MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
銀座のランチはここで決まり!グルメライターおすすめの11店舗

銀座のランチはここで決まり!グルメライターおすすめの11店舗

全国グルメランキングで上位を占める店が多い銀座で、ランチのコストパフォーマンスと満足度の高い所をピックアップ!和食・イタリアン・中華・ひとりでゆっくり・子連れ等、気分や利用シーンに合わせて、是非活用してください。

はじめに

銀座にあるお店は高級なイメージで敷居が高いのですが、ランチタイムはディナータイムに比べて割安で、味や店内の雰囲気はもちろんコストパフォーマンスが高いのが特徴です。
高級店が立ち並ぶ銀座とあって、和食店では着物姿の女性スタッフが優雅に接客してくれたり、上質で美しい器を使い目にも楽しい素敵な時間が過ごせるのは大きな魅力です。
一流店の味が気軽に楽しめるランチタイムを充実させましょう!

銀座のランチ地図

まずはお店の場所を分かりやすく地図でご紹介します!

1位『ヴィラッツァ ドゥエ』【イタリアン】(銀座一丁目駅 10番出口 徒歩2分)

写真:パスタランチ(サラダ&フルーツブッフェ、カフェ付き)1500円(土・日・祝2000円)

【みんなの口コミ】
・おしゃれな雰囲気なのでデート向きです。(30代男性)

パスタの確かな味わいはもちろんのこと、ブッフェに並ぶ野菜の美味しさにもある。シェフの出身地の広島野菜も使用し、品質のよさは抜群。フレッシュのほかローストやマリネなどひと手間アレンジしたものも含めて常時13種類前後、フルーツは8種類ほど揃えている。これにスープやドリンクも付いて平日1500円というから見逃す手はない。夜はバルになり、気軽にワインとアラカルト料理を楽しめる。

ヴィラッツァ ドゥエ

パスタのクオリティーや味わいはもちろん、ビュッフェに並ぶ野菜のみずみずしさや美味しさにも定評がある銀座のイタリアン。
パスタランチはパスタに加えてサラダ&フルーツブッフェ、カフェ付きで1500円とお得な価格。季節限定パスタも豊富にラインナップされ、旬の素材を心行くまで楽しめます。

ビュッフェにはシェフの出身地、広島産の野菜も並び彩り豊か。野菜や果物など約20種類が常時用意され、好きなものが自由に楽しめるのも魅力です。

[住所]東京都中央区銀座1-15-11 ホテルサンルート銀座1階 [電話番号]03-6264-4744 [営業時間]朝食7時~10時30分(10時LO)、昼11時半~15時(14時半LO)、カフェ14時~17時(16時半LO)、夜17時半~22時(21時15分LO) [休日]無休
[座席]カウンター7席、テーブル、ハイテーブル36席、計43席/全席禁煙(テラスは喫煙可)/予約可/カード可/夜はサ10% [アクセス]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅10番出口から徒歩2分

2位『玉ゐ』【あなご料理】(銀座駅 A1出口 徒歩3分)

写真:穴子ちらし 特上
酢飯の上に、煮アナゴ(1匹分)、エビ、とびっこ、椎茸やレンコン、季節の野菜などが盛り込まれ、楽しい食感。アナゴの甘ダレ、味噌汁、香物付き

【みんなの口コミ】
・あなごがやわらかで美味しい。(50代男性)
・鰻とは一味違う上品な味に魅了されます。(60代男性)

日本橋にあるアナゴの専門店が銀座に進出。東京湾や対馬など、季節により適した産地から仕入れるアナゴは、鮮度も質のよさも抜群だ。
「箱めし」(1750円~)をメインに、「穴子ちらし」(1450円~)など、手頃な価格で楽しめる。箱めしは基本的に、ふっくら柔らかな“煮上げ”と香ばしい “焼上げ”の ふた通りから仕上がりを選べるのだが、銀座店限定の「いかだ箱めし」は、そのイイトコどり。やや小ぶりのアナゴ3匹を、煮上げてから蒲焼きにしているのだ。ツメも、アナゴの焼き骨からダシをとって半日かけて煮詰めるなど、こだわり十分。アナゴを使ったつまみも揃い、それを肴に昼から一杯やるのもアリ。

玉ゐ

日本橋のアナゴ専門店「玉ゐ」が満を持して銀座に進出。季節に応じて東京湾や対馬など全国各地から仕入れるアナゴがお店の売り。鮮度や質の高い素材を厳選しています。

一番人気「箱めし」のほか、「穴子ちらし」などが手ごろなランチ価格で楽しめます。銀座店の「いかだ箱めし」は煮上げてから"かば焼き”にし、ふっくら香ばし~い食感と香りに食欲がそそられること間違いなし!!

「あなご巻玉子」「あなごの酢の物」などアナゴを使ったおつまみが多数あり、それを肴にお酒を飲むのも一興!
アナゴ好きなら、必ず訪れるべきお店ですよ!

[住所]東京都中央区銀座6-8-7 交詢ビル4階 [電話]03-6264-6896 [営業時間]11時半~14時半、17時半~22時半 [休日]元日 [座席]カウンター6席、テーブル2席×1卓、4席×8卓 計40席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、夜のみお通し代500円別 [アクセス]地下鉄銀座線銀座駅A1出口から徒歩3分

3位『きつね庵』【うどん】(東銀座駅 徒歩2分)

写真:京のきつねうどんセット

【みんなの口コミ】
・うどんの食感が魅力。(70代男性)
・うどんのたれが他のうどん屋とやや違い美味しいです。(50代男性)
・コシがありとても美味しい。(40代男性)

わずか8席の京うどんの店。京都出身のご主人の日課は、毎朝、サバ節やウルメイワシ、アゴなどからダシを丁寧にとって仕込むこと。京うどんは、ダシを味わうのが醍醐味である。

きつね庵

店名のとおりうどん店。庶民的なうどんですが、こちらのお店は京風。京うどんはダシを味わう醍醐味がありますが、こちらのお店は繊細なダシだけではなくもっちりとした麺や提供する前にさっと投入する九条ネギの香りがたまりません。

きつねうどんには、京都の老舗豆腐屋「とようけ屋山本」から仕入れた上質な揚げ豆腐を使用。京風に甘く煮込み食べやすく刻み麺との相性もバッチリ。銀座で上質なうどんが食べたいならきつね庵で決まり。

[住所]東京都中央区銀座3-8-13 光生ビル2階 [電話番号]03-6264-4715 [営業時間]月曜日~金曜日11時~16時、17時〜21時30分時、土曜日・日曜日・祝日:11時~16時30分お出汁がなくなり次第終了 [休日]不定休 [座席]カウンター6席、テーブル2席×1卓 計8席/全席禁煙/予約不可/夜のみカード可/サなし [アクセス]地下鉄銀座線 東銀座駅 徒歩2分 ※小学生以下はお断り

4位『瓢喜 香水亭』【懐石料理】(京橋駅 4番出口 徒歩3分)

写真:ローストビーフ御膳

【みんなの口コミ】
・しゃぶしゃぶ美味しい。(30代男性)

銀箔をあしらった店内は全席個室。靴を脱いで上がり、仲居さんの給仕を受けながらゆったりとくつろげる。
看板は、白金豚や赤城ポークを京野菜とともにせいろで蒸し、カツオや昆布、煮干しなどで丁寧にとったダシでいただく「蒸しゃぶ」(昼2300円~、夜5000円~)。他に、多彩な昼の御膳が評判。京の日本料理店の姉妹店だけに、繊細な味わいと華やかな盛り付けも見事で魅了される。

瓢喜 香水亭

全席個室の店舗でゆったり落ち着いた雰囲気。靴を脱いで個室でランチが楽しめるのはやはり和食店の魅力ですね。京の日本料理店の姉妹店ともあって、盛り付けは華やかで味付けも繊細。

看板メニューは「蒸しゃぶ」で、白金豚や赤城ポークを京野菜と一緒に蒸した料理。蒸しゃぶをカツオや煮干しなどで丁寧にとったダシで頂くと、銀座でありながら雅な京都の雰囲気が味わえます。

夜は5000円の料理が半額以下で楽しめるのがランチの魅力。

[住所]東京都中央区京橋2-6-6 JBSビル1階 [電話番号]03-3562-8278 [営業時間]11時半~14時半、17時半~22時半、土17時半~22時 [休日]土曜日昼・日曜日・祝日は予約のみ [座席]1階:個室2~6名×3室、2階:個室2~4名×4室、10名×3室 計64席/喫煙可/予約可/カード可/夜のみサ10% [アクセス]地下鉄銀座線京橋駅4番出口から徒歩3分

5位『AKOMEYA厨房』【和食】(銀座一丁目駅 4番出口 徒歩1分)

▲小鉢膳 2315円

【みんなの口コミ】
・友達とランチに。一品一品とても丁寧に作られた小鉢膳がとてもおいしいです。(40代女性)

お米を中心としたライフスタイルショップで、店内ではバイヤーが全国から厳選した、ご飯のお供や調味料、食器類を販売している。その一画にある飲食スペースで食べられる名物ランチが「小鉢膳」だ。

AKOMEYA厨房

ごはんの王様は、やっぱり白米!という方にぜひお勧めしたいお店がこちら!美味しいお米に徹底的にこだわり、炊き方も土鍋。それに合う彩り豊かなおかずたちをセットにしたランチは、老若男女誰もがテンションの上がる逸品です!

そのおかず(小鉢)のラインナップは、からだにやさしいものばかり♪ごはんのお代わりは自由なので、おかずとともにじっくりと心もお腹も満たされるまで食べ尽くす、、、そんな癒しのランチタイムが過ごせますよ!

[住所]東京都中央区銀座2-2-6 [TEL]03-6758-0271 [営業時間]11時~14時※小鉢膳14:30LO、土日祝:15時、お茶の時間14時~17時、夜の時間:17時半~22時(21時LO)[休日]元日[座席]27席/全席禁煙/ディナーのみ予約可/カード可/サなし、ディナーのみお通し代540円別[アクセス]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅4番出口から徒歩1分

6位『久保田』【懐石料理】(新橋駅 銀座口 徒歩約4分)

写真:桜海老かき揚げせいろと海鮮ちらし丼膳

【みんなの口コミ】
・お食事券をいただいたので出かけた、懐石料理が、特にお刺身が新鮮でとても美味しかった。(60代女性)
・さすが久保田だ。(60代男性)

「久保田」といえば、新潟を代表する銘酒。その蔵元が2015年にオープンさせた割烹がこちら。新潟食材を中心に日本酒との相性にこだわった料理を提供する。

夜の酒肴はもちろん、ランチも新潟らしさ満載。たとえば、新潟の地魚や酒粕香る越後漬け焼き、布海苔をつなぎとした有機栽培の越州そばなどが、旬を盛り込んだ膳で楽しめる。

久保田

新潟を代表する銘酒「久保田」。その蔵元が銀座でオープンしたのがこちらのお店です。
酒の肴はもちろんランチも新潟の魅力が満載。酒粕香る越後漬け焼きや新潟の地魚を使った海鮮丼、有機栽培の越州そばなど地元の食材を使ったランチが定食でなんと1,500円の低価格で楽しめます。

銀座でこれだけのクオリティーのランチをこの料金で頂くのはなんだか申し訳ない…。そんな気分になるお得な内容です。もちろん米所新潟、ご飯も美味しいですよ。

[住所]東京都中央区銀座8-8-8 銀座888ビル3階 [電話番号]03-6264-6888 [営業時間]月曜日~金曜日:11時半~14時、17時~23時、土曜日:11時半~22時、日曜日・祝日:11時半~21時 [休日]無休 [座席]カウンター8席、カップルシート2席×4卓、テーブル席2席×17卓、個室4名×3室、6名×1室計68席/個室以外は禁煙/予約可/カード可/夜のみサ5%、お通し代700円別 [アクセス]JR新橋駅銀座口から徒歩約4分

7位『China Dining 羽龍』【中華料理】(東銀座駅 4番出口 徒歩5分)

写真:特製チャーシュー麺 ボリューム抜群のチャーシュー麺。日替点心、サラダ、ザーサイ、デザート付き

高級感の漂う店内でいただけるのは、中国料理の伝統を守りながら和・洋の技法や素材を巧みに融合させ、繊細な味に仕上げた料理の数々だ。例えば日替わりの「Cランチ」(1380円)の黒酢酢豚はカリッと揚がった豚肉の食感が絶妙で、サクサクした長芋の歯応えもいいアクセント。黒酢餡の酸味と旨みのバランスも秀逸だ。また、限定15食の「特製チャーシュー麺」(1280円)は圧力釜で柔らかく仕上げた豚トロの自家製チャーシューがド迫力。丸鶏の澄んだスープも滋味深く、ペロリといけてしまう。

China Dining 羽龍

抑えめの色合いで高級感漂う店内は「さすが銀座」と思わせるハイクオリティーなインテリア。
そんな店内で頂けるランチはA・B・Cと3種類あり好みのものが選べます。日替わりメニューなので飽きずに楽しめるのが魅力。価格も900~1,380円とお得です。

創作中華料理店と銘打たれているだけあって、中華の基本は変えずに和食や洋食の素材や技巧をミックスさせた料理が楽しめます。もちろん酢豚定食や麻婆豆腐定食など定番ランチも充実。

[住所]東京都中央区銀座7-15-5共同ビルB101 [電話番号]03-6264-7986 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、月曜日~金曜日:17時30分~23時(22時半LO)、土曜日・祝日:17時30分~22時(21時半LO) [休日]日曜日(祝前日の日曜日は営業) [座席]カウンター7席、テーブル4席×6卓、最大20席、個室3室(4名~20名) 計最大71席/昼は全席禁煙、夜は分煙/予約可/夜のみカード可/サなし、夜はお通し代380円別 [アクセス]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅4番出口から徒歩5分

7位『175°DENO担担麺GINZa』【坦々麺】(銀座一丁目駅 8番出口 徒歩1分)

▲汁なし担担麺

札幌の人気担々麺が東京に進出。

麺は北海道産小麦で作る、もちもち食感の多加水平打ち麺。痺れ具合は「シビれない」「シビれる」「すごくシビれる」の3段階からセレクトできる。

175°DENO担担麺GINZa

「今日はなんだか無性に担担麺が食べたい!」そんな日ってありますよね。そんなときにおすすめなのは、こちらの担担麺専門店。
汁なし・汁あり、そして辛さも選ぶことができる。

まぜてからまず1口。濃厚なゴマの香りと歯ごたえの良いカシューナッツの美味しさに、感動すること間違いなし!そして「シビれる」「すごくシビれる」を選ぶと、食べ進めるほどジワジワと辛さがしみわたり、これがまたたまらなく美味しい!
定期的に訪れたくなるというファンがたくさんいるのも納得の味です。

[住所]東京都中央区銀座2-6-16 銀座第2吉田ビルB1F[TEL]03-6264-4044[営業時間]11時半~22時LO※ランチタイム有
[休日]無休[座席]カウンターあり、全21席/全席禁煙[アクセス]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅8番出口から徒歩1分

9位『威南記海南鶏飯銀座EXITMELSA店』【シンガポール料理】(銀座駅 A2出口 徒歩2分)

ローストチキンライス 1100円※平日ランチ限定(ディナーは1300円)
鶏はしっとりした肉質の大山鶏を使用。現地の味に近いものを選んだのだそう。ランチ価格は平日限定。セットにスープが付くほか、ライスの大盛りが無料

シンガポールの名店の日本上陸2号店。名物は鶏肉と鶏スープで炊いたライスを3種類のソースと食すハイナンチキンライス。王道は「スチームチキンライス」だが、皮がパリッと香ばしい「ローストチキンライス」も抜群の旨さ。

威南記海南鶏飯銀座EXITMELSA店

シンガポールの名店が銀座に上陸。店内はナチュラルカラーで広々としており、ゆったりランチが楽しめます。
お店の名物はハイナンチキンライスで、鶏肉と鶏スープで炊いたライスを3種類のソースで頂きます。ランチは平日限定なので注意が必要です。

ランチタイムはスチームチキンヌードルやホッケンミーなどの一品料理はもちろん、ライトランチセットなどセットも充実。スペシャルランチセットはチキンライスにデザートやドリンクもついて大満足。

[住所]東京都中央区銀座5-7-10 EXITMELSA7階 [電話番号]03-3575-5150 [営業時間]平日:11時~14時半LO、17時~23時(21時半LO)、土曜日・日曜日・祝日:11時~23時(21時半LO) [休日]無休 [座席]テーブル2席×8卓、4席×6卓、6席×2卓、8席×1卓 計60席/全席禁煙/昼はコースのみ予約可/カード可/サなし [アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅A2出口から徒歩2分

まだある!銀座のおすすめランチ

『新広東菜 嘉禅』【中華料理】(銀座駅B6出口 徒歩3分)

▲シェフのスペシャリテ・ふかひれと點心のセット 1500円
シェフ特製根野菜の薬膳スープ、本日の蒸し點心、シェフのスペシャリテ ふかひれの濃厚煮込み、白飯、お漬物、本日のミニデザートの全6品

ゴージャスランチ「ふかひれランチ」で幸せ気分に浸れる!
伝統的な広東料理をベースに香港やシンガポールのエッセンスを加え、美味かつドラマチックなひと皿へと昇華させる。

高級食材の「ふかひれ」をランチで安く食べられるのがこちらのお店!あのふんわりシャキシャキとした食感と、上品で濃厚なタレは、たまりませんよね。
ふかひれに限らず、コースで出てくるお料理がすべて美味しいと、魅了される人が後を絶ちません!
総料理長を務める簗田 圭氏は、中国飯店グループや、マンダリンオリエンタルホテルなどでの総料理長も務めた経歴があります。
モダン中華という言葉がぴったりの、注目のお店ですよ。

カントニーズ カゼン[住所]東京都中央区銀座6-5-13 銀座美術館ビル2階 [TEL]03-6264-5851 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~23時(22時LO)、土・日・祝11時半~16時(15時半LO)、17時半~22時半(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]年末年始 [席]シェフズテーブル(カウンター)4席、テーブル28席、個室1室(6名) 計38席/分煙(個室、カウンターは喫煙可)/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅B6出口から徒歩3分

『焼肉 山水 銀座店』【焼肉】(銀座駅A3出口 徒歩2分)

▲匠-takumi-定食
約100gの肉の他、ライス、スープ、焼き野菜、サラダ、キムチ、ナムル、アイスクリームが付く。肉は産地やブランドにこだわらず、状態のいいA4・A5ランクのものを使用。あっさり味の自家製ダレも美味。

国分寺で40年以上続く人気店が2017年4月開業のGINZA SIXに出店。本店同様、生肉・手切り・手作りにこだわる極上の焼肉が楽しめる。

「匠-takumi-定食」は、カルビ中心の様々な部位を最も適したカット方法で提供。艶やかな肉を食せば、上質な脂の甘みと肉の旨みが口の中に広がり、満面の笑みを浮かべてしまう。

「どうせ食うならうまい肉」がモットーの、有名な焼肉屋。銀座で美味しい焼肉ランチをするなら絶対に訪れてほしいです!
冷凍肉ではなく生肉を使っていることや、1つ1つを職人さんが手切りするという切り方にもこだわりがあり、運ばれてくるお肉はほとんどが厚切り!コスパの良さも評判です。
落ち着いた内装で、女子にも人気のお店ですよ。

[住所]東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6階 [TEL]03-6264-5529 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]GINZA SIXに準ずる [席]テーブル4席×13卓、6席×1卓 計58席/全席禁煙/予約可/カード可/ランチの定食以外はサ10%別 [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅A3出口から徒歩2分

まだある!銀座の「絶品ハンバーグ ランチ」情報!

銀座には美味しいハンバーグのランチが食べられるお店もたくさん揃っています♪
まとメシではグルメライターが実際にお店を訪れ、味やコスパを徹底ジャッジして選んだ「いま行くべき店」をランキングしてご紹介していますので、こちらもお見逃しなく!

銀座のランチ 覆面座談会

食べも食べたり30軒!和食からエスニックまで銀座のランチを徹底調査

肥「ハイ、今回は私が仕切りま~す。まずは銀座のランチ調査のポイントと感想をどうぞ」

松「庶民的な店が増えましたよね。だけどやっぱり銀座はギンザ! オシャレタウンは他にもあるけど、屈指の美食が集まる特別な街だから、私なりの〝銀座でランチ〟に対する価値観も評価のポイントにしました」

飯「それってどういう?」

松「ちょっぴり贅沢に、美味しい料理をキチンと楽しむこと。もちろん安いに越したことはないけど、ランチでも銀座の高級感に浸りたいじゃない? 1500円前後を目安に美味しくて落ち着ける店を探したんです」

肥「なるほど。で、条件を満たす店はありました?」

松「あった! 中華とエスニックを担当したんだけど、条件にピッタリだったのは『ChinaDining 羽龍』。メニューも『Cランチ』は料理2種の盛り合わせにサラダ、ライス、スープ、ザーサイ、デザート、コーヒーまで付く充実感。味はもちろん、そんなふうにちょこちょこ出てくる女性好みの感じにもやられちゃった」

肥「それ分かる! 同じく充実度でいえばイタリアンの『ヴィラッツァ ドゥエ』のパスタランチも、サラダ&フルーツブッフェが付いてお得でしたよ。野菜の産地や種類にこだわっていて、いろいろ楽しめた」

飯「私は和食担当だったから、着物姿の女性スタッフが優雅に接客してくれる店が多数あったのがいかにも銀座らしいと感じましたね。中でもくつろげたのは『瓢喜 香水亭』『久保田』。香水亭は全室個室で、ランチは近江牛の希少部位を使ったローストビーフ御膳とか満足できる味ばかりでした。でもね、失敗しちゃった、私」

松「何を? 個室でくつろぎ過ぎてグーグー寝ちゃったとか」

飯「まさかあ! 実は靴を脱いで店内に入るんだけど、ふと自分の足元を見たら見事に破れた靴下を履いてた……。うう、あの時の敗北感ったらなかったなー。皆さんもご注意を(涙)」

肥「くくっ、そういうトコしっかりしてそうなのに、意外と抜けてるんだね~。それはそうと『久保田』って店、新潟の地酒・久保田の蔵元直営でしょ?」

飯「そうそう、ここは窓際が特等席でしたよ! 中央通りが見下ろせて、まるで銀座を支配したかのような優越感。夜は久保田の代表銘柄『萬寿』を温度差で飲み比べできるんだって。あ、そういえば、『おと週』でおなじみのアナゴ専門店の支店も銀座にオープンしたんですよ。『玉ゐ 銀座店』で。銀座店限定メニューもあって味は間違いなしだし、アナゴを使ったつまみもあるので昼から一杯やるのもアリ。どちらもお酒好きの肥田木さんにピッタリでしょ」

肥「いいね~、今度編集部の飲んべえ軍団で行かない?」

飯「ご夫婦で切り盛りする京うどんの『きつね庵』も通いたくなる店だった。透き通ったつゆは繊細かつ味わい深く、まさにダシが命というのが分かる。どこかホッとする雰囲気の味と空間が銀座にもあるんだって感心した」

松「エスニック系も頑張ってますよ。イチオシはシンガポール発ハイナンチキンライスの名店『威南記海南鶏飯 銀座イグジットメルサ店』。日本2店舗目で、私が虜になったのは皮がパリッとした『ローストチキンライス』。ぜひ試してみて」

飯「では皆さん、そろそろトホホ店を暴露しちゃいま~す」

松&肥「よっ、待ってました」

飯「洋食器で供する創作和食がウリの店『G』。焼き魚定食が1800円で、サバだったけど味は至ってフツー。ていうか今やスーパーの一夜干しでも美味しい時代だから、この値段設定は高くないですか? おかずも冷凍食品を温めたかと思っちゃうようなサイズ感と味だし、銘柄米使用と大々的に謳っているご飯もボソボソなんです(涙)」

松「炭水化物偏愛の飯田さんとしてはテンション下がるよね」

飯「しかも全て300円ショップで買えそうな真っ白な器に盛られているから、見た目も美味しそうじゃないの」

肥「何それ、コンセプトがグダグダ。でも結構お高い洋食器だったりしてね」

飯「もう少し頑張ってほしかったのがミシュラン獲得店のシェフが手掛ける『N』って店」

松「どうだったの?」

飯「二段重の弁当を注文したら、具らしきものが見当たらない炊き込みご飯と、おかずのメインは雑に3枚置かれたローストビーフだった」

肥「私なら怒り狂うケド」

飯「うーん、味は確かに良かったんですよ。でもガッツリ食べたい人には量も盛り付けもいろんな意味で残念かも」

肥「じゃあ、三ツ星まであと一歩という店は?」

松「『銀座自由軒』。ジュージュー音を立てて供される『牛塩カルビ定食』はサンチュと辛味ダレが付く他、サラダ、スープ、キムチ、ノリのセット。このちょこちょこ感、オンナの私的には良かったけど男性には物足りないかなあ」

肥「でも編集の武内さん(=ヒゲ面オヤジ)みたいな乙女男子にはいいかもよ。私が紹介したいのは今回取材NGだったイタリアンの『M』。メイン料理にスムージーとサラダが付くランチが1000円。よくあるおまけのようなサラダじゃなくて本格的な量と質なの。メインで選んだパスタも美味で、ワインに合いそうだったから調査と称して昼から飲んじゃった。あ、編集長にはナイショにしとかなきゃ」

飯「いやいや、これ読んだらバレるって(笑)。私はさっきも話に出たイグジットメルサにある『三陸大船渡まるしち銀座店』。岩手・大船渡市の料亭が東京に初進出したんです。ちょっと量が少なめだけど三陸の海の幸がすごく新鮮なの。市花のツバキをイメージした器があったりして、年配女性にも喜ばれそう」

肥「ご褒美ランチでも、懐に優しい激安ランチでも、はたまたほろ酔いランチでも、いろいろ使える店が多いからやっぱりこの街は奥が深いよね!」

松「皆さんの『銀座でランチ』の参考になればうれしいです」

おわりに

ランチタイムはディナータイムに比べて割安な料金で食事が楽しめるのはもちろん、一流店のハイセンスな雰囲気や上質な接客まで楽しめるのが醍醐味です。銀座は一流店が軒を連ねるエリアで敷居がかなり高いのですが、ランチタイムは料金設定も安めですし夜間よりもお客様が少ないお店も多く入店しやすいのが魅力。銀座の一流店の味や接客、店内の雰囲気を気軽に楽しみたいなら、ランチタイムが狙い目です。

2016年5月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
吉祥寺エリアで絶対に外せないお昼ごはんとは?!人気グルメ情報誌「おとなの週末」の編集スタッフが食べ歩いて見つけた、安いお店はもちろん、ひとりで気軽に入りやすい所、子連れOKの所など、ぜひ行ってほしいおすすめのお店を厳選してまとめました。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
食通が集まるグルメ激戦区、浅草エリア!テレビや雑誌など数々のメディアでも紹介された有名店から隠れ家的なお店まで、グルメライターが新旧の名店を食べ歩いて見つけた、国内外の観光客誰しもに、自信をもっておすすめしたいランチ情報を一挙ご紹介!
おしゃれな街「恵比寿」のランチ情報をまとめました。すべて人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査をして発見した、自信をもっておすすめできるお店ばかり!おしゃれなお店からひとりでも気軽に入りやすいお店まで、一挙ご紹介します!
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt