MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
タイ料理研究所(カレー/渋谷)│まろやかでクリーミーランチは生春巻きとスープもついてお得!

タイ料理研究所(カレー/渋谷)│まろやかでクリーミーランチは生春巻きとスープもついてお得!

22席の小ぢんまりした店内は、オープンキッチンの賑やかな音とスタッフの間で飛び交うタイ語でいつもエネルギッシュな雰囲気。ランチの「鶏肉のグリーンカレー」(1080円)は、タイから厳選して取り寄せるペーストにバイマクルやバイホーラパー(タイのスイートバジル)などを加えて香り高い仕上がり。※ランチタイムあり

タイ料理研究所(最寄駅:渋谷駅)

ココナッツミルクを利かせ、かなりクリーミーな味わいだ。「エビとアボカド入りグリーンカレー」(1280円)もおすすめ。

ゲーン・キィオ・ワン・ガイ(鶏肉のグリーンカレー)
1080円

▲カレーの具は柔らかく煮込まれたチキンとナス、ピーマン。スープは辛み・酸味のあるものが基本で、辛くないタイプに変更可能。ディナーは1100円

パッ・タイ
1000円

▲エビ、モヤシがたっぷり入り、甘酸っぱい味付けが絶妙な麺料理。ディナーは1080円

タイ料理研究所

■『タイ料理研究所』
[住所]東京都渋谷区桜丘町24-8 新南平台マンション102号室 
[TEL]03-6455-3229 
[営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO) 
[休日]不定休 
[座席]カウンター6席、テーブル2席×4卓、4席×2卓 計22席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/サなし 
[アクセス]JR山手線ほか渋谷駅南口から徒歩5分

電話番号 03-6455-3229
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「生スーパータイサワー」は焼酎を使ったオリジナルフローズンドリンク。「パッポン(レモン)」はレモンの風味が爽やかな一杯だ。
夏にピッタリの刺激的な辛さ恵比寿や麻布十番に店を構えるタイ料理専門店「ブルーパパイア タイランド 」が、「京橋エドグラン」に出店。タイ人シェフらが作る料理は、まさに本場の味。
 ガード下に突如現れる、タイの屋台を彷彿とさせる店。開放的な雰囲気のなかで本場さながらの味わいが楽しめると評判だ。
週末には、土日限定の「カオソイ」(ココナッツ風味のカレー麺)を求めてやってくるお客も多い、アジアンご飯とカレーの店。※ランチタイム有
暑い日はとくに食べたくなるタイ料理。行列の途切れない『西新宿 ソイナナ』は、昼も夜も全品680円でコスパが高い。※ランチタイム有
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt