MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ピュアヴィレッジなぐらの郷 グランシャリオ|運行当時そのままに「北斗星」の食堂車両がレストランで再出発(レストラン/川口)

ピュアヴィレッジなぐらの郷 グランシャリオ|運行当時そのままに「北斗星」の食堂車両がレストランで再出発(レストラン/川口)

 2015年8月、惜しまれつつ運行を終了した寝台特急「北斗星」。そのなかの1車両“走るレストラン”と呼ばれた食堂車「グランシャリオ」が、埼玉県川口市にある『ピュアヴィレッジなぐらの郷』で、レストランとして、新たな車生を送っている。

ピュアヴィレッジなぐらの郷 グランシャリオ(最寄駅:東川口駅)

 内装や調度品など運行当時の状態を活かし、5月1日にオープン。車内では、同敷地内にあるイタリアンやベーカリー、蕎麦店の料理をいただける。昼・夜・カフェタイム、土・日・祝はモーニングもあり、各時間で異なるメニューを提供している。 早くも全国各地から鉄道ファンが集まり、現役時に456回乗った愛好家やハネムーンで乗った夫婦などが訪れ、思い出話に花を咲かせている。ぜひ一度ゴージャスな食堂車で優雅に食事を楽しんではいかがだろうか。※ランチタイム有

松花堂 そばランチ
1880円

『そば名倉』から提供される蕎麦は、時期によって産地を変え、常に高品質の蕎麦粉を使用。毎日石臼で挽き、手打ちする。天ぷらや海鮮ちらしもつく

松花堂イタリアンランチ
1880円

『ristorante nagura』から提供。豊富な前菜や自家製の薩摩黒豚ローストポーク、熊本産の有機無農薬野菜など、こだわりの詰まったセットだ。ランチは11時〜12時半、13時〜14時半の二部制。ランチとディナーは前日までに要予約。飲食代と別に乗車券500円が必要となる

ピュアヴィレッジなぐらの郷 グランシャリオ

埼玉県川口市戸塚3-31-31 ☎080-6859-5346 [営]11時〜22時、水11時〜12時半、土・日・祝8時〜22時 [休]無休 [交]JR東川口駅南口より徒歩8分

電話番号 080-6859-5346
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
駅から近いけれどちょっと隠れた立地のせいか、ゆっくり食事ができる地元ご用達店。ランチのイチオシは牛カツで、たっぷりしたサラダの生野菜と手の込んだお惣菜が付くのがうれしい。
食料自給率の高い官僚のエネルギー源で午後へのチャージ!平日のランチタイムのみ一般開放されている農林水産省内の食堂に、幻のメニューあり! それが写真の「イワシ鯨ステーキ膳」なのだ。
代官山のキューバ料理店「Cafe Habana TOKYO(カフェハバナトウキョウ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。97年にオープンし、ザガットをはじめ数々の賞を受賞したキューバレストランが昨年代官山にやってきた。[住所]東京都渋谷区猿楽町2-11
べるもんた、特急花嫁のれん、のと里山里海、アルプスエキスプレス、雪月花に乗車! それぞれが個性的な客席を持つ5つのグルメ列車を乗り継ぎ、富山・石川・新潟を味わい尽くす“至福の美食旅”、いざ出発!
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt