのはナポリで200年以上の歴史を誇る窯職人一家が来日して組み上げた日本最大級の薪窯だ。

ダ ジョルジョ(最寄駅:湯島駅)

ナポリの名門窯職人一家が作った日本最大級の窯

目を引くのはナポリで200年以上の歴史を誇る窯職人一家が来日して組み上げた日本最大級の薪窯だ。イタリア産の小麦粉を約12時間常温で発酵させた生地はふっくらモチモチで小麦の風味も良く、職人技を感じさせる。南イタリアで長年修業したシェフの料理も人気。

ミモザ
1944円

モッツァレラチーズにハムやコーンなどがのる。生クリームのコクのある味とコーンの甘み、ハムの塩気がバランスいい。イタリアでは老若男女に人気の味

生ハムと水牛モッツァレラ
972円

その日のおすすめメニュー。しっとり濃厚な生ハムと週2回イタリアから届くカンパーニャ産のフレッシュな水牛モッツァレラの旨みが相性抜群

ダ ジョルジョの店舗情報

[住所]東京都文京区湯島3-37-14 ソルミオビル1階・2階 [TEL]03-5826-4300 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~23時(22時LO)、日・祝11時半〜22時(21時LO) [休日]火 [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅4番出口、銀座線上野広小路駅A4出口などから徒歩3分

電話番号 03-5826-4300
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
石神井公園『ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ』|「貧乏人のスパゲティ」は目玉焼きを崩してパスタに絡めた素朴な料理。カルボナーラの原形とも言われている。
浅草の人気ロメスパといえばここ。メニューは4種類のみだが、店名に掲げている通りイチオシはカルボ。
秋葉原の「カフェ フレスカ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。デカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。[住所]東京都千代田区外神田1-15-2 半田ビル 地下1階 [TEL]03-3253-3800
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。
イタリア産を中心に、店主・新町さんが選び抜いた質・味わいともに群を抜く生ハム&サラミを取り揃える。12ヶ月熟成のクラテッロやローマにある有名店のコッパなど、その時々に食べ頃の6種を超薄切りで盛り合わせに。
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt