MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
カレーノトリコ|濃厚牛スジと香り高いスープカレーが織りなす美味(カレー/秋葉原)

カレーノトリコ|濃厚牛スジと香り高いスープカレーが織りなす美味(カレー/秋葉原)

「カレーノトリコ」は2014年のオープンから、連日行列を作る人気店だ。ここでしか食べられないオリジナリティあふれるカレーは2種類を用意。[交]JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩4分 ※ランチタイム

カレーノトリコ(最寄駅:秋葉原駅)

たっぷりの香味野菜をスパイスと共に煮込んだ「インド風カレー」は、スープのようなサラリとした口当たり。そこにサラダ油でマスタードシードやカレーリーフ、鷹の爪、クミンをじっくりと炒めて香りを移した“スパイス油”を注文後に1人前ずつ合わせることで、鮮烈な香りが口に広がる。最後にたっぷりのカスリメティ(フェヌグリークの葉)をふりかけ、爽やかな香りと風味をプラス。 「牛すじドライカレー」は下茹でしてペースト状にした牛スジ肉に粗挽きの牛肉と豚肉を加え、旨みを全面に押し出した濃厚な仕上がり。「あいがけカレー」は味わいの異なる両者が皿の中で出会って引き立て合うことで、また新たな美味しさが生まれる逸品だ。

あいがけカレー
1200円

ご飯の上に盛りつけられているのが「牛すじドライカレー」で、濃厚な旨みが特徴。こんにゃくを加えることで、食感に変化をつけている。別々に食べるのもいいが、「インド風カレー」と混ぜながらいただくのもオススメだ

インド風カレー野菜
950円(+チキントッピング150円)

具は写真の野菜の他に、インド豆、チキン、エビなどから選べる。具の追加は1品150円。野菜は素揚げし、カレースープがしっかりとしみ込んでいる。チキンはたっぷりの油で揚げ焼きに。肉汁をとじこめカリッとしてジューシー

隠し味に醤油などの和の調味料を加えているため、スパイスの香りが際立つ中にも、どこか日本人の舌になじむ味わいだ。辛さは10段階から選べる

[その他のメニュー]
ライス大盛り+50円、ルー大盛り+150円、大盛り+200円 インド風カレーの具の追加は1品+150円

カレーノトリコ

[住所]東京都千代田区神田鍛冶町3-5 一八ビル 1F ☎非掲載 
[営業時間]11時〜14時、18時〜21時(売り切れ次第終了) 
[休日]日 
[席]カウンター10席 計10席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし 
[アクセス]JR山手線ほか神田駅から徒歩3分 ※ランチタイム有

電話番号 非掲載
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
キッチンカーからスタートして評判となり、2016年に開店。店主の伊藤さんは、バックパックでインドを訪れ、すっかりカレーの虜になってしまったとか。
スープカレーの先駆け的存在。サラリとしたスープは甘みとコクがたっぷり。※ランチタイムあり
千駄木『スパイスカレー とくじろう』|店主の増田さんは元寿司職人。10年前に店を閉めて修業や研究を重ね、2017年11月19日にこの店をオープンさせた。
カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。
ビーフ、ポーク、玉ネギ、リンゴなどをブイヨンに加え、じっくりと煮込んだ同店のカレーは、初代が修業した帝国ホテル由来のカルカッタカレーがベース。カツに使うのは脂に上品な甘みを持つ国産豚の上ロース。
西新宿に本店を構える『麺屋翔』の3店舗目として2018年10月2日にオープン。既存の2軒は鶏がメインだが、こちらは鯛。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
予約困難な名店、東京・四ツ谷の『すし匠』で約15年、腕を磨いた店主が作り出す「ばらちらし」。30種類以上のネタが美しく盛られ、それらが響き合うハーモニーは見事のひと言だ。
本店は、1日3000人が訪れることもある、イタリア・ミラノで大人気のジェラート店。原材料はイタリアから取り寄せ、本店のレシピで作られたフレーバーは、素材をしっかり感じられる力強い味わい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt