MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
日正カレー(カレー/南千住)|鼻腔をくすぐる本格の香りはあと口まで旨し!

日正カレー(カレー/南千住)|鼻腔をくすぐる本格の香りはあと口まで旨し!

カレーがすっかり人気で店名もこうなれど、昔からのメニューも健在の中華屋だ。野菜たっぷりのタンメンもスープまで旨々で人気。※ランチタイムあり

日正カレー(最寄駅:南千住駅)

器に刻印された「日正」の文字が歴史を物語る、昭和のテイスト。てらいのないザ・カツカレーだが味わいは本格テイスティ。がつがつ食べたい。

大盛りカツカレーライス
950円

じわっと辛くあと口が軽く苦い、本格的なスパイシーさ

タンメン
600円

[その他のメニュー]
カレーライス650円、ラーメン500円、チャーハン700円、カレーそば700円、野菜ウマニそば800円、かつ丼850円ほか

ウマさのPOINT
企業秘密のスパイスと
火力が味方なんだよ


小っちゃい店だからさ、スパイスにはこだわっているけど何を使っているかは企業秘密(笑)。カツ用のロース肉の周りの肉片もムダなく使って煮込んでいる。それも旨いよ

日正カレー

[住所]東京都台東区清川2-9-12 [TEL]03-3873-5810 [営業時間]11時~18時 [休日]日 [席]15席/全席喫煙可/予約不可/カード不可 [交通アクセス]地下鉄日比谷線南千住駅南口から徒歩15分、JR常磐線南千住駅西口・つくばエクスプレス南千住駅から徒歩18分

電話番号 03-3873-5810
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
千駄木『スパイスカレー とくじろう』|店主の増田さんは元寿司職人。10年前に店を閉めて修業や研究を重ね、2017年11月19日にこの店をオープンさせた。
更新: 2019-01-08 12:00:00
カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。
更新: 2018-12-19 12:00:00
ビーフ、ポーク、玉ネギ、リンゴなどをブイヨンに加え、じっくりと煮込んだ同店のカレーは、初代が修業した帝国ホテル由来のカルカッタカレーがベース。カツに使うのは脂に上品な甘みを持つ国産豚の上ロース。
更新: 2019-04-06 10:31:14
ご飯、キャベツの千切り、カツ、そしてカレーと丼の中が4層になった「河金丼」。カツには国産豚のもも肉を使用し、そこに豚コマ、玉ネギというシンプルな具材で懐かしさを覚えるカレーがとろり。
更新: 2018-12-16 18:00:00
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt