MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[グストーゾの話] おすすめ料理とグルメ記事と写真(イタリアン/青物横丁)

[グストーゾの話] おすすめ料理とグルメ記事と写真(イタリアン/青物横丁)

[グストーゾの話]は地元住人や近隣に勤める会社員に愛されているイタリアン。手作りにこだわり、アイディアがキラリと光るメニューが並ぶ。揚げピザもその一つ。グストーゾの話 [アクセス]京浜急行本線青物横丁駅から徒歩1分

グストーゾの話(最寄駅:青物横丁駅)

さっくり生地の中に奥深い旨さがギュッ

 地元住人や近隣に勤める会社員に愛されているイタリアン。手作りにこだわり、アイディアがキラリと光るメニューが並ぶ。揚げピザもその一つで、定番の「マルゲリータ」は切りたての生ハムを使い、「ジェノベーゼ」には相性の良い合鴨を自家製でスモークしてイン。ごろりと入ったホエー豚は甘酸っぱいリンゴと合わせ味噌で煮込むなど、どれも奥深い味わいを楽しめる。粉を独自に配合した生地は、カリッと揚がり、サックリとした食感が楽しめる。自家製のジャーカクテルや多数揃うオーガニックワインといただきたい。

生ハムとフレッシュトマト
690円

「生ハムとフレッシュトマト」は、バジルのフレッシュな香りも魅力。揚げピザは熱々を頬張りたい

カルボナーラ
990円

自家製極太生パスタに燻製半熟玉子と生クリームたっぷりの濃厚ソースが絡む

グストーゾの話の店舗情報

東京都品川区南品川3-5-6 田中屋ビル2階 ☎03-3474-8176 [営]11時半~14時LO、17時~24時(23時LO)、 日・連休最終日の祝11時半~23時(22時LO) [休]不定休 [席]カウンター4席、2席×3卓、4席×5卓、6席×3卓 計48席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし [交]京浜急行本線青物横丁駅から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3474-8176
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「ランチでもリストランテで食事をする醍醐味を感じて頂きたい」と、馬場正人さん。例えばフォカッチャは営業開始時間に合わせて焼きたてを。
古民家を生かしたシックな佇まい。ゆっくり腰を落ち着けて、料理もワインも楽しみたいときに行きたい店だ。
 オープンキッチンの開放的な空間に元気なスタッフ。ともかく活気があって、広めのカウンターもテーブル席も居心地がいい。
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt