MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[割烹旅館 京亭] おすすめ料理のグルメ記事と写真(日本料理/寄居)

[割烹旅館 京亭] おすすめ料理のグルメ記事と写真(日本料理/寄居)

創業昭和25年の老舗『京亭』は、鮎の宿とも呼ばれ、作家・池波正太郎がたびたび滞在したことでも知られる割烹旅館である。[アクセス]は東部東上線寄居駅より徒歩10分

割烹旅館 京亭(最寄駅:寄居駅)

荒川の清流と日本庭園を眺めながら鮎づくし「鮎料理」を満喫

約3千坪の敷地内には美しい日本庭園が広がっていて、秩父の大自然、荒川の清流とともに織りなす絶景を愛でながらゆっくりと食事を楽しむことができる。食事だけの利用も可能で、目の前の荒川で釣れた鮎料理を中心とする四季折々の料理は、少し値は張るものの、わざわざ訪れるだけの価値は十二分にある。 鮎の煮浸し、鮎の刺身や塩焼きなど、香り高い鮎料理に舌鼓を打った後には、天然鮎を丸ごと醤油と酒で炊きあげた名物『鮎飯』が待っている。これがめっぽう旨いのだ。 行き届いた柔らかな接客も心地よく、女将の人柄が伝わってくるようだ。秋の休日は、秩父の絶景とともに鮎料理を心ゆくまで堪能したい。

天然鮎コース
¥6480

天然鮎をとことん満喫できるコース

割烹旅館 京亭の店舗情報

埼玉県大里郡寄居町寄居547 ☎048-581-0128 [営]11時~19時半までに入店 ※ランチメニューは約14時まで(電話で応相談) [休]火 [席]個室2名〜10名(和室3室、洋室1室)/禁煙席なし/カード不可/要予約/サ10%、お通しなし [交]東部東上線寄居駅より徒歩10分

電話番号 048-581-0128
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
神楽坂の割烹の水準は高い。ちょっと気張らないと行けない店が多いのが事実。
更新: 2019-08-13 12:00:00
前割り(あらかじめ水で割って寝かされ、まろやかな味わいになる)の焼酎が常時4種類。ゆったりしたカウンターで、ビール代わりにそこから始めるのもいい。
更新: 2019-06-05 13:07:24
古民家の一軒家で和食とワインの秀逸な組み合わせを提案するこちら。毎朝築地に通い、魚を知り尽くす大将の中湊さんは酢の物をひと捻りして、この店に揃うナチュラルなワインと合うスタイルで提案。
更新: 2019-06-10 11:41:15
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-06-10 11:32:10
夜は息子のイタリアン『MAGARI DE CICCIO』、昼は父親が営む日本料理店とふたつの顔を持つ。昼の定食は4種。
更新: 2019-05-13 13:58:00
最新の投稿
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt