FORRESTER(カレー/中目黒)|伝説のカレーを音楽と共に堪能したい

FORRESTER(カレー/中目黒)|伝説のカレーを音楽と共に堪能したい

かつて裏原宿にあり、伝説とまで称されたカレー専門店の「GHEE(ギー)」。店主の小山さんは10年以上もそちらに通いつめ、そのレシピを受け継いだ。※ランチタイム有


フォレスター|FORRESTER(最寄駅:中目黒駅)

カレー、ジン、音楽にどっぷり
つかってみて!


オープンさせた自身の店のコンセプトは“スパイス&ミュージック”。ヒップホップやR&Bの流れる店内でその味を愉しませてくれる。カレーはビーフ、バターチキン、野菜、キーマの4種類を用意。
なかでもとりわけファンが多いのが『GHEE』の代名詞とも言えるビーフだ。牛スジから3~4時間かけてとる旨みが濃厚なダシと、14種類のスパイスで具材の牛肉を煮込んだカレーは、フルーティな甘みや酸味を感じた後にやってくる刺激的な辛さがクセになる。 ディナータイムには、腕利きのバーテンダーでもある小山さんが作るカクテルを片手に、ジャークチキンをはじめとしたスパイス料理を愉しむのもいい。

ビーフカレー 900円

フルーツを入れることで、甘みや酸味をプラス。大量のスパイスからあふれる香りや、ほろ苦さもそこに加わり、辛さのなかにも奥行きと厚みを感じさせてくれる

バターチキンカレー 900円

甘さを抑えたコクのある味わい。たっぷりのクリームを使用し、まろやかさのなかにもスパイスの存在感がきわ立っている

コンビネーション(野菜&キーマ) 1200円

野菜から出るダシだけで作る野菜カレーは軽やかで優しい味わい。合挽き肉のキーマは小山さんオリジナルのアイデアも加味し、辛さは控えめながらも香り高い仕上がりになっている

ジャークチキン 900円

タイムを利かせたオリジナルのシーズニングに漬け込み、グリルで表面をパリッと焼き上げる。フルーティな香りのジンで作るカクテルとも抜群の相性だ

シップスミス ジンリッキー 1100円

アルコールのなかでも世界各国のクラフトジンの品揃えに力を入れており、その数30種類以上。それぞれに全く異なる香りや味を愉しみたい

[その他のメニュー]
地中海風フライドオリーブ600円、フムス650円、温かいスパイシーサラダ700円、ファラフェルサンド900円、自家製ミートボールのトマト煮込み800円など

FORRESTER

[住所]東京都目黒区中目黒1-4-21 エグゼクティブ代官山 201 ☎03-6303-4164 
[営業時間]11時半~15時LO、18時~22時LO(土・日・祝は11時半~22時LO) 
[休日]不定休 
[席]カウンター4席、テーブル2席×1卓、4席×1卓、5席×1卓 計15席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし 
[アクセス]東急東横線ほか中目黒駅から徒歩5分

電話番号 03-6303-4164
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


中目黒でランチならここ!おすすめ中目黒ランチ8店

中目黒でランチならここ!おすすめ中目黒ランチ8店

人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査をして見つけた、ご当地蕎麦や、懐かしいハンバーグ、コスパ抜群のピザなど、中目黒駅から徒歩10分以内でおすすめの中目黒ランチを厳選してご紹介!


中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒のすき焼き店「鴨とワイン Na Camo guro」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。中目黒の駅近ながら、実は隠れ家レストランだ。路地裏にある小さな扉を入ると、お洒落な空間がパッと現れる。[住所]東京都目黒区上目黒1-20-5 [TEL]03-5725-3378


[吉次蟹蔵]毛ガニの旨みと辛さコクが渾然一体の贅沢な旨辛鍋(和食/中目黒)

[吉次蟹蔵]毛ガニの旨みと辛さコクが渾然一体の贅沢な旨辛鍋(和食/中目黒)

中目黒エリア「吉次蟹蔵」の「毛ガニ大根鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。鍋の中には丸ごと一杯の毛ガニが鎮座し、3種の唐辛子で真っ赤に染まっている。圧倒的な見た目だが、それは始まりに過ぎない。


ならや(そば/池袋)|創業時から人気のカレー南蛮そば

ならや(そば/池袋)|創業時から人気のカレー南蛮そば

池袋エリアのそば店「ならや」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。33年前の創業時から根強い人気を誇るのが、カレー南蛮だ。ひと口目は甘いと感じるが、徐々にスパイスの複雑な辛みが広がって、パンチが利いたダシの鰹風味が溶け合い、まろやかな味へと変化する。


朝松庵(うどん/中目黒)|祖父が大阪で売り出したカレー南蛮を中目黒で

朝松庵(うどん/中目黒)|祖父が大阪で売り出したカレー南蛮を中目黒で

中目黒エリアのうどん屋「朝松庵 (あさまつあん) 」の「カレー南蛮」のグルメ記事と写真。「小学生の頃から、いつも祖父のカレー粉作りに呼ばれて手伝ってました」という4代目の角田米子さん。明治41年に、祖父が大阪で売り出したカレー南蛮の作り方を今も忠実に守っている。


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング