MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
コーヒーショップペガサス|古き良き浅草を伝えるマスター手作りの逸品(ピザトースト/浅草)

コーヒーショップペガサス|古き良き浅草を伝えるマスター手作りの逸品(ピザトースト/浅草)

昭和31年創業の「コーヒーショップペガサス 」がピザトーストを始めたのは昭和40年ごろ、当時、国際通りに10軒はあったキャバレーのホステスや同伴客に飛ぶように売れた。「そのころが一番忙しかった」と創業者の蒔田好一さんは懐かしむ。[交]浅草駅すぐ ※ランチタイム有

コーヒーショップペガサス(最寄駅:浅草駅)

ピザトースト
1080円

パンの厚さ4cm。チーズの下にはハム、ピーマン、コーン、玉ねぎがどっさりと。見た目はヘビーで満腹感もあるが、食後感は不思議と軽い

コーヒーショップペガサス

■『コーヒーショップペガサス』
[住所]東京都台東区西浅草3-1-10
[TEL]03-3844-6963
[営業時間]9時~24時
[休日]無休
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A2 徒歩1分

電話番号 03-3844-6963
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名物の分厚いホットケーキと並び、密かにファンが多いのがパフェ。なかでも旬のフルーツの美味しさにこだわった季節のパフェは格別。
ドバイの七ツ星ホテル『ブルジュ アル アラブ』や世界の名だたるホテルで採用されている、ドイツの高級紅茶「ロンネフェルト」。そのロンネフェルトを贅沢にもかき氷で味わえる。
独自にカスタマイズした焙煎機によるコーヒーは、ブレンド3種、シングルオリジンが7種の全10アイテム。しかも、ドリップからエアロプレス、エスプレッソまでさまざまな抽出で、その魅力を味わえる。
 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。
イタリア産を中心に、店主・新町さんが選び抜いた質・味わいともに群を抜く生ハム&サラミを取り揃える。12ヶ月熟成のクラテッロやローマにある有名店のコッパなど、その時々に食べ頃の6種を超薄切りで盛り合わせに。
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt