MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
江ノ島小屋|江ノ島を眼前に眺めながら、海の恵みをとことん堪能(海鮮料理/江ノ島)

江ノ島小屋|江ノ島を眼前に眺めながら、海の恵みをとことん堪能(海鮮料理/江ノ島)

江ノ島の対岸、片瀬橋のたもとにある一軒家の和食店が「江ノ島小屋」。朝8時に営業が始まると、地元民や釣り人たちが次々と店内へ吸い込まれていく。客の目当ては、ずばり“旨い魚”。[交]小田急線片瀬江ノ島駅から徒歩2分 ※ランチタイム有

江ノ島小屋(最寄駅:片瀬江ノ島駅)

片瀬漁港や相模湾産はもちろんだが、「とにかく美味しいモノを提供したい」と、あえて地元産に限定せず、オーナーが全国の漁港に出向いて魚を厳選。九州玄海灘や福岡県鐘崎港、石川県鹿渡島定置網の漁港から船上で神経締めされた鮮魚などが直送されてくる。これら旬の魚を様々な調理法で楽しめるコースは3500円~。漁師メシらしいボリューム満点の丼もあり、ファンが多い。 もともとこの場所は、漁師だったオーナーの父親が所有する網小屋だったという。モダンな店内には太い梁がそのまま残され、かすかに往時を偲ぶことができる。ウッドデッキのテラスから眺める江ノ島の風景もまた、昔のままだろうか。

週末限定コース
3500円(要予約、2名より)

内容は日により変わる。自慢の魚に加え、仏産シャラン鴨の藁焼きや地鶏の唐揚げなどこだわりの食材を使った美味の連続だ

本日の魚のフライ
時価※この日はカマス1260円

新鮮な魚をさっくりと揚げた。仕入れ次第でアジやサヨリも登場する

ホロホロ丼
1620円

魚の燻製のほぐし身に焦がしバター醤油がかかった人気の丼

江ノ島小屋

神奈川県藤沢市片瀬海岸2-20-12 ☎0466-29-5875 [営]8時~15時(14時半LO)、17時~22時(21時半LO) [休]第一火、第一水 [席]計50席/カード可/平日夜のみ予約可/サなし [交]小田急線片瀬江ノ島駅から徒歩2分 クルマ第3京浜〜横浜新道〜国道1号線・134号線で約2時間 ※ランチタイム有

電話番号 0466-29-5875
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「魚は捌くのも食べるのも大好き」とせっせと仕込みに余念がない料理人の平さん。旬の味を気さくに教えてくれる彼が立つカウンター席に陣取れば、この店にハマったも同然だ。
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
同じく人形町にある人気店、「魚や きてれつ」の2号店として、今年1月にオープンした。テーマは「No Fish No Life」。
飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロが、昨年11月からランチ営業を開始した。
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
455views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt