MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
職人館|季節の素材を盛り込んだ目にも楽しい山里の彩り料理(レストラン/佐久)

職人館|季節の素材を盛り込んだ目にも楽しい山里の彩り料理(レストラン/佐久)

「農家レストラン」の草分け的存在で、有名レストランのシェフたちからも一目置かれている「職人館」は20年以上も前から、この場所で野山の恵みを美しい料理に仕立てて提供している。料理はイタリアンやフレンチ、和の要素を融合させた田舎風。 ※ランチタイム有

職人館(最寄駅:佐久平駅)

「畑との相談メニューだから、何ができるか分からない」と話す店主の言葉どおり、コース仕立ての料理は、その日に畑から届いた食材を見て即興で決められる。野菜や果物、きのこといった素材のほか、季節の花々を随所に散らし、華やかに盛り付けるのが同店流だ。無農薬にこだわる野菜や米、蕎麦粉などの素材は、どれも地元産。「目に見えないものこそきちんとしたものを使いたい」と、味噌や醤油、塩といった調味料も特注を貫く。どの料理も素材の味を引き立てる絶妙な味付けが印象的。ひと口食べるごとに、しみじみと滋味が伝わってくる。

館主の野遊び膳
¥3780

野菜たっぷりの日替わりサラダや、濃い目のダシをベースに塩とパルミジャーノ•レッジャーノで味を調えた具だくさんのリゾットなど、どの皿にも山里の素材がふんだんに盛り込まれている

職人館

長野県佐久市春日3250-3 ☎0267-52-2010 [営]11時半~15時 ※ディナー(17時~)は予約のみ [休]水•木(祝•GW•8月は営業) [席]テーブル4席×4卓、長テーブル10席 計26席 全席禁煙/カード不可/予約可/サなし [交]長野新幹線「佐久平」駅より車で30分 クルマ関越自動車道~上信越自動車道~中部横断自動車道〜「佐久南」ICから約20分

電話番号 0267-52-2010
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
駅から近いけれどちょっと隠れた立地のせいか、ゆっくり食事ができる地元ご用達店。ランチのイチオシは牛カツで、たっぷりしたサラダの生野菜と手の込んだお惣菜が付くのがうれしい。
食料自給率の高い官僚のエネルギー源で午後へのチャージ!平日のランチタイムのみ一般開放されている農林水産省内の食堂に、幻のメニューあり! それが写真の「イワシ鯨ステーキ膳」なのだ。
代官山のキューバ料理店「Cafe Habana TOKYO(カフェハバナトウキョウ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。97年にオープンし、ザガットをはじめ数々の賞を受賞したキューバレストランが昨年代官山にやってきた。[住所]東京都渋谷区猿楽町2-11
べるもんた、特急花嫁のれん、のと里山里海、アルプスエキスプレス、雪月花に乗車! それぞれが個性的な客席を持つ5つのグルメ列車を乗り継ぎ、富山・石川・新潟を味わい尽くす“至福の美食旅”、いざ出発!
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt