MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
E・Bu・Ri・Ko|スープからデザートまできのこ尽くしの独創フレンチ(フレンチ/軽井沢)

E・Bu・Ri・Ko|スープからデザートまできのこ尽くしの独創フレンチ(フレンチ/軽井沢)

2011年に軽井沢にオープンしたきのこフレンチの専門店「E.Bu.Ri.Ko (エブリコ)」ランチ、ディナーともにコース料理のみの展開で、アミューズからスープ、メイン、デザートと、すべての皿にきのこが盛り込まれる。料理に使われるきのこは年間で百種ほど。時間が許す限り、シェフ自らも山に入り、きのこを採取している。

E・Bu・Ri・Ko(最寄駅:軽井沢駅)

季節感を大切にしているため、料理には旬のきのこが使われるが、例えば同じ素材でも、濃厚な風味を引き出すためにあえて熟成させたものを使ったり、コクを出すために冷凍させてから使用するなど、コンディション調整を行っているのも特徴的だ。
唯一のアラカルト「本日のきのこの一皿」は、オリーブオイルとニンニクのコンフィ、エシャロットなどでソテーしたきのこの盛り合わせ。同じ味付けながらも、酸味のあるもの、ほのかな苦味を感じるものなど、きのこそれぞれの個性が感じられておもしろい。

ランチコース
2592円

リンゴを食べて育ったやわらかな信州牛のランプ肉を赤ワインとフォン・ド・ヴォー、きのこのダシをベースにした香り豊かな「黒ラッパタケ」のソースで楽しむ

本日のきのこの一皿
¥1922(2名分 ※ランチ限定)

日替わりで10~12種ものきのこがのる

E・Bu・Ri・Ko

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1157-6 ☎0267-42-3033 [営]11時半~13時半LO、17時半~19時半LO [休]水 ※不定休あり [席]テーブル4席×3卓、2席×1卓 計14席 全席禁煙/カード不可/予約可/サ夜のみ5% [交]JR軽井沢駅北口から徒歩約15分、クルマ関越自動車道~上信越自動車道~「碓氷軽井沢IC」から約25分

電話番号 0267-42-3033
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ワインでお肉。言うまでもなくシアワセな組み合わせだが、それをリーズナブルに満喫してもらいたいという明快さがいい。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
 昨年11月に神田から神楽坂へ移転。フランスの一流レストランで腕を磨いた大谷大三郎シェフの伝統的かつオリジナリティあふれる料理が楽しめる。
神楽坂のフレンチの名店『ラ・トゥーエル』やフランスで修業を積んだシェフ・金田賢二郎さんのベースは伝統的なフレンチ。その中に、季節感や今の時代のテイストが巧みに盛り込まれている。
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
 テーマに掲げるのが“鴨と水”。合鴨を丸ごと仕入れ、チャーシューに使われるムネ肉とモモ肉を手作業でさばいたら、残った身もすべて寸胴へ。
世界的なカクテルコンテストで入賞経験を持つ、バーテンダー宮澤英治氏がオーナーのカクテルワークス。神保町店は話題のクラフトジンがテーマだ。
西新宿に本店を構える『麺屋翔』の3店舗目として2018年10月2日にオープン。既存の2軒は鶏がメインだが、こちらは鯛。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt