MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
バンタイ(カレー/新宿)│歌舞伎町で本場のタイ料理が味わえる

バンタイ(カレー/新宿)│歌舞伎町で本場のタイ料理が味わえる

新宿歌舞伎町に店を開いて約30年。前菜からデザートまで100種類以上のメニューが揃い、どれも本場タイの味だと評判が高い人気店だ。[交]JR新宿駅 東口から徒歩3分、西武新宿線 西武新宿駅から徒歩2分 ※ランチタイムあり

バンタイ(最寄駅:新宿駅)

ランチはグリーンカレーにライス、サラダ、スープが付いて842円と、かなりお得。ココナッツミルクを利かせたカレーはまろやかな甘みがあるが、スパイスやハーブをふんだんに使い、後から辛みがこみ上げてくる。

ゲンキョワンガイ
842円

バンタイ

■『バンタイ』
[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-23-14 第一メトロビル3階 
[TEL]03-3207-0068 
[営業時間]11時半~15時、17時~23時45分(23時LO)、土曜日・日曜日・祝日:11時半~23時45分(23時LO) 
[休日]無休 
[アクセス]JR新宿駅 東口から徒歩3分、西武新宿線 西武新宿駅から徒歩2分

電話番号 03-3207-0068
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
この店のタイスキは、鶏ガラスープと4人前のてんこ盛り野菜が付いた基本セットに好きな具を追加するスタイル。具は牛肉、エビ、イカ、魚すり身団子、レバーなど全15種類で、すべて550円。
「生スーパータイサワー」は焼酎を使ったオリジナルフローズンドリンク。「パッポン(レモン)」はレモンの風味が爽やかな一杯だ。
夏にピッタリの刺激的な辛さ恵比寿や麻布十番に店を構えるタイ料理専門店「ブルーパパイア タイランド 」が、「京橋エドグラン」に出店。タイ人シェフらが作る料理は、まさに本場の味。
 ガード下に突如現れる、タイの屋台を彷彿とさせる店。開放的な雰囲気のなかで本場さながらの味わいが楽しめると評判だ。
週末には、土日限定の「カオソイ」(ココナッツ風味のカレー麺)を求めてやってくるお客も多い、アジアンご飯とカレーの店。※ランチタイム有
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
309views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt