MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[グストーゾの話] おすすめ料理とグルメ記事と写真(イタリアン/青物横丁)

[グストーゾの話] おすすめ料理とグルメ記事と写真(イタリアン/青物横丁)

[グストーゾの話]は地元住人や近隣に勤める会社員に愛されているイタリアン。手作りにこだわり、アイディアがキラリと光るメニューが並ぶ。揚げピザもその一つ。グストーゾの話 [アクセス]京浜急行本線青物横丁駅から徒歩1分

グストーゾの話(最寄駅:青物横丁駅)

さっくり生地の中に奥深い旨さがギュッ

 地元住人や近隣に勤める会社員に愛されているイタリアン。手作りにこだわり、アイディアがキラリと光るメニューが並ぶ。揚げピザもその一つで、定番の「マルゲリータ」は切りたての生ハムを使い、「ジェノベーゼ」には相性の良い合鴨を自家製でスモークしてイン。ごろりと入ったホエー豚は甘酸っぱいリンゴと合わせ味噌で煮込むなど、どれも奥深い味わいを楽しめる。粉を独自に配合した生地は、カリッと揚がり、サックリとした食感が楽しめる。自家製のジャーカクテルや多数揃うオーガニックワインといただきたい。

生ハムとフレッシュトマト
690円

「生ハムとフレッシュトマト」は、バジルのフレッシュな香りも魅力。揚げピザは熱々を頬張りたい

カルボナーラ
990円

自家製極太生パスタに燻製半熟玉子と生クリームたっぷりの濃厚ソースが絡む

グストーゾの話の店舗情報

東京都品川区南品川3-5-6 田中屋ビル2階 ☎03-3474-8176 [営]11時半~14時LO、17時~24時(23時LO)、 日・連休最終日の祝11時半~23時(22時LO) [休]不定休 [席]カウンター4席、2席×3卓、4席×5卓、6席×3卓 計48席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし [交]京浜急行本線青物横丁駅から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3474-8176
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店名の“タンテ”はmanyで“ボーネ”はgoodを意味する。多くの“ボーネ”な料理が揃うなかで目を引くのが、スフィンチョーネとピアディーナ。
更新: 2019-10-02 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-10-01 13:53:09
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-05-21 10:58:33
千駄木『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』|全粒粉のタリオリーニにニョッキ、シャラティエッリ……。ここは店内のパスタ工房で作られる生パスタが味わえる店。
更新: 2019-01-11 09:45:28
最新の投稿
 まずは串カツ。ソース2度漬け禁止の関西流だが、そのソースにはシャモロックのガラのダシを加えるなどひと工夫し、八戸流に仕上げている。
更新: 2019-10-15 12:00:00
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
更新: 2019-10-14 12:00:00
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。
更新: 2019-10-12 12:00:00
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
更新: 2019-10-11 15:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt