MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
めしや大磯港(海鮮料理/大磯)のグルメ取材記事

めしや大磯港(海鮮料理/大磯)のグルメ取材記事

海と山に囲まれた大磯は、古くからの漁師町。JR大磯駅から風情ある町並みを10分程歩けば、磯の香り漂う漁港にたどり着く。ここ大磯漁港内に店を構えるのが、『めしや大磯港』。大磯漁協直営で、遠くから、魚好きがひとりでも通ってくる店だ。[交]JR大磯駅から徒歩約10分 東名〜小田原厚木道路〜国道1号線・134号線で約2時間

めしや大磯港(最寄駅:大磯駅)

漁港ならではの抜群の鮮度と気前のいい盛りに歓喜する!

提供するのは、大磯沖の定置網でその日の朝に揚がった地魚だけ。マグロなど、地元で獲れない魚は使わない徹底ぶりだ。固定メニューはなく、毎朝港で厳選した地魚を、刺身や煮付け、塩焼きなどにして、昼は定食、夜は一品料理で楽しませてくれる。とりわけおすすめなのは、「刺身定食」(2000円)。姿造りを含む6種類の豪快な刺身に、地魚フライ、小鉢などが付き、感動さえ覚える迫力と旨さである。ご飯をかきこみ、ふと窓の外に目をやれれば、小さな灯台と防波堤で釣りを楽しむ人々の姿が。のどかな美味空間に、お腹も心も癒されるはず。

刺身定食
2000円

この日の刺身は、トビウオの姿造り、真アジ、赤イカ、〆サバなど6種。フライはスズキ

アジのたたき丼定食
1000円

細かくたたかず、厚みを残して盛り付け。新鮮なプリプリ食感が楽しめる

本カマスの塩焼き定食
1600円

香ばしく焼き上げられた皮に、上品な味わいの身が抜群。刺身やフライも付く。価格は魚のサイズにより変動

めしや大磯港

神奈川県中郡大磯町大磯1398-18 ☎0463-62-1755 [営]11時〜14時(13時半LO)、17時〜21時(20時半LO) [休]水、シケの日 [席]カウンター4席、4席×6卓、テラス3席×3卓 計37席/カード不可/予約不可/サなし [交]JR大磯駅から徒歩約10分 クルマ都内から東名〜小田原厚木道路〜国道1号線・134号線で約2時間

電話番号 0463-62-1755
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「魚は捌くのも食べるのも大好き」とせっせと仕込みに余念がない料理人の平さん。旬の味を気さくに教えてくれる彼が立つカウンター席に陣取れば、この店にハマったも同然だ。
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
同じく人形町にある人気店、「魚や きてれつ」の2号店として、今年1月にオープンした。テーマは「No Fish No Life」。
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
グルメライターが新橋の海鮮料理店[白梅(しらうめ)]を実食レポート。新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7[TEL]03-3459-8839
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt