MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
玲音(カレー/高田馬場)|たまごカレーごはんは絶妙なスープ感と混ざり具合にスプーン止まらず

玲音(カレー/高田馬場)|たまごカレーごはんは絶妙なスープ感と混ざり具合にスプーン止まらず

ヘブンズキッチン玲音は高田馬場駅からは少し歩く住宅街の隠れ家的ロケーションにある。そこにちょっとカフェめいたファンキーな中華屋は存在する。※ランチタイムあり

Heaven's Kichen玲音|レオン(最寄駅:高田馬場駅)

紹介したカレー以外にも「懐かしい味のカレー」「茄子と挽肉のカレー」もあり、「鶏肉と野菜のピリ辛丼」などのオリジナル人気メニューも数々。いずれもキレのいい、元気の出る味。そうそう、ギネスとオリオンの生もある! スパイシーなカレーに合いますぜ。

たまごカレーごはん
850円

ピシッとスパイシーで適度な汁気のあるカレー、挽き肉と玉ねぎがライスと一体化。なんとも絶妙なバランスだ

ウマさのPOINT
途中で卵崩して
2段階でお楽しみを

大阪『自由軒』のカレー、旨そうやなと、オリジナルで作ったら評判に。中華スープは鶏ガラに豚骨。スパイスはカレー粉と生姜も少々入ってます。ライスは気持ち硬めに炊いてます

カレーつけめん
850円

鶏のから揚げ 
750円(野菜付き)

[その他のメニュー]
キクラゲと卵炒め450円、海老とアスパラ炒め880円、懐かしい味のカレー750円、鶏肉と野菜のピリ辛丼880円、温玉チーズつけ麺950円ほか

Heaven's Kichen玲音

■『Heaven's Kichen玲音』
[住所]東京都新宿区高田馬場4-34-14 [TEL]03-3227-2080 [営業時間]11時半~23時 [休日]日曜日・祝日 [座席]カウンター9席、テラス4席、小上がり6席、計19席/13時まで禁煙(小上がりは禁煙)/予約可/カード不可/サなし [アクセス]JR山手線高田馬場駅戸山口から徒歩8分、地下鉄東西線・西武新宿線高田馬場駅早稲田口から徒歩15分

電話番号 03-3227-2080
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
キッチンカーからスタートして評判となり、2016年に開店。店主の伊藤さんは、バックパックでインドを訪れ、すっかりカレーの虜になってしまったとか。
スープカレーの先駆け的存在。サラリとしたスープは甘みとコクがたっぷり。※ランチタイムあり
千駄木『スパイスカレー とくじろう』|店主の増田さんは元寿司職人。10年前に店を閉めて修業や研究を重ね、2017年11月19日にこの店をオープンさせた。
カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。
ビーフ、ポーク、玉ネギ、リンゴなどをブイヨンに加え、じっくりと煮込んだ同店のカレーは、初代が修業した帝国ホテル由来のカルカッタカレーがベース。カツに使うのは脂に上品な甘みを持つ国産豚の上ロース。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt