MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
E・Bu・Ri・Ko|スープからデザートまできのこ尽くしの独創フレンチ(フレンチ/軽井沢)

E・Bu・Ri・Ko|スープからデザートまできのこ尽くしの独創フレンチ(フレンチ/軽井沢)

2011年に軽井沢にオープンしたきのこフレンチの専門店「E.Bu.Ri.Ko (エブリコ)」ランチ、ディナーともにコース料理のみの展開で、アミューズからスープ、メイン、デザートと、すべての皿にきのこが盛り込まれる。料理に使われるきのこは年間で百種ほど。時間が許す限り、シェフ自らも山に入り、きのこを採取している。

E・Bu・Ri・Ko(最寄駅:軽井沢駅)

季節感を大切にしているため、料理には旬のきのこが使われるが、例えば同じ素材でも、濃厚な風味を引き出すためにあえて熟成させたものを使ったり、コクを出すために冷凍させてから使用するなど、コンディション調整を行っているのも特徴的だ。
唯一のアラカルト「本日のきのこの一皿」は、オリーブオイルとニンニクのコンフィ、エシャロットなどでソテーしたきのこの盛り合わせ。同じ味付けながらも、酸味のあるもの、ほのかな苦味を感じるものなど、きのこそれぞれの個性が感じられておもしろい。

ランチコース
2592円

リンゴを食べて育ったやわらかな信州牛のランプ肉を赤ワインとフォン・ド・ヴォー、きのこのダシをベースにした香り豊かな「黒ラッパタケ」のソースで楽しむ

本日のきのこの一皿
¥1922(2名分 ※ランチ限定)

日替わりで10~12種ものきのこがのる

E・Bu・Ri・Ko

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1157-6 ☎0267-42-3033 [営]11時半~13時半LO、17時半~19時半LO [休]水 ※不定休あり [席]テーブル4席×3卓、2席×1卓 計14席 全席禁煙/カード不可/予約可/サ夜のみ5% [交]JR軽井沢駅北口から徒歩約15分、クルマ関越自動車道~上信越自動車道~「碓氷軽井沢IC」から約25分

電話番号 0267-42-3033
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-05-21 11:28:57
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-05-21 11:01:20
都立大学『Fukushima』|夜はおまかせコースのみ。1日最大2組までしか受けないカウンターフレンチだ。
更新: 2018-12-20 12:00:00
元中学校を利用した文化施設内に2017年6月オープン。フレンチをベースに、シジミや白子、柚子、黒七味など、和の食材や調味料を巧みに織り交ぜた、粋を感じさせるメニューが楽しめる。
更新: 2018-12-12 18:00:00
八重洲エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ店。「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店だ。ソースやフォンなど基本の技術をしっかり守り、手間暇かけて作られた丁寧な料理はどれも長く愛される理由のある“温かさ”に満ちている。
更新: 2018-12-03 14:50:44
最新の投稿
麦焼酎の発祥といわれる壱岐焼酎。大麦2に対し米麹1の割合で仕込まれ、スッキリと飲みやすいものからウイスキーを思わせるものまで多種多様だ。
更新: 2019-06-19 12:00:00
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt