カレーノトリコ|濃厚牛スジと香り高いスープカレーが織りなす美味(カレー/秋葉原)

カレーノトリコ|濃厚牛スジと香り高いスープカレーが織りなす美味(カレー/秋葉原)

「カレーノトリコ」は2014年のオープンから、連日行列を作る人気店だ。ここでしか食べられないオリジナリティあふれるカレーは2種類を用意。[交]JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩4分 ※ランチタイム


カレーノトリコ(最寄駅:秋葉原駅)

たっぷりの香味野菜をスパイスと共に煮込んだ「インド風カレー」は、スープのようなサラリとした口当たり。そこにサラダ油でマスタードシードやカレーリーフ、鷹の爪、クミンをじっくりと炒めて香りを移した“スパイス油”を注文後に1人前ずつ合わせることで、鮮烈な香りが口に広がる。最後にたっぷりのカスリメティ(フェヌグリークの葉)をふりかけ、爽やかな香りと風味をプラス。 「牛すじドライカレー」は下茹でしてペースト状にした牛スジ肉に粗挽きの牛肉と豚肉を加え、旨みを全面に押し出した濃厚な仕上がり。「あいがけカレー」は味わいの異なる両者が皿の中で出会って引き立て合うことで、また新たな美味しさが生まれる逸品だ。

あいがけカレー 1200円

ご飯の上に盛りつけられているのが「牛すじドライカレー」で、濃厚な旨みが特徴。こんにゃくを加えることで、食感に変化をつけている。別々に食べるのもいいが、「インド風カレー」と混ぜながらいただくのもオススメだ

インド風カレー野菜 950円(+チキントッピング150円)

具は写真の野菜の他に、インド豆、チキン、エビなどから選べる。具の追加は1品150円。野菜は素揚げし、カレースープがしっかりとしみ込んでいる。チキンはたっぷりの油で揚げ焼きに。肉汁をとじこめカリッとしてジューシー

隠し味に醤油などの和の調味料を加えているため、スパイスの香りが際立つ中にも、どこか日本人の舌になじむ味わいだ。辛さは10段階から選べる

[その他のメニュー]
ライス大盛り+50円、ルー大盛り+150円、大盛り+200円 インド風カレーの具の追加は1品+150円

カレーノトリコ

[住所]東京都千代田区神田須田町2-15-1KSコーナー1階 ☎非掲載 
[営業時間]11時〜14時、18時〜21時(売り切れ次第終了) 
[休日]土•日•祝 
[席]カウンター10席 計10席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし 
[アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩4分 ※ランチタイム有

電話番号 非掲載
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


ならや|知っておくと重宝する!創業時から人気のカレー南蛮そば(そば/池袋)

ならや|知っておくと重宝する!創業時から人気のカレー南蛮そば(そば/池袋)

 33年前の創業時から根強い人気を誇るのが、カレー南蛮だ。ひと口目は甘いと感じるが、徐々にスパイスの複雑な辛みが広がって、パンチが利いたダシの鰹風味が溶け合い、まろやかな味へと変化する。


すし屋 銀蔵 秋葉原本館|つまみもお酒も豊富な寿司店!(寿司/秋葉原)

すし屋 銀蔵 秋葉原本館|つまみもお酒も豊富な寿司店!(寿司/秋葉原)

洋風・和風、魚料理など様々な形態の居酒屋を展開する、だん家系列の寿司店。ネタは毎日築地から仕入れ、鮮度や品質にこだわっている。


手打ち蕎麦切り 匠(そば/秋葉原)|噛み締めるごとにふわっと広がる十割の旨みと香り

手打ち蕎麦切り 匠(そば/秋葉原)|噛み締めるごとにふわっと広がる十割の旨みと香り

理想は「噛んでしっかり甘みと香りを感じられる蕎麦」。それは思わず噛み締めたくなるようなムチムチとした弾力があり、と同時に芳醇な穀物香が鼻に抜けていく至高の味わい。


秋葉原でベテラン職人の握り寿司が1貫100円!|にぎり屋 八べゑ(寿司/秋葉原)

秋葉原でベテラン職人の握り寿司が1貫100円!|にぎり屋 八べゑ(寿司/秋葉原)

ベテラン職人による握りが1貫100円から、それも築地をはじめ、オーナーの故郷・八戸の漁港から空輸で届く朝獲れ鮮魚など、新鮮で質の良いネタがこの破格とは涙。赤字覚悟の握り「赤富士盛り」は黄金に輝くウニがこれでもかと山盛りだし、生本マグロの大トロだって1貫350円と聞けばもう駆け込むしかない。


新宿にあった「カフェハイチ」、昭和を代表する名作カレーが中野で復活

新宿にあった「カフェハイチ」、昭和を代表する名作カレーが中野で復活

café HAITI(カフェ・ハイチ)/カレー/中野|南の海を思わせる青い皿の上に、こげ茶色のドライカレーがのった丸いライスが無人島のようにぽかりと佇んでいる。このフォトジェニックな光景が「懐かしい」となる人はきっと多い。


最新の投稿


日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

 ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。


鮮魚は函館直送豪快&お値打ち名物料理に連日満席の人気店|北国炉端 ときしらず東京駅八重洲(魚介・海鮮料理/東京)

鮮魚は函館直送豪快&お値打ち名物料理に連日満席の人気店|北国炉端 ときしらず東京駅八重洲(魚介・海鮮料理/東京)

 函館直送の鮮魚の刺身や時鮭(ときしらず)の炉端焼きなど、豪快な見た目にアッと驚く名物料理が満載。定番の刺盛りは1人前500円~の安さにも恐縮するが、感心するのは値段以上の旨さだ。


焼きはまぐりSTAND|食材にこだわるハマグリ料理と立ち飲みの気軽さ両方の魅力にアッパレ!(魚介・海鮮料理/東京)

焼きはまぐりSTAND|食材にこだわるハマグリ料理と立ち飲みの気軽さ両方の魅力にアッパレ!(魚介・海鮮料理/東京)

 お通しもハマグリ、メニューもほぼハマグリ料理と貝好きにはたまらないハマグリ尽くし。陽気な店長“馬場ちゃん”が切り盛りする立ち飲みは、一度体験したらその楽しさと美味しさにハマること間違いナシだ。


ラ・ミニョネット|華やかさよりも誠実に手間暇かける普段着のフレンチに心の底から満足する(フレンチ/東京)

ラ・ミニョネット|華やかさよりも誠実に手間暇かける普段着のフレンチに心の底から満足する(フレンチ/東京)

 「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店だ。ソースやフォンなど基本の技術をしっかり守り、手間暇かけて作られた丁寧な料理はどれも長く愛される理由のある“温かさ”に満ちている。


焼鳥本田|独学で追求した比内地鶏の旨みを店主渾身のフルコースで堪能(焼き鳥・鶏料理/東京)

焼鳥本田|独学で追求した比内地鶏の旨みを店主渾身のフルコースで堪能(焼き鳥・鶏料理/東京)

 路地裏に名店ありとはよく言うが、この店がまさにそう。メニューは焼鳥のおまかせコース1本のみ。


ランキング


>>総合人気ランキング