MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
タイ風立呑 福道 江古田店|本場タイの屋台がトーキョーにやってきた!(タイ料理/江古田)

タイ風立呑 福道 江古田店|本場タイの屋台がトーキョーにやってきた!(タイ料理/江古田)

タイ出身の女性料理人が作る本場そのままの料理と、立ち呑みの人でごった返す狭いカウンター。ここはまるで本物のタイの屋台のようだ。※ランチタイムあり

タイ風立呑 福道 江古田店(最寄駅:江古田駅)

雰囲気だけでなく価格も屋台並みで「タイビールが安いよ」と女将は豪快に笑う。他にもレモングラスハイやホッピーセット、ワインまでと幅広い品揃え。日本人が知らない料理も多く、つい頼んでみたくなる。名物は少数民族出身の女将のお母さんが手作りする、ふりかけをご飯に混ぜて握った「おにぎり」。目が覚めるほど激辛だが、それが酒に合うと常連のほとんどが頼む。〆は麺料理が豊富なタイのカレー麺「カオソーイ」で決まり!

ガイパッピゲン
500円

レッドカレーで鶏肉とタケノコなどを炒めた料理はピリ辛でビールに合う

リーオービール
590円

クンオップウンセン
700円

手前の「クンオップウンセン」はエビやキクラゲ、セロリと春雨の蒸し物。酸味のあるソースで。奥は「おにぎり」390円

お酒もバラエティ豊か。タイビール540円~、パクチーハイ450円、タイウイスキー350円~

カオソーイ
750円

レッドカレーに麺を合わせたカオソーイ。タイ周辺国でも食べられているカオソーイだが、揚げ麺が乗るのがバンコクの定番だ

タイ風立呑 福道 江古田店

[住所]東京都練馬区旭丘1-71-4 [TEL]03-5906-5527 [営業時間]11時半~14時半LO、17時~23時半LO [休日]無休 [席]カウンター スタンディング約15名、テーブル16席、計約31席(※写真の椅子はランチ時のみ)/喫煙可(ランチ禁煙)/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]西武池袋線江古田駅南口から徒歩3分

電話番号 03-5906-5527
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「生スーパータイサワー」は焼酎を使ったオリジナルフローズンドリンク。「パッポン(レモン)」はレモンの風味が爽やかな一杯だ。
夏にピッタリの刺激的な辛さ恵比寿や麻布十番に店を構えるタイ料理専門店「ブルーパパイア タイランド 」が、「京橋エドグラン」に出店。タイ人シェフらが作る料理は、まさに本場の味。
 ガード下に突如現れる、タイの屋台を彷彿とさせる店。開放的な雰囲気のなかで本場さながらの味わいが楽しめると評判だ。
週末には、土日限定の「カオソイ」(ココナッツ風味のカレー麺)を求めてやってくるお客も多い、アジアンご飯とカレーの店。※ランチタイム有
暑い日はとくに食べたくなるタイ料理。行列の途切れない『西新宿 ソイナナ』は、昼も夜も全品680円でコスパが高い。※ランチタイム有
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt