池袋の「楊 別館」の担々麵は強烈な痺れと濃厚なゴマが香るソウルフード(担々麺/池袋)

池袋の「楊 別館」の担々麵は強烈な痺れと濃厚なゴマが香るソウルフード(担々麺/池袋)

まだ日本で汁なし担々麺を食べられる店がなかった22年前、十条に開店した「中国家庭料理 楊」1号店で常連客に出したのが発端。野球で例えるなら剛球投手。球質はかなり重いが、花椒痺れ系を愛好し、本格派汁なし担々麺を欲する人は「これ、これ!」と喜ぶこと間違いなしだ。 ※ランチタイムあり


中国家庭料理 楊 別館(最寄駅:池袋駅)

 まだ日本で汁なし担々麺を食べられる店がなかった22年前、十条に開店した1号店で常連客に出したのが発端。その2号店別館が今年池袋にオープンした。

 ソウルフードとして地元四川の家庭料理のスタイルにこだわった味は、辛さ、痺れ、ゴマの香り、どれもがむせ返るほどに濃厚だ。やや太めのもちもちした麺がまた独特。汁や具と混ぜ混ぜするとコシが増す。強烈に痺れるが、食べ進めるとやさしいゴマの風味とも合う。気がつくと、また食べたくなる味!

汁なし担々麺 800円

トッピングはピーナッツと小松菜、肉味噌。テイクアウトもできる(おすすめ)

☝︎ココに注目!
本場から取り寄せられた花椒が決め手。赤と青、2種類の花椒がブレンドされている

紅油水餃子 920円

もちもちした水餃子は皮からの手作り。エビの入った餡に味が付いている

担々麺 800円

“汁あり”の担々麺もやはり痺れ系で強烈。こちらの麺は細め

中国家庭料理 楊 別館

東京都豊島区西池袋3-24-3 ☎03-5391-6803(2号店) [営]11時半〜14時半LO、17時半〜22時半LO(土日11時半〜22時半LO)※ランチタイム有[休]無休 [席]カウンター6席、テーブル17席、計23席/ランチ時禁煙・夜全席喫煙可/カード不可/予約(夜)可/サなし [交]JR池袋駅西口から徒歩4分、地下鉄副都心線池袋駅1b出口から徒歩2分

電話番号 03-5391-6803(2号店)
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


池袋『眞壁屋 Esola』の「稲庭うどん」は絹のような舌触りとコシが自慢!

池袋『眞壁屋 Esola』の「稲庭うどん」は絹のような舌触りとコシが自慢!

 稲庭うどんといえば、かつて藩主に献上された一級品。その極めつきを味わえるのが、秋田に本社を構える製麺会社直営のこの店だ。


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


神の羊(池袋/ジンギスカン)ー池袋にジンギスカンのニューフェイス!

神の羊(池袋/ジンギスカン)ー池袋にジンギスカンのニューフェイス!

池袋「神の羊」はジンギスカン専門店。臭みがなく力強いコクと風味のジンギスカンが堪能できる!使用するのは、冷凍ではなくチルドで輸入された豪州産の上質なラム肉。[住所]東京都豊島区池袋2-58-11[TEL]090-8560-0925


これぞ韓国焼肉!池袋の『万世家』は一品料理もレベル高し!

これぞ韓国焼肉!池袋の『万世家』は一品料理もレベル高し!

カルビやホルモン類など、焼き物充実系の韓国料理店。写真のデジカルビは、スパイスの香り高い特製ダレにひと晩漬け込んで熟成させた豚肩ロースを、炭火で炙って食す。


『とん長』のモツ焼きは鮮度の良さが段違い!池袋でこの道50年の実力

『とん長』のモツ焼きは鮮度の良さが段違い!池袋でこの道50年の実力

創業から半世紀以上のモツ焼きの老舗。毎日仕入れる新鮮な豚モツを炭火で香ばしく焼き上げる。


最新の投稿


奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。


至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!?  ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!? ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

ここしばらく「サバグルメ洋風化現象」が起きているなか、「サバと洋酒」シーンがもっと盛り上がってもいいはずだ。 サバと洋酒を極めなければ!と思っていた矢先に、ビッグニュースが飛び込んできた。なんと、キリンビールのビアレストラン『キリンシティ』が最高にビールに合う「サバ料理」を開発! これは行くしかない!!!


落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

 ご近所さんやお使いの子どもたちが続々と訪れる、一見普通の“街のお豆腐屋さん”だが、手間暇かけて丁寧に作られた絶品の豆腐がいただける。四代目の小野田滋さんが北海道産「音更大袖振」と出合い、大豆に魅せられ作ったのは「四代目 絹」。


築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

 近隣住民が買いに来るだけでなく、50軒を超える銀座の名店や料亭などにも豆腐を納めている店。ここではプロの舌も唸らせる逸品が手に入る。


名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋には、味噌かつや手羽先、きしめんなど安くて旨いB級グルメは数多くあるが、ご当地ラーメンは存在しない。 そんななか、将来的に名古屋のご当地ラーメンとなる可能性を秘めたラーメンを出す店を発見した。それが『濃厚中華そば 佐とう』だ。


ランキング


>>総合人気ランキング