ピュアヴィレッジなぐらの郷 グランシャリオ|運行当時そのままに「北斗星」の食堂車両がレストランで再出発(レストラン/川口)

ピュアヴィレッジなぐらの郷 グランシャリオ|運行当時そのままに「北斗星」の食堂車両がレストランで再出発(レストラン/川口)

 2015年8月、惜しまれつつ運行を終了した寝台特急「北斗星」。そのなかの1車両“走るレストラン”と呼ばれた食堂車「グランシャリオ」が、埼玉県川口市にある『ピュアヴィレッジなぐらの郷』で、レストランとして、新たな車生を送っている。


ピュアヴィレッジなぐらの郷 グランシャリオ(最寄駅:東川口駅)

 内装や調度品など運行当時の状態を活かし、5月1日にオープン。車内では、同敷地内にあるイタリアンやベーカリー、蕎麦店の料理をいただける。昼・夜・カフェタイム、土・日・祝はモーニングもあり、各時間で異なるメニューを提供している。 早くも全国各地から鉄道ファンが集まり、現役時に456回乗った愛好家やハネムーンで乗った夫婦などが訪れ、思い出話に花を咲かせている。ぜひ一度ゴージャスな食堂車で優雅に食事を楽しんではいかがだろうか。※ランチタイム有

松花堂 そばランチ 1880円

『そば名倉』から提供される蕎麦は、時期によって産地を変え、常に高品質の蕎麦粉を使用。毎日石臼で挽き、手打ちする。天ぷらや海鮮ちらしもつく

松花堂イタリアンランチ 1880円

『ristorante nagura』から提供。豊富な前菜や自家製の薩摩黒豚ローストポーク、熊本産の有機無農薬野菜など、こだわりの詰まったセットだ。ランチは11時〜12時半、13時〜14時半の二部制。ランチとディナーは前日までに要予約。飲食代と別に乗車券500円が必要となる

ピュアヴィレッジなぐらの郷 グランシャリオ

埼玉県川口市戸塚3-31-31 ☎080-6859-5346 [営]11時〜22時、水11時〜12時半、土・日・祝8時〜22時 [休]無休 [交]JR東川口駅南口より徒歩8分

電話番号 080-6859-5346
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


赤坂のそば『東京赤坂 やぶそば』

赤坂のそば『東京赤坂 やぶそば』

『かんだやぶそば』から暖簾分けした『杉並やぶそば』が、今年1月に赤坂サカスのダイニングに新店をオープン。「そば遊膳」と銘打ったコースには、カンピョウや玉子焼きを具に風味豊かな海苔で巻いた「そば寿司」や、もっちり感と溢れ出す香りを楽しめる「そばがき」など、伝統の蕎麦料理を盛り込んでいる。


湯島のそば『湯島 古拙』

湯島のそば『湯島 古拙』

店主の和田さんをはじめ、厨房に立つのは、和食出身の料理人達。そのため、和の一品を盛り込んだコース料理こそ、店の真価を発揮するのだ。


川越のバー『ききざけ処 昭和蔵』

川越のバー『ききざけ処 昭和蔵』

国内の日本酒生産量上位といえば、兵庫、京都、新潟。それらに次ぐのが埼玉というのをご存知だろうか。


本郷三丁目のラーメン『中華蕎麦にし乃』

本郷三丁目のラーメン『中華蕎麦にし乃』

ミシュランガイド・ビブグルマンに掲載された上北沢『らぁめん小池』のセカンドブランド。煮干しの風味をビシッと立たせた本店に対し、こちらは鶏や豚、アサリなどの旨みを重ね、より芳醇に仕立てている。


最新の投稿


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


代々木上原のそば『山せみ』

代々木上原のそば『山せみ』

この店を訪れるなら刺身類はぜひ注文されたし! というのも、築地のみならず、契約する三浦の漁師から水揚げしたばかりの新鮮な魚介を日々仕入れているのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング