MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
E・Bu・Ri・Ko|スープからデザートまできのこ尽くしの独創フレンチ(フレンチ/軽井沢)

E・Bu・Ri・Ko|スープからデザートまできのこ尽くしの独創フレンチ(フレンチ/軽井沢)

2011年に軽井沢にオープンしたきのこフレンチの専門店「E.Bu.Ri.Ko (エブリコ)」ランチ、ディナーともにコース料理のみの展開で、アミューズからスープ、メイン、デザートと、すべての皿にきのこが盛り込まれる。料理に使われるきのこは年間で百種ほど。時間が許す限り、シェフ自らも山に入り、きのこを採取している。

E・Bu・Ri・Ko(最寄駅:軽井沢駅)

季節感を大切にしているため、料理には旬のきのこが使われるが、例えば同じ素材でも、濃厚な風味を引き出すためにあえて熟成させたものを使ったり、コクを出すために冷凍させてから使用するなど、コンディション調整を行っているのも特徴的だ。
唯一のアラカルト「本日のきのこの一皿」は、オリーブオイルとニンニクのコンフィ、エシャロットなどでソテーしたきのこの盛り合わせ。同じ味付けながらも、酸味のあるもの、ほのかな苦味を感じるものなど、きのこそれぞれの個性が感じられておもしろい。

ランチコース
2592円

リンゴを食べて育ったやわらかな信州牛のランプ肉を赤ワインとフォン・ド・ヴォー、きのこのダシをベースにした香り豊かな「黒ラッパタケ」のソースで楽しむ

本日のきのこの一皿
¥1922(2名分 ※ランチ限定)

日替わりで10~12種ものきのこがのる

E・Bu・Ri・Ko

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1157-6 ☎0267-42-3033 [営]11時半~13時半LO、17時半~19時半LO [休]水 ※不定休あり [席]テーブル4席×3卓、2席×1卓 計14席 全席禁煙/カード不可/予約可/サ夜のみ5% [交]JR軽井沢駅北口から徒歩約15分、クルマ関越自動車道~上信越自動車道~「碓氷軽井沢IC」から約25分

電話番号 0267-42-3033
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
更新: 2019-09-02 12:00:00
 昨年11月に神田から神楽坂へ移転。フランスの一流レストランで腕を磨いた大谷大三郎シェフの伝統的かつオリジナリティあふれる料理が楽しめる。
更新: 2019-09-25 16:10:14
神楽坂のフレンチの名店『ラ・トゥーエル』やフランスで修業を積んだシェフ・金田賢二郎さんのベースは伝統的なフレンチ。その中に、季節感や今の時代のテイストが巧みに盛り込まれている。
更新: 2019-08-01 12:00:00
契約農家から毎朝届く朝採れの三浦野菜を中心に、定番から珍しい品種まで50種以上の野菜を使うビストロ料理が評判。生産者支援も根底にあるため、市場で流通されない規格外も受け入れ、ほぼ余すところなく利用する姿勢もこの店の魅力だ。
更新: 2019-09-27 15:47:14
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-10-01 13:52:24
最新の投稿
穴場店は都心よりも郊外にある、というのが私の持論。ってことで、またまた穴場店を見つけてしまった。 今年7月、名古屋市北部に隣接する北名古屋市にオープンした『うなぎの中庄』がそれだ。ここは創業90余年の老舗うなぎ卸問屋『中庄商店』の直営店。 ゆえに、確かな目利きで仕入れたうなぎには絶対の自信を持っている……。
更新: 2019-10-17 15:55:00
世の中的な流行なのか、吉祥寺だけの現象なのか不明ですが、ここ1~2年、マニアックなジャンルの食べ物を扱う専門店が増えている傾向にあります。 好きな人にはたまらんなぁ、という感じの店が増えているのですが、今回、私が推すのは「ごはんもの」。いや、今回に限らず、ごはんものは一生推していこうと思ってますけどね……。
更新: 2019-10-17 15:55:00
消費税が10%に上がり、仕事が終わってもまっすぐ帰宅。 家で飲むという方が増えたのではなかろうか。せっかくの家飲み、いつもより“いいお酒”でのんびりと過ごしたい。その思いに応えてくれるウイスキーが登場した。
更新: 2019-10-17 15:00:00
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
更新: 2019-10-17 12:00:00
新宿から近く、人気のエリア「高円寺」で、雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実際に食べ歩いて見つけた絶品ランチの中から、おすすめ店を厳選してご紹介!お昼の時間帯にしか食べられないメニューや、安いと評判のコスパがいい定食もありますよ♪
更新: 2019-10-17 11:16:19

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt