MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【神楽坂ランチ】絶対に外せないコスパ抜群の店ベスト8を大公開!

【神楽坂ランチ】絶対に外せないコスパ抜群の店ベスト8を大公開!

おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!

はじめに

カフェやレストランなどおしゃれな街並みの神楽坂。フレンチやイタリアンといった洋食から、洗練された和食までさまざまな飲食店がひしめきます。
そんな飲食店激戦区の神楽坂、今回はランチにスポットをあてて、おすすめのお店をご紹介していきます!日曜日にのんびり、仕事の合間の癒しに、いいお店お教えします!

神楽坂のランチ地図

まずは分かりやすく地図で場所をご案内します!

“リーズナブルな本格割烹懐石”/神楽坂 和食 千(日本料理)

▲潤 -JYUN- 3300円

神楽坂で開業から10年。現料理長の溝口裕久さんは大阪の日本料理『本吉兆』で腕を磨いた経験を持つ。高級店が割拠する町で、「和食の楽しみを、多くの人に」という懐の深さが表れたコース。満足度が高く、気分も華やぐこれぞ贅沢ランチ!

一見、敷居の高そうな本格割烹懐石を、リーズナブルに味わえると大人気の日本料理店がこちら。店内はゆっくりくつろげるようにと、木を基調とした、おしゃれで温もりのある空間になっています。
写真のコース「潤」はお店の名物の、舌触りがソフトで香ばしい「焼胡麻豆富」、焼き魚や天ぷら、自家製のちりめん山椒を添えたご飯などが堪能できるまさに贅沢極まりないコース。味はもちろん、見た目も美しく盛られていて、うっとりしてしまいますよ。

▲『神楽坂 和食 千』店内の様子

■『神楽坂 和食 千』
[住所]東京都新宿区神楽坂3-1-43
[TEL]03-5261-7088
[営業時間]11時半~14時半(14時LO)、18時~22時半(21時LO)、日曜日:11時半〜15時半(14時半LO)※ランチタイム有
[休日]月曜日、第3・5日曜日、日曜日の夜
[座席]カウンターあり、半個室あり、個室あり、計31席/禁煙/カード可(夜のみ、昼は不可)/予約可
[アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩5分

“牛挽肉のステーキ(ハンバーグ)”/Sacrée Fleur(ビストロ)

▲ランチコースA 2000円

2017年4月21日にパリから日本初上陸。肉を全面に打ち出した骨太ビストロ料理が食べられる。
写真のタルタルは自家製ロースハムとパイナップルにパクチーを利かせたもの。甘みのあるフライドポテトはお替わり自由。デザートは写真のクレームキャラメルのほか、焼き菓子などが選べる。

フランスのパリからやってきたビストロでは、お昼の時間帯にも絶品肉料理を食べることができます。
ランチのコースで食べられる「ステックアッシェ」というハンバーグのような料理は、ナイフを入れるとじゅわっと肉汁があふれ出ます♪シンプルな味付けなので、自家製のタルタルでいただきます。肉の旨さがガツンと伝わってくる逸品と大人気です。
1日限定15食のステーキ丼も箸が止まらない美味しさ。
夜にはパリの本店から取り寄せた石皿で焼く骨付きリブロースのステックフリットをぜひご賞味ください!

▲『Sacrée Fleur』店内の様子

■『Sacrée Fleur』(サクレフルール)
[住所]東京都新宿区神楽坂3-2 大宗第5ビル
[TEL]03-6228-1513
[営業時間]火曜日~金曜日:11時半~14時半(14時LO)、17時半~23時半(22時半LO)、土曜日・日曜日・祝日:12時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有
[休日]月曜日(祝日の場合は翌火曜日休み)
[座席]1階テーブル38席、2階カウンター10席、3階個室1室(8~12名) 計56~60席/全席喫煙可/夜のみ予約可/カード可(5000円以上)/夜はひとり378円のチャージ料別
[アクセス]地下鉄南北線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分

"季節の天ぷらそば"/石挽き手打 蕎楽亭(そば)

▲季節の天ぷらそば 2400円

ここでは、天ぷら蕎麦は天ぷらが別添えで登場する。季節の天ぷらが人気の『蕎楽亭』らしい粋な計らいだ。

時期によって内容が変わるが、この日は白子とワカサギ。ワカサギの期間は短いが、白子は3月頃まで続く予定。天ぷらは塩が基本だが、白子には天つゆが付く。天ぷら蕎麦の場合もつゆを油で汚したくないという人への配慮から天つゆを添えてくれる。

安くておいしいとされる「ミシュランビブグルマン」を獲得した蕎麦の有名店がこちら。会津の玄そばを店内の石臼で製粉しており、昆布、本節、イリコに乾椎茸からとった旨みたっぷりのだしを使います。
一番人気の「季節の天ぷら」は、そのときどきの旬の味覚を堪能できます。蕎麦屋ではなくてんぷら専門店では?と思うほど繊細な味で美味しい天ぷらに、ファンが続出しているそう。
他にも「カレーそば」もおすすめで、柔らか~い牛すじと甘くて辛いフルーティーな味がクセになると人気です!

▲『石挽き手打 蕎楽亭』店内の様子

■『石挽き手打 蕎楽亭』
[住所]東京都新宿区神楽坂3-6 神楽坂館1階
[TEL]03-3269-3233
[営業時間]11時半~15時、17時~21時、火曜日は夜のみ営業 ※ランチタイム有
[休日]日曜日・月曜日・祝日
[座席]カウンター10席、テーブル20席、計30席/全席禁煙/夜は予約可(1日3組まで)/カード不可/サなし、お通し代なし
[アクセス]地下鉄東西線飯田橋駅B3出口から徒歩4分

“黒毛和牛贅沢重”/黒毛和牛贅沢重専門店 神楽坂本店(肉専門店)

▲黒毛和牛贅沢重 梅 1000円

神楽坂を中心に展開する、焼き肉の『翔山亭』が、2015年9月にオープンさせた丼専門店。メニューは「松」、「竹」、「梅」の3種類を用意。
黒毛和牛贅沢重 梅は、上質なモモ肉のローストビーフは、キメ細やかな舌触りで濃厚な旨みがたっぷり。スジなどを煮込んだ自家製のしぐれ煮の甘辛い味つけが、ご飯を進ませる。

和牛の専門店というだけあって、こちらではローストビーフや焼肉、すき焼きなどとにかく上質な黒毛和牛の肉が堪能できます。しかもランチは1000円~とコスパが良い!広くない店内は、開店と同時にすぐに満席になります。
写真の「梅」のほか、贅沢重「松」は、サーロイン、ヒレ、ローストビーフとひとつで3度美味しい大人気のメニューです。
「竹」と「松」についてくる「突出し」は、焼きしぐれ味噌と炙り握りで、口の中でとろけます♪
最後に和風出汁をかけてひつまぶし風に食べるという仕掛けもあり!

▲『黒毛和牛贅沢重専門店 神楽坂本店』店内の様子

■『黒毛和牛贅沢重専門店 神楽坂本店』
[住所]東京都新宿区神楽坂3-1 桂ハイツ1階
[TEL]03-6228-1829
[営業時間]11時〜21時(20時半LO)
[休]不定休
[座席]カウンター10席 計10席/カード不可/予約不可/サなし
[アクセス]東京メトロ東西線「神楽坂駅」徒歩12分、地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B4b出口から徒歩5分

"パスタ"/Roccia D,oro|ロッチャドォーロ(イタリアン)

▲平日限定パスタランチ 1000円

シェフの出身地・島根県の食材をふんだんに使用したイタリアン。漁師であるシェフの実家や地元の漁港から直送する鮮魚や炭火焼き、手打ちパスタが自慢だ。
写真は日替わりの「自家製ベーコンと新玉ねぎのオイルパスタ」。玉ねぎの甘みが美味。これに本日のスープ、自家製パン、カフェが付く。

島根県の食材を使った評判のイタリアンレストラン。シェフが島根出身ということで、新鮮な魚や肉、野菜を仕入れています。
ランチ時間帯は、1000円のランチセットがあるのでお得!パスタのメニューは1種類のみで行ってからのお楽しみですが、どのメニューでも、アルデンテの麺がソースに良く絡まり、具材の味も活かされ、品のあるお味に仕上がっています♪
選べるパスタに前菜やデザートなどがついてくるコースもあるので、時間に余裕がある方がぜひ注文してみてくださいね!

▲『Roccia D,oro』外観

■『Roccia D,oro』
[住所]東京都新宿区神楽坂3-6 サムライ堂ビル3階
[TEL]03-5206-5854
[営業時間]11時半~15時(14時LO)、18時~23時(21時半LO)、土曜日・日曜日・祝日:11時半~15時半(14時半LO)、17時~22時(20時半LO)※ランチタイム有
[休日]月曜日
[アクセス]地下鉄東西線 神楽坂駅から徒歩5分、都営大江戸線 牛込神楽坂駅から徒歩3分、地下鉄有楽町線 飯田橋駅から徒歩3分

"焼き肉御膳”/新泉(焼肉)

▲焼き肉御膳 1500円

銘柄牛のトップブランド・神戸牛を一頭買いし、ランチでもA5ランクのみを提供……と聞けば懐具合が心配になるが、「焼き肉御膳」の値段を見ると驚きの価格!
部位はバラ(カルビ)、モモ(ロース)など日替わり。口に入れた瞬間に広がる脂の旨さはもちろん、「神戸牛は焼いているときの香りから違う」とのこと。ダシを利かせた味噌汁や小鉢も手抜きなしの美味しさ。

落ち着いたカウンター席や、接待にも使える個室がある焼肉のお店は、A5ランクの神戸牛を一頭買いで仕入れています。
炭火焼で食べる肉は旨みが外に逃げないので、噛むと美味しさが一気に広がりたまりません!
ランチではお手頃価格でひとり焼肉を堪能できると評判の「焼肉御膳」がおすすめ!カウンター席で思う存分味を噛みしめてください♪
他にも「サーロインのステーキ御膳」、味噌を隠し味にした「ハンバーグ」などがありますよ!

▲『新泉』店内の様子

■『新泉』
[住所]東京都新宿区神楽坂5-32 八潮ビル1階
[TEL]03-5225-1616
[営業時間]11時半~14時LO、(土曜日・日曜日・祝日:11時半~14時半LO)、17時~22時半LO、※ランチタイム有
[休日]年末年始
[座席]カウンター10席、テーブル32席、個室10席 計52席/昼は全席禁煙/カード可/予約可/お通しなし、夜はサ5%別
[アクセス]都営大江戸線牛込神楽坂駅A3出口から徒歩2分、地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩5分

"カンボジア料理”/バイヨン(カンボジア料理)

▲スープクイティウ 1000円

カンボジア人シェフが作る、日本人の味覚に合わせた穏やかな味の料理が評判の店。
スープクイティウには細麺のライスヌードルを使用。豚骨ベースに香味野菜などを加えてコトコト煮込んだスープは、あっさりしているが奥深い味わいでヤミツキになる。

こちらはちょっと珍しいカンボジア料理のお店です。実は、タイ料理ほど辛くないので日本人の口にも合うんだとか。異国の雰囲気漂う店内に気分も盛り上がりますね。
クイティウという細い麺を使ったスープクイティウは、そのまま食べてもよし、自分でお酢やナンプラーなどでアレンジしても楽しめます。なんとライス、漬物、サラダ、デザート付!
有名な観光地のアンコールワットに思いを馳せながら、ちょっとした旅行気分を味わえそうです。

▲『カンボジア料理バイヨン』店内の様子

■『カンボジア料理バイヨン』
[住所]東京都新宿区袋町26 森田マンション1階
[TEL]03-5261-3534
[営業時間]11時半~14時半、17時半~22時半
[休日]月曜日
[座席]カウンター4席、テーブル4席×2卓、6席×1卓、座敷約10名 計約28席/全席禁煙/予約可/夜のみカード可/サなし
[アクセス]地下鉄南北線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

“イタリアンコース料理”/PIATTI CASTELLINA|ピアッティ カステリーナ(イタリアン)

▲土日祝日限定ランチ 2500円

全6品でコスパ最高! 魅惑の土・日・祝限定ランチ。
内容は仕入れにより変更。瑞々しい野菜のバーニャカウダに続き、お菓子のような見目麗しいフォアグラのフラン、オイルやトマト系のパスタ2品に、魚または肉のメイン、デザートまで!目でも舌でも楽しませてくれる料理が全6品、次から次へと登場する。

コスパの高いイタリアンとしておすすめなのがこちらのお店。お店の雰囲気もよく、値段以上の贅沢感が味わえるので、連日大人気です。
特におすすめが、祝日限定のランチコース。自慢のフォアグラのフランや、鮮やかな色合いのバーニャカウダ、パスタ2品にメイン、デザートとお腹も心も満足の内容。一緒にグラスワインも楽しめます。
平日限定で登場する1000円パスタランチも良心的な価格ながらも、おしゃれで丁寧に作られており、なんとフォアグラのフラン マルサラソースまで付くというから驚きです!

▲『PIATTI CASTELLINA』店内の様子

■『PIATTI CASTELLINA』
[住所]東京都新宿区天神町68-3 橋本ビル1階
[TEL]03-6265-0876
[営業時間]11時半~15時(13時半LO)、17時半~23時(21時半LO)※ランチタイム有
[休日]水曜日
[座席]テーブル18席 計18席/全席禁煙(外に喫煙スペース有)/予約可/カード可/土・日祝の昼はサ5%別、夜はコペルト500円別
[アクセス]地下鉄東西線神楽坂駅2番出口から徒歩5分、有楽町線江戸川橋駅1b出口から徒歩7分

おわりに

ここまで神楽坂のおすすめランチをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。どのお店もこだわりがあり、美味しそうで、全部食べてみたくなりますよね。ぜひ全店制覇を目指してください!絶対に後悔はさせませんよ!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
吉祥寺エリアで絶対に外せないお昼ごはんとは?!人気グルメ情報誌「おとなの週末」の編集スタッフが食べ歩いて見つけた、安いお店はもちろん、ひとりで気軽に入りやすい所、子連れOKの所など、ぜひ行ってほしいおすすめのお店を厳選してまとめました。
食通が集まるグルメ激戦区、浅草エリア!テレビや雑誌など数々のメディアでも紹介された有名店から隠れ家的なお店まで、グルメライターが新旧の名店を食べ歩いて見つけた、国内外の観光客誰しもに、自信をもっておすすめしたいランチ情報を一挙ご紹介!
おしゃれな街「恵比寿」のランチ情報をまとめました。すべて人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査をして発見した、自信をもっておすすめできるお店ばかり!おしゃれなお店からひとりでも気軽に入りやすいお店まで、一挙ご紹介します!
こどもの国やリス園などの遊び場が豊富にあり、おしゃれなお店や古着屋さんも立ち並ぶ【町田エリア】で、和食など人気ジャンルの注目のランチ情報を厳選してご紹介!気になる個室、子連れ、ひとりで入りやすい等の詳細も掲載!
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
320views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt