ふんだりけ(カレー/上石神井)|巧みなスパイス使いの香り高いインドカレー

ふんだりけ(カレー/上石神井)|巧みなスパイス使いの香り高いインドカレー

「ふんだりけ」は住宅街でひっそりと営むインド料理店。店主の西 無学さんは元僧侶という一風変わった経歴を持つ。約10年間、有名店で腕を磨いてから独立。確かな食材を使用し、手間ひまかけて作られるカレーは、あっさりとした南インドの味が中心だ。[交]西武新宿線上石神井駅北口から徒歩7分 ※ランチタイム有


ふんだりけ(最寄駅:上石神井駅)

それぞれの食材に適したスパイスを惜しみなく使用し、奥深くもエッジのたった香りや味を表現している。いちばん人気のカレーが写真の「ムルギーカリー」。骨付きの若鶏のモモ肉をまるごと煮込むことで、骨から出る旨みがカレーにさらなるコクをプラス。最後に加えるガラムマサラの香りが爽やかに鼻腔を包み込む。どのカレーにも自家製のライタ(ヨーグルトのサラダ)とアチャール(漬け物)を添えており、カレーをご飯にかけてから、これらをよく混ぜ合わせて食す、南インドそのままのスタイルを提案している。また、6月末には西荻窪に2号店をオープンしたばかり。

ムルギーカリー 1380円

ムルギーとは鶏肉のこと。煮込んでから余熱で火を通したモモ肉は、身が骨からすんなりとはずれる柔らかさ。この日は豆のカレーも添えられていた。カトゥーリー(カップ)に入っているのは、鶏肉を煮込んだソースとアチャール、ライタ。農家から届く米はハリとコシがあり、カレーによく合う(平日のランチは1080円)

ダールゴーシュ 1380円

ムング豆のカレーとマトンカレーのセット。2種類のカレーをよく混ぜ合わせることで、スパイスの香りと辛さが際立つマトンカレーを、豆の甘みが優しく包み込んでくれる

[その他のメニュー]
マトン1400円、サグマトン1520円、シュリンプマサラ1620円、サンバル920円、マッカーニーパニール920円、マトンビリヤニ1400円、サンバルライス920円、ラサムライス860円、ラサムスープ200円など

ふんだりけ

東京都練馬区上石神井4-10-19 ☎03-6315-1387 [営]11時半~17時半頃、日•水は11時半~15時頃 [休]不定休 [席]2席×4卓、4席×2卓 計16席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし [交]西武新宿線上石神井駅北口から徒歩7分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6315-1387
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


ならや(そば/池袋)|創業時から人気のカレー南蛮そば

ならや(そば/池袋)|創業時から人気のカレー南蛮そば

池袋エリアのそば店「ならや」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。33年前の創業時から根強い人気を誇るのが、カレー南蛮だ。ひと口目は甘いと感じるが、徐々にスパイスの複雑な辛みが広がって、パンチが利いたダシの鰹風味が溶け合い、まろやかな味へと変化する。


新宿にあった「カフェハイチ」、昭和を代表する名作カレーが中野で復活

新宿にあった「カフェハイチ」、昭和を代表する名作カレーが中野で復活

中野エリアのカレー屋「カフェハイチ」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。南の海を思わせる青い皿の上に、こげ茶色のドライカレーがのった丸いライスが無人島のようにぽかりと佇んでいる。このフォトジェニックな光景が「懐かしい」となる人はきっと多い。|café HAITI(カフェ・ハイチ)/カレー/中野


[プネウマカレー]高田馬場にカレーの名作がまたひとつ誕生した。

[プネウマカレー]高田馬場にカレーの名作がまたひとつ誕生した。

プネウマカレー(カレー/高田馬場)|店主の長谷さんは趣味のカレー歴が約20年。かなり攻めたカレーを完成させていたが、店を開く直前に大きな転機がやって来た。


カレーと魯肉飯よくばりに2つを合いがけで「ろかプレート」|魯珈(カレー/大久保)

カレーと魯肉飯よくばりに2つを合いがけで「ろかプレート」|魯珈(カレー/大久保)

「SPICY CURRY 魯珈 (ろか)」(カレー/大久保)|「ロカ」という不思議な響きの店名は、台湾の魯肉飯とカレーに由来する。幼い頃からカレー好きという店主の齋藤さん。


名店の味を受け継いだ職人技が冴えるもう一つのデリー|新川デリー(カレー/茅場町)

名店の味を受け継いだ職人技が冴えるもう一つのデリー|新川デリー(カレー/茅場町)

新川デリー(カレー/茅場町)|この店の「カシミール」の妙はバランス。上野デリーの激辛に慣れた口にはマイルドに感じるかもしれないが、味のベースを決める玉ネギの炒め具合、スパイスの配合やブイヨンに至るまで、すべてに丹念な仕事が施されている。


最新の投稿


根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


ランキング


>>総合人気ランキング