MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ロージナ茶房|自家製ピザソースとゴーダチーズが味の決め手のピザトースト(ピザトースト/国立)

ロージナ茶房|自家製ピザソースとゴーダチーズが味の決め手のピザトースト(ピザトースト/国立)

昭和29年創業の「ロージナ茶房」は作家の山口瞳が愛した有名店だ。ピザトーストはモーニング限定で25年前に登場。マネージャーの長谷川文三さんは「ランチまでの繋ぎ」というが、ソースは自家製、チーズはゴーダという本格派だ。ロージナ茶房 [交]JR国立駅から徒歩3分 ※ランチタイム有

ロージナ茶房(最寄駅:国立駅)

ピザトーストセット(サラダ・ドリンク付)
700円

厚さ4cmの山型パン。具は玉ねぎ、ピーマン、ベーコン、マッシュルーム。単品はなく正午までのセットメニューとして提供

ロージナ茶房

東京都国立市中1-9-42 ☎042-575-4074 [営]9時~23時(22時半LO) [休]無休 [交]JR国立駅 徒歩3分 ※ランチタイム有

電話番号 042-575-4074
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 正直、「卵&コーヒーの組み合わせってどうなの?」と訝っていたが、ひと口味わって心の中で陳謝。「美味しい!疑ってごめんなさい!」。
更新: 2019-04-13 18:00:00
 久松小学校正面に佇み、2018年5月に再オープンしたばかりの店。国産の旬の果実をふんだんに使ったパフェやクロワッサンサンド、夜になるとカクテルなどもと、様々にその瑞々しさを堪能させてくれる。
更新: 2019-04-10 18:00:00
torse(カフェ/祐天寺)|駅から決して近くない。なのに開店前から行列ができるカフェ、それがココ。
更新: 2018-12-26 12:00:00
 新進気鋭のアトリエやショップが増え、注目されている蔵前エリア。この一角で2017年3月にオープン、紅茶は和紅茶のみを取り扱うのがこちらのお店だ。
更新: 2018-12-02 12:00:00
グルメライターが駒場東大前の[BUNDAN COFFEE & BEER]を実食レポート。“文学”というと、ちょっと取っ付きにくいイメージだが、食からアプローチしてみてはいかがだろう。日本近代文学館内のこのカフェでは、過去の名作に登場した料理や、食を愛した文人に由来するメニューを楽しめる。
更新: 2018-12-04 16:56:49
最新の投稿
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-04-20 12:00:00
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt