MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ホテルのランチブッフェ、「大満足」はココ!東京・横浜厳選5店(ブッフェ/東京・横浜)

ホテルのランチブッフェ、「大満足」はココ!東京・横浜厳選5店(ブッフェ/東京・横浜)

味とコスパで徹底調査!心地よさ、満足感、お得感。それらすべてを叶えてくれるのが、ホテルのランチブッフェです。腹ペコにして出かけましょう! エリア:浅草/新橋/みなとみらい/銀座/池袋 ※ランチタイム有り

スカイグリルブッフェ武藏【浅草】 ホテル:浅草ビューホテル

ランチ 1人3600円 、土・日・祝4200円

手前はグリル釜で色よく焼かれた牛肉・魚介・野菜の盛り合わせ、奥はピッツァ・パスタ・マリネのイタリアン盛り合わせ。白ワイン・グラス850円

店内に入ってまず目を引くのは窓からの絶景だ。浅草を一望するこちらのブッフェは、スカイツリーの開業に合わせてオープン。観光客を含め連日賑わいを見せるが、人気の理由はそのロケーションだけではない。他にはない独特なブッフェスタイルだ。

こちらではほぼすべての料理がライブキッチンで作られている。店内で立ち働く料理人は数十名。和・洋・中・スイーツのどのジャンルも専門の料理人が目の前で調理しているため、客側はまるで厨房にお邪魔しているような感覚だ。まさにライブ感満点。特に炎がたぎるグリル釜は一番の見どころで、数百℃の釜で肉が香ばしく焼かれるシーンを見ると、思わずテンションが上がってしまう。できたての味わいにとりわけこだわるこのブッフェは、食べ放題以上の刺激や満足感を与えてくれる。

■『スカイグリルブッフェ武藏』
[住所]東京都台東区西浅草3-17-1 浅草ビューホテル26F
[TEL]03-3842-6341
[営業時間]ランチブッフェ 第1部:11時半~13時、第2部:13時15分~15時
[休日]無休
[座席]200席(プレミアムペアシート、半個室は有料席)/全席禁煙(喫煙ルームあり)/予約可/カード可/サ10%
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅に直結、東京メトロ田原町駅より徒歩7分

スペシャリティレストラン「ハーモニー」【新橋】 ホテル:ロイヤルパークホテル ザ 汐留

1人3270円 、土・日・祝/4240円

写真手前の右より「蒸し上げた豚肉 レモン醤油ソース」、左は「魚のオーブン焼き 紫蘇風味のトマトソース」など

 2014年から料理長を務める星野義明さんは、世界中の若手フランス料理人の登竜門と名高い国際的料理コンクール日本大会の優勝者。その実力をいかんなく発揮したおよそ30種もの料理は、フレンチの技法をベースに、季節感を大切にしながら醤油や味噌、柑橘類など和のテイストも取り入れられていて、どこかホッとする味わいだ。 前菜は、宝石を散りばめたような美しさ。目の前の実演コーナーで仕上げてくれるのは「フォアグラ入りオムレツ トリュフソース」。魔法のような見事な手さばきに見とれていると、あっという間にできていくオムレツには、香り高いトリュフソースがたっぷり。その中から出てくるフォアグラに心が躍る。 ランチタイム中盤を過ぎると実演コーナーに登場するのは、フルーツのフランベ。前菜からデザートまで、妥協なしの料理を堪能できるのが魅力だ。

[住所]東京都港区東新橋1-6-3 [TEL]03-6253-1130 [営業時間]6時半〜10時、ランチブッフェ:1部11時半〜13時、2部13時半〜15時(LO)、18時〜22時(21時LO) [休日]無休 [座席]計100席(6〜14名までの個室あり※ルームチャージ11880円) 全席禁煙/カード可/予約可/サ10% [アクセス]JRなど新橋駅汐留口から徒歩約3分。または都営大江戸線汐留駅2番出口から徒歩約1分

オールデイダイニング「カフェ トスカ」【みなとみらい】 ホテル:横浜ベイホテル東急

1人3300円 土・日・祝/3900円

目の前で調理される実演メニューの「ローストビーフ」、好きなものを選び、100%オリーブオイルでカラッと揚げられる「ベジタブルフリット」

「カフェ トスカ」では、ランチブッフェのことを「キッチンスタジアム」と呼んでいる。実演メニュー4種類(茹で上げパスタ、ローストビーフ、オムライス、ベジタブルフリット)を提供する「アクションコーナー」では、どんどんできる行列にコミュニケーションを取りながら対峙するシェフ、本格石窯により焼きあがったピッツァを鈴を鳴らしながら頻繁に持ってくるスタッフ、ブッフェ台をマメにチェックしたり、きめ細やかな目配りのサービススタッフなど、お客さんとの熱いやりとりがスタジアムの名にふさわしい。 だからといって、せわしない雰囲気は一切なく、むしろ時間はゆったりと流れるよう。ただし、料理はすべてアラカルトでの提供でも十分に納得出来るレベルなので、つい食べ過ぎてしまったり、食べ切れなくて悔しい思いをすることもあるかも。訪れる際はお腹を空かせて。

[住所]神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-7 2F [TEL]045-682-2222(代) [営業時間]7時〜11時、ランチブッフェ:11時半〜15時(14時半LO)、土・日・祝〜16時(15時半LO)、17時半〜22時(21時半LO) [休]無休 [席]計200席/全席禁煙/カード可/予約可/サ10% [交]横浜高速鉄道みなとみらい線みなとみらい駅クイーンズスクエア連絡口から直通徒歩約1分

NYグリル&ブッフェ Fiore【東銀座】 ホテル:コートヤード・マリオネット 銀座東武ホテル

1人平日 4000円/土休日4500円

特に野菜類が充実していたのがうれしい

 ランチブッフェの目玉は、目の前で焼いてくれる「牛肉のステーキ」。甘みと深みのあるオニオンソース、または香ばしさが食欲をそそるガーリックソースが選択でき、ホースラディッシュや粒マスタード、大根おろしなどが添えられている。 そのほか実演コーナーでは、その場で茹で上げてくれるパスタもある。濃厚な「カルボナーラ」もしくは「トマトソース」が定番。いずれも細めのパスタにしっかりと絡む。 席間は広々と取られているので、都会の喧騒を忘れてゆったりと過ごせるオアシス的環境だ。

[住所]東京都中央区銀座6-14-10 1F [TEL]03-3546-0111(代) [営業時間]6時半~10時半、11時半~15時、17時半〜21時半、土・日・祝11時半~17時、17時半〜21時半 [休日]無休 [座席]計97席(個室あり。室料+3564円)/全席禁煙/カード可/サ10% [アクセス]地下鉄日比谷線など東銀座駅A1出口から徒歩約3分

オールデイダイニング「クロスダイン」【池袋】 ホテル:ホテルメトロポリタン

1人3450円 土・日・祝/3830円

手前は豚肉メンチや鶏肉トマト煮といった洋食、奥はエビ蒸し餃子、エビチリなどの中華料理の盛り合わせ

シックなインテリアの中に、まるで舞台のように浮かび上がるブッフェカウンター。華やかな料理がずらりと並ぶその光景を見ると、俄然、食欲が沸いてしまう。専門のシェフが肉や魚介をダイナミックに焼く鉄板焼のほか、熱々の釜焼きピッツァ、風味豊かなスープで仕上げる中華麺などライブ感も満載。さらに日替わりの特別メニュー(数量限定)が供されるタイムサービスもあって、楽しみは尽きない。多彩な料理を時間制限なく味わえるのも魅力で、ホテルならではの確かな味わいを心ゆくまで楽しめる。

[住所]東京都豊島区西池袋1-6-1 [TEL]03-3980-1111 [営業時間]6時~23時(ランチブッフェ:11時半~14時半(土・日・祝~15時)) [休日]無休 [座席]260席 分煙/カード可/予約可/サなし [アクセス]JR・東京メトロ池袋駅西口より徒歩3分

2016年3月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
吉祥寺エリアで絶対に外せないお昼ごはんとは?!人気グルメ情報誌「おとなの週末」の編集スタッフが食べ歩いて見つけた、安いお店はもちろん、ひとりで気軽に入りやすい所、子連れOKの所など、ぜひ行ってほしいおすすめのお店を厳選してまとめました。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
食通が集まるグルメ激戦区、浅草エリア!テレビや雑誌など数々のメディアでも紹介された有名店から隠れ家的なお店まで、グルメライターが新旧の名店を食べ歩いて見つけた、国内外の観光客誰しもに、自信をもっておすすめしたいランチ情報を一挙ご紹介!
おしゃれな街「恵比寿」のランチ情報をまとめました。すべて人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査をして発見した、自信をもっておすすめできるお店ばかり!おしゃれなお店からひとりでも気軽に入りやすいお店まで、一挙ご紹介します!
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt