MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
<横浜中華街>おすすめ店・ランチ・食べ歩き11選/最寄駅情報

<横浜中華街>おすすめ店・ランチ・食べ歩き11選/最寄駅情報

【横浜 中華街】の本当に美味しいグルメ情報を「ランチ」「食べ歩き」「その他」に分けてご紹介!どれもグルメライターが実食したお店ばかり!営業時間、お土産、小籠包の取り扱いの有無等、気になる点を分かりやすくまとめました。

はじめに

日本の代表的な中華街の1つ、「横浜 中華街」。約500m四方にたくさんの飲食店が立ち並んでいて、店内で食べるのはもちろん、“食べ歩きスポット”としても有名ですよね。
ここではグルメライターが実際に食べ歩いて見つけたおすすめのお店をまとめました。グルメランキングで上位になる人気店もあり。地図、駐車場、最寄り駅、アクセス情報も記載あり。ぜひ活用してください。

横浜中華街の地図

まずは地図でご紹介します!

横浜 中華街 ランチ

『山東 2号店』(水餃子)

言わずと知れた、モチモチ水餃子が大人気の有名店!秘伝のタレとココナッツで食べるというオリジナルの食べ方も面白い。感涙すること間違いなしの美味しさです。
平日ランチは、水餃子(5ヶ)、スープ、おしんこ、杏仁豆腐等がついて700円となんともお得!コスパ最高です!

▲水餃子(10ヶ) 700円


[最寄り駅・アクセス]みなとみらい線『元町・中華街駅』2番出口から徒歩7分
[駐車場]なし [小籠包]取り扱いあり
[営業時間]11時~翌1時(24時半L.O) [休]無休
[住所]神奈川県横浜市中区山下町150-3 [TEL]045-212-1198

『菜香新館』(贅沢中華ランチ)

平日限定ランチ「清芳午餐(せいほうランチ)」がイチオシ!菜香新館のおすすめ料理が少しずつたくさん(なんと11品も!)味わえる、とにかく美味しくてお得なランチなのだ。その他に選べるデザート、中国茶まで付く。
アラカルトも充実していて、コクのあるマヨネーズがかかった大人気メニュー「大えびのマヨネーズソース風味」など、どれも秀逸なものばかりです。

▲清芳午餐 2,100円


[最寄り駅・アクセス]みなとみらい線『元町・中華街駅』2番出口から徒歩3分
[駐車場]提携駐車場:中華街パーキング [小籠包]取り扱いあり
[お土産・テイクアウト]おすすめは『チャーシューメロンパン』
[営業時間]11時半~21時半(20時45分L.O)、土日祝11時~21時半(20時45分L.O)
[休]第2火曜日(祝の場合と8月/12月は営業)
[住所]神奈川県横浜市中区山下町192 [TEL]050-3196-2794

横浜 中華街 食べ歩き

『江戸清』(肉まん)

横浜中華街の“食べ歩きブームの火付け役”といえば、ここ江戸清だ。人気No.1は「ブタまん」。直径11cm、厚み7cmもあり、女性の手のひらが隠れてしまうほどの迫力。挽き肉、キャベツ、エビ、ザーサイなどがぎっしり詰まっていて、食べ応え満点!

▲ブタまん 500円


[最寄り駅・アクセス]みなとみらい線『元町・中華街駅』2番出口から徒歩3分、JR根岸線石川町駅から徒歩8分
[駐車場]なし [お土産・テイクアウト]可
[営業時間]月~金9時~20時、土日祝9時~21時 [休]元日
[住所]神奈川県横浜市中区山下町192 [TEL]045-681-3133

『中華菜館 同發新館売店イートイン』(肉まん)

横浜中華街ツウが、こぞってオススメと語る大人気店!定番の「肉まん」や「あんまん」ほか、中華菓子や季節限定のスイーツなどを、店内のスペースで気軽に楽しむことができる。

▲肉まん 400円


[最寄り駅・アクセス]みなとみらい線『元町・中華街駅』から徒歩3分、JR根岸線石川町駅から徒歩7分
[駐車場]なし
[営業時間]11時~21時30分 [休]無休
[住所]神奈川県横浜市中区山下町164 [TEL]045-681-8808

『老維新』(肉まん)

インパクト大!インスタ映え間違いなしの、見た目が可愛すぎる「パンダまん」!もちろん美味しさも人気の理由の1つ。濃厚なチョコクリームが入った「元祖パンダまん」、野菜と豚肉がたっぷり入った「肉パンダまん」など、どれも思わず買いたくなる品ばかりです!

▲「元祖パンダまん」300円、「ブタ角煮まん」350円


[最寄り駅・アクセス]みなとみらい線『元町・中華街駅』徒歩5分、JR根岸線石川町駅北口から徒歩約7分
[駐車場]なし [お土産・テイクアウト]可
[営業時間]月~金日祝10時30分~20時45分、土10時30分~21時45分 [休]無休
[住所]神奈川県横浜市中区山下町145 [TEL]045-681-6811

横浜 中華街 おすすめ

『四川麻婆 新館』(麻婆豆腐)

瞬く間に人気となった看板メニューの「四川陳麻婆豆腐」は、痺れる辛さがやみつきになるっ!土鍋にた~っぷり入ってこの値段というのもお得すぎる!
青唐辛子の「白麻婆豆腐」や、辛さを控えた「上海風麻婆豆腐」、お酒に合う「海老のチリソース」など、他のメニューも充実しています。

▲四川陳麻婆豆腐 1,280円


[最寄り駅・アクセス]みなとみらい線『元町・中華街駅』2番出口から徒歩5分
[駐車場]なし [小籠包]取り扱いあり
[営業時間]11時~22時(21時45分L.O) [休]無休
[住所]神奈川県横浜市中区山下町147 [TEL]045-264-8576

『中華菜館 同發本館』(チャーシューなど焼き物)

ここに行くなら名物の“焼き物”は絶対に外せない!秘伝のタレに漬け込んだ、甘みと旨みが絶妙な「チャーシュー」と、パリパリの皮でありながらジューシーな「皮付き豚バラ肉の焼物」はこのお店の2大名物だ。

▲チャーシュー&皮付き豚バラ肉の焼物 1,980円


[最寄り駅・アクセス]みなとみらい線『元町・中華街駅』2番出口から徒歩3分
[駐車場]お客様専用駐車場 完備
[営業時間]11時~21時半(20時半L.O) [休]第1・第3火曜日
[住所]神奈川県横浜市中区山下町148 [TEL]045-681-7273

『状元郷』(台湾パイコー飯)

台湾で人気のB級グルメ「台湾パイコー飯」がイチオシ!外はサクサク、中身はジューシー!お弁当箱に入って提供されるのも面白い!

▲台湾パイコー飯 900円


[最寄り駅・アクセス]みなとみらい線『元町・中華街駅』2番出口から徒歩7分
[駐車場]なし [小籠包]取り扱いあり
[営業時間]11時半~15時、17時~23時(22時半L.O)、土日祝11時半~23時(22時半L.O)
[休]無休
[住所]神奈川県横浜市中区山下町148 [TEL]045-681-2340

『新錦江』(海老料理)

広東と四川の両方の家庭料理が楽しめるお店!イチオシは、海老を殻ごと揚げて絶妙だ味付けをした「殻つき海老唐揚げ」と、台湾の米粉を使ったモッチモチの「蝦入りクレープ」。どちらもビールとの愛称は抜群!
蝦入りクレープはお土産としてテイクアウトも可能です。

▲殻つき海老唐揚げ 1,000円


[最寄り駅・アクセス]みなとみらい線『元町・中華街駅』2番出口から徒歩7分、JR根岸線石川町駅北口から徒歩5分
[駐車場]なし [お土産・テイクアウト]おすすめは『蝦入りクレープ』
[営業時間]11時〜15時、17時~22時 [休]月曜日
[住所]神奈川県横浜市中区山下町146 [TEL]045-663-1696

『興昌』(渡り蟹の炒め)

絶対に食べたい逸品は、一番人気「渡り蟹の炒め」。ニンニクが効いたソースで炒めており、パンチ力がすごい!しかも身を食べ終わったら終わりではない!このメニューのすごいところが、残った餡に細麺を投入して、二度楽しむことができるのだ!魅力の詰まったまさに名品なんです!

▲渡り蟹の炒め 2,700円


[最寄り駅・アクセス]みなとみらい線『元町・中華街駅』2番出口から徒歩5分
[駐車場]なし
[営業時間]12時~14時、17時~20時50分、土日祝12時~20時50分 [休]水曜日
[住所]神奈川県横浜市中区山下町139 關帝廟通り [TEL]045-681-1293

『獅門酒楼』(海老料理)

関帝廟の隣に位置する店。おすすめは「活酔払い海老の湯引き」。活きたサイマキ海老に紹興酒を注ぎ、その後軽くボイルしてから食べる。海老の旨みと紹興酒の香りがたまらなく旨い!

▲活酔払い海老の湯引き 6尾 1,980円


[最寄り駅・アクセス]みなとみらい線『元町・中華街駅』2番出口から徒歩7分
[駐車場]なし [小籠包]取り扱いあり
[営業時間]11時半~22時(21時半L.O) [休]月1回
[住所]神奈川県横浜市中区山下町145 [TEL]045-662-7675

おわりに

活気に溢れ、エネルギーがみなぎっている「横浜 中華街」の中から、おすすめの11店を紹介してきました。伝統的な定番グルメから、新しいトレンドグルメまで、美味しい魅力がたくさん詰まったエリアですよね。気になるお店が見つかりましたら、さっそく今週末、出掛けてみてください!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
池袋サンシャインシティ60通りの一角にある高いビルに囲まれたグルメ楽園「栄町通り」は、戦後の飲み屋街の雰囲気を残した80mほどの一本道。小規模ながらも、老舗から個性的な新店までさまざまな店があって面白い。
更新: 2019-04-17 12:11:04
錦糸町エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。ラーメン、カレー、ホットケーキ、寿司、うどん、ハンバーグなど、ランチにもディナーにも行きたくなる色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-15 18:30:00
下北沢エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。カレー、ステーキ、蕎麦、喫茶店など色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-12 18:30:00
小岩・新小岩エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。鶏肉、焼肉、中華、ラーメン、牛串、寿司など色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-08 18:30:00
秋葉原を調査したのは、東担当の市村幸妙(以下、市)と西担当の松田有美(以下、松)、編集・戎誠輝です。それぞれの結果を語り合います。
更新: 2018-12-29 18:30:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt