MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】洗練された味わいで見た目もゴージャスな三ツ星マッサマン!(カレー/目白)

【閉店】洗練された味わいで見た目もゴージャスな三ツ星マッサマン!(カレー/目白)

サイアム ヘリテイジ』『サイアム セラドン』といった人気タイ料理店を経営する『ブルーセラドン』の新業態として2015年11月にオープン。“食べて美しくなる”をテーマにタイの産地から仕入れたハーブとフレッシュ野菜を使って、身体にいいタイ料理を提供する。※ランチタイムあり

※閉店※White Jasmine

「牛肉のマッサマンカレー」(1800円)はパイナップルの実をくり抜いた器が印象的。ひと口食べると最初は強い甘みを感じるが、しっかりしたコクがあり、奥行きのある味わいに感動する。柔らかく煮込まれた牛肉、甘みのあるホクホクしたジャガイモなど、細部まで手抜かりのない逸品だ。

牛肉のマッサマンカレー
1800円

具は牛肉、ジャガイモ、玉ねぎ、ピーナッツ。基本はディナーメニューだが、ピーク時でなければランチでもオーダーが可能。マッサマンカレーとも相性がいい黒米入りのジャスミンライスは、食べ具合にあわせておかわりをよそってくれる

茄子とチキンのグリーンカレー
昼1000円、夜1500円

チキン、ナス、ピーマンが入ったグリーンカレーは、後から辛さがじんわりこみ上げてくる一品

シーフードの玉子カレー炒め
1500円

イカ、エビ、ホタテ、カニの海の幸をふんだんに使ったひと皿で、なんとも豪華! 卵もふわふわの仕上がりで、生クリームをたらしたコクのある味わいにファンが多い。ランチのみ提供

※閉店※White Jasmine(最寄駅:目白駅)

東京都豊島区目白3-14-20 永長ビル1階 ☎03-6908-1944 [営]11時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO) [休]月 [席]テーブル席2席×3卓、4席×4卓 計22席/全席禁煙/予約可※ランチの場合は12時までに入店の場合のみ/カード可/サなし [交]JR山手線目白駅から徒歩1分

電話番号 03-6908-1944
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「生スーパータイサワー」は焼酎を使ったオリジナルフローズンドリンク。「パッポン(レモン)」はレモンの風味が爽やかな一杯だ。
夏にピッタリの刺激的な辛さ恵比寿や麻布十番に店を構えるタイ料理専門店「ブルーパパイア タイランド 」が、「京橋エドグラン」に出店。タイ人シェフらが作る料理は、まさに本場の味。
 ガード下に突如現れる、タイの屋台を彷彿とさせる店。開放的な雰囲気のなかで本場さながらの味わいが楽しめると評判だ。
週末には、土日限定の「カオソイ」(ココナッツ風味のカレー麺)を求めてやってくるお客も多い、アジアンご飯とカレーの店。※ランチタイム有
暑い日はとくに食べたくなるタイ料理。行列の途切れない『西新宿 ソイナナ』は、昼も夜も全品680円でコスパが高い。※ランチタイム有
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
299views 脱メタボ

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt