MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
もつ千 (カレー/赤坂)|THE ワンプライス500円のワンコインカレー

もつ千 (カレー/赤坂)|THE ワンプライス500円のワンコインカレー

「カ二クリームコロッケ」以外にも「ビッグチキンカツ」200円などのトッピングあり。ご飯の量は、-50円の小盛、+50円の大盛、+100円の特盛も。[交]地下鉄千代田線赤坂駅 2番出口から徒歩2分 ※ランチタイムあり 

もつ千 赤坂店(最寄駅:赤坂駅)

溜池や虎ノ門など、都内に数軒の支店あり

カレーライス500円 + カニクリームコロッケ200円

もつ千 赤坂店

[住所]東京都港区赤坂2-14-12 高橋ビル2階 [TEL]03-3584-0168 [営]月~金昼・11時半~14時半、夜・月~木17時~翌2時 (金~翌3時、土~23時半(夜はカレーなし)) [休]日・祝 [交]地下鉄千代田線赤坂駅 2番出口から徒歩2分 

電話番号 03-3584-0168
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
キッチンカーからスタートして評判となり、2016年に開店。店主の伊藤さんは、バックパックでインドを訪れ、すっかりカレーの虜になってしまったとか。
スープカレーの先駆け的存在。サラリとしたスープは甘みとコクがたっぷり。※ランチタイムあり
千駄木『スパイスカレー とくじろう』|店主の増田さんは元寿司職人。10年前に店を閉めて修業や研究を重ね、2017年11月19日にこの店をオープンさせた。
カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。
ビーフ、ポーク、玉ネギ、リンゴなどをブイヨンに加え、じっくりと煮込んだ同店のカレーは、初代が修業した帝国ホテル由来のカルカッタカレーがベース。カツに使うのは脂に上品な甘みを持つ国産豚の上ロース。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt