MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【浅草ランチ2019】42選! 食通が集うグルメ激戦区のおすすめ店

【浅草ランチ2019】42選! 食通が集うグルメ激戦区のおすすめ店

食通が集まるグルメ激戦区、浅草エリア!テレビや雑誌など数々のメディアでも紹介された有名店から隠れ家的なお店まで、グルメライターが新旧の名店を食べ歩いて見つけた、国内外の観光客誰しもに、自信をもっておすすめしたいランチ情報を一挙ご紹介!

目次

はじめに

連日観光客でにぎわう浅草は、食べ歩きの宝庫でもあります。土日は稼ぎ時なので営業している店がほとんどなのも嬉しいポイント!家族や友人と散策したあとのランチは、楽しい気持ちを乗せてさらに美味しく感じますね。
お店が多くてどこに行くか迷ってしまう、そんなアナタに、おすすめのランチが美味しいお店を厳選してご紹介します!

浅草エリアのランチMAP

まずはおすすめのお店の場所を、地図で分かりやすくご紹介します!

洋食

『グリル佐久良』(銀座線・浅草駅6番出口 徒歩15分)

▲ビーフシチュー 2500円

創業50年の老舗洋食店。

ビーフシチューは、ほろりと崩れるとろとろの食感、口に広がる肉の旨みと脂の甘み……。ひと口目から感動が押し寄せるが、“これでもか!”とばかりに肉が盛られているため、食べる度に幸せが増幅していく。

言わずと知れた洋食の名店!駅から徒歩15分と距離はありますが、一番人気のビーフシチューを求めて、連日たくさんの人が訪れます!
どれだけの時間煮込んだのかというほどに柔らかい信州牛のビーフシチューは、肉の旨さはもちろん、にんじん・じゃがいも・ブロッコリーなどの野菜もバターの旨味がしっかりとついていて、肉に負けない存在感です。

他にも、「カニクリームコロッケ」は嬉しいビッグサイズで、ズワイガニとタラバガニが入っていて旨味がた~っぷり♪クリーミーなベシャメルソースが後を引くおいしさです!!カツサンドなどはテイクアウトもできますよ。

▲『グリル佐久良』店内の様子

■『グリル佐久良』
[住所]東京都台東区浅草3-32-4
[TEL]03-3873-8520
[営業時間]11時半~13時45分LO、17時~19時45分LO ※ランチタイム有
[休日]火曜日、水曜日
[座席]カウンター8席、テーブル8席 計16席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし
[アクセス]地下鉄銀座線浅草駅6番出口から徒歩15分

『ロッジ赤石』(つくばエクスプレス・浅草駅A1出口 徒歩7分)

▲エビサンド 1150円

小さな厨房で2代目の小沢康純さんが腕を振るうメニューは、サンドイッチ類から洋食、丼と幅広い。中でも人気なのが「エビサンド」。
厚切りトーストに身の詰まったエビフライがぎっしり!

クラシカルで雰囲気の良い洋食店。ふかふかのソファー席は時間を忘れてのんびりと過ごせます。
名物は、エビフライをパンにはさんだ「エビサンド」!お客さんからの要望で作ったところ、お店を代表するメニューになったそう。ボリューミーな厚さで3切れも出てきますが、美味しすぎてあっという間に食べきってしまう!全体的に優しい味になりそうなところを、ウスターソースがいいアクセントになっていて、絶品です!!

▲『ロッジ赤石』店内の様子

■『ロッジ赤石』
[住所]東京都台東区浅草3-8-4
[TEL]03-3875-1688
[営業時間]9時~翌4時、日・祝~翌1時 ※ランチタイム有
[休日]月曜日
[座席]カウンター5席、テーブル30席 計35席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし
[アクセス]つくばエクスプレス線浅草駅A1出口から徒歩7分

『浅草グリルバーグ』(銀座線・田原町/浅草駅 徒歩3分)

▲手ごねグリルバーグ ランチは全品ミニサラダ、ライス、ドリンク付

ハンバーグのパテに使用するのはスネとショルダーを中心としたカナダ産ビーフ。つなぎはほとんど加えず、代わりに練り込むのが老舗蔵元から届く塩麹だ。

「手ごねグリルバーグ」は、粗挽きと細挽きの2種類をブレンドして食感が残りつつもジューシー。塩麹の作用で牛肉の風味はしっかりと感じられるが、あっさりといただける。

テレビ番組で浅草の隠れた名店ランキングベスト5に選ばれるほど人気のハンバーグのお店!店内は木を基調としたゆったりと落ち着ける空間です。
粗挽きと細挽きの牛肉をブレンドした、こだわりの「手ごねハンバーグ」には、隠し味に塩麹や赤ワインが入っています。じっくり焼いたハンバーグからは旨味たっぷりの肉汁が溢れ出てきますよ♪
食後には幻のコーヒーと呼ばれる「スリランカ産のコーヒ」で余韻に浸るのもおすすめです。

■『浅草グリルバーグ』
[移転後の住所]東京都台東区雷門1-7-7 [移転前の住所]東京都台東区寿2-2-9 アゴーラ・プレイス浅草 1階
[TEL]03-6802-7565
[営業時間]11時〜22時半(21時半LO)、日曜日・祝日:11時〜22時(21時LO)
[休日]不定休
[座席]34席(テーブル:20席、カウンター:10席、テラス:4席)
[アクセス]東京メトロ銀座線田原町・浅草駅より徒歩約3分

『ハンバーグの店モンブラン浅草店』(銀座線・浅草駅雷門出口 徒歩5分)

▲鉄板焼きハンバーグステーキ フランス風(ランチは1000円)

国産の牛肩ロース肉100%を使った手ごねハンバーグ。基本ソースの味は6種類から選べ、ワインとマッシュルームが入ったコクのあるデミグラスソースで味わう「フランス風」、濃厚チーズソースの「オランダ風」などがある。

ハンバーグをメインに洋食メニューを展開しているお店。
手ごねの鉄板焼きハンバーグは、デミグラスのフランス、チーズソースのオランダ、ピリ辛トマトのメキシコ、イタリア風、ロシア風・和風など6種類ものソースから好きなものを選べるのも楽しい!どれも肉汁たっぷり、旨味がぎゅっと詰まった絶品です!
デミグラスソースで煮込んだ「ハンバーグシチュー」や、カレーの中にど~んとハンバーグがのった「特製カレーのハンバーグ」などもあり、何度お店を訪れても飽きません♪

また、夜には、ほとんどのメニューが対象という「食べ放題コース」もあり!男性にも嬉しいですね。

■『ハンバーグの店モンブラン浅草店』
[住所]東京都台東区浅草1-8-6
[TEL]03-5827-2771
[営業時間]11時~22時
[休日]水曜日(祝の場合は営業、翌木が休み)
[アクセス]地下鉄銀座線浅草駅雷門出口から 徒歩5分

天丼

『下町天丼 秋光』(銀座線・田原町駅1番出口 徒歩5分)

▲五代目天丼 2500円

創業明治22年の『土手の伊勢屋』五代目を襲名した谷原秋光さんが独立。なかでも五代目天丼はもとは限定裏メニューで、築地で仕入れた旬食材を贅沢に集結させ圧巻!

丼からはみ出す迫力の天丼が有名なこちらのお店。一番はやはり穴子やエビ、季節の美味しい魚や野菜を天ぷらにして豪快に盛り付けた、写真の「五代目天丼」です!
もっとボリューミーに食べたい方には「五代目天丼 極」にぜひチャレンジしてほしい!こちらは超大盛りなので、シェアもOK!1日5食限定なので、早めの時間に行きましょう!
7尾の海老天に甘めのタレでご飯が進む、「海老天丼」も美味♪ふっくら柔らかな煮穴子も密かな人気。
12名の半個室や掘りごたつもあり、ゆっくり過ごせますよ。

▲『下町天丼 秋光』外観

■『下町天丼 秋光』
[住所]東京都台東区浅草1-26-5 ROX・3G
[TEL]03-6231-7444
[営業時間]10時半〜22時
[休日]無休
[座席]テーブル・座敷全34席/全席禁煙/予約可(土・日・祝は14時以降)/カード可/サなし
[アクセス]地下鉄銀座線田原町駅1番出口から徒歩5分、同浅草駅1番出口から徒歩8分

『大黒家 天麩羅』(浅草駅1番出口 徒歩4分)

▲海老天丼 1950円

創業明治20年、当代とって四代目の老舗。浅草は伝法院通りにある生粋の江戸前海老天丼だ。
1尾を枕に3尾のエビが丼からはみ出して乗る大迫力。もともと「お孫さんとおじいちゃん、おばあちゃんで一緒に食べられるように」という心遣いだったという。

黒い天丼と言えばここ!芳香なごま油で揚げ、濃いめのタレがかかっていて、見た目が黒っぽいキツネ色に見えますが、味はそれほど濃くは感じず、やや厚めの衣とマッチしたタレが、ごはんに合う合う!!
ごはんが見えないほどの海老の大きさにもテンションが上がります!

海老の本数の違いや、かきあげ入りのもの、きすの天ぷら入りのものなど、お腹の好き具合によってメニューが選べるのも親切ですよね。

▲『大黒家 天麩羅』外観

■『大黒家 天麩羅』
[住所]東京都台東区浅草1-38-10(本館)
[TEL]03-3844-1111
[営業時間]11時〜20時半(土曜日・祝日は21時まで)
[休日]無休
[座席]本店115席、別館140席/全席禁煙(入り口外で可)/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]地下鉄銀座線ほか「浅草駅」1番出口から徒歩4分

『千束いせや』(千束2丁目バス停前)

▲天丼

天ぷらは、ごま油をブレンドした高い温度の油で揚げられた江戸前。天丼は100年継ぎ足して熟成されたコクのある丼つゆも特徴だ。

写真を見ただけでわかる、茶色く光ったカラッとした揚がり具合!!特製の油で揚げる天ぷらは、香ばしく、一度食べたらやみつきになります!
100年継ぎ足しているタレは濃厚で、天ぷらとの相性も抜群。お箸が止まらなくなります。
天重やてんぷら定食、単品のてんぷらもあります。

■『千束いせや』
[住所]東京都台東区千束2-23-5 第3コンパスビル1F
[TEL]03-3872-5588
[営業時間]11時半~15時、17時~20時半
[休日]水曜日
[座席]22席(座敷あり) カード不可/予約可
[アクセス]台東区循環バス「北めぐりん」千束2丁目バス停前

蕎麦

『浅草 じゅうろく』(つくばエクスプレス・浅草駅A2出口 徒歩7分)

▲粗美季せいろ(黒) 1059円

▲粗美季せいろ(白) 1059円

若き蕎麦職人である伊勢谷留衣さんが目指すのは、透明感があり、プリッと弾けるようなコシを持つ、見た目にも端正な蕎麦。粗挽き粉を使用しながらものど越しよく、しなやかな質感だ。

まさに感動する蕎麦のお店!人気の粗挽き蕎麦は、こちらのお店では「粗美季」と書くところにも、上品さとこだわりを感じます♪透き通っていてのど越しの良い「白」も、細打ちで香り深い「黒」も、どちらも蕎麦つゆがいらないほど、蕎麦自体の味がしっかりとしていて、そのまま食べても美味しいと評判です。
お鍋のコースも大人気で、夜に接待や宴会で利用される方も多いとそうです。

▲『浅草 じゅうろく』店内の様子

■『浅草 じゅうろく』
[住所]東京都台東区浅草4-37-8
[TEL]03-6240-6328
[営業時間]18時〜23時(22時半LO)※蕎麦が売り切れ次第終了 ※ランチタイム有
[休日]月曜日
[座席]カウンター8席、小上がり6席×2卓 計20席/全席禁煙/予約が望ましい/カード可/サなし、アルコール注文の場合はお通し代432円〜648円別
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A2出口から徒歩7分

『蕎亭 大黒屋』(銀座線・浅草駅6番出口 徒歩15分)

▲そばがき粗挽き 1750円

物の粗挽きそばがきに使うのは妙高山麓で昔から栽培されてきた希少な「こそば」。それを主人の菅野成雄さんが自ら目立てした石臼で挽き、美味しさを最大限に引き出している。

風情のある和の外観は、それだけで美味しいお蕎麦が食べられると期待させてくれます。
しっかりとコシのあるそばは、風味がよく香りを楽しみながら食すのがまた贅沢な時間。
妙高山麓で栽培した珍しいこそばを使う「そばがき」は、まるでお餅のようなもちもちとした食感が斬新です!出汁の効いた醤油やきなこで食べるとそばの味が際立ちます。
扇子の形をしたメニュー表も粋ですね♪

▲『蕎亭 大黒屋』外観

■『蕎亭 大黒屋』
[住所]東京都台東区浅草4-39-2
[TEL]03-3874-2986
[営業時間]18時~22時※完全予約制 ※ランチタイム有
[休日]日曜日・月曜日
[座席] テーブル20席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代なし
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A2出口から徒歩9分、東京メトロ銀座線「浅草駅」6番出口より徒歩15分

『丹想庵 健次郎』(銀座線・浅草駅1番出口 徒歩10分)

▲二種もり 1500円

蕎麦粉は季節によって全国から最上級のものを求め、この日は秋田産を使用。みずみずしい喉ごしの二八は粉の風味が淡く漂い、田舎はしっかりとした香りが鼻腔をくすぐる。

ミシュランガイドのビブグルマンとしても選ばれている。

浅草寺の北側エリア、観音堂裏にひっそりと構えている趣のある蕎麦屋。
おすすめは、細打ちの二八蕎麦「もり」と挽きぐるみの香ばしさが後をひく「田舎」の2種盛り。どちらも香りがよく、各々の食感の違いも面白い。のどごしもよく、あっという間に食べきってしまいます。
ランチにはお蕎麦に天ぷらがセットになった定食がなんと千円であるとのこと!コスパが良いとはまさにこのことでしょう。

▲『丹想庵 健次郎』店内の様子

■『丹想庵 健次郎(たんそうあん けんじろう)』
[住所]東京都台東区浅草3-35-3
[TEL]03-5824-3355
[営業時間]12時~14時、17時半~22時半(土曜日は夜のみ)
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンター6席、テーブル4席×3卓、個室4名2室・8名1室計34席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、夜のみお通し代500円別
[アクセス]地下鉄銀座線ほか浅草駅1番出口から徒歩10分、つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩6分 ※ランチタイム有

『弁天』(銀座線・浅草駅 徒歩9分)

▲はまぐりせいろう 1550円

昭和26年創業の更科そばの名店。イチオシはハマグリの大きさと旨さに驚く「はまぐりせいろう」。

見よ!この蛤の大きさを!!注文すると太った巨大サイズの蛤が、貝殻つきで3つものっているお蕎麦が出てきます。
汁の色が濃いため、濃い味を想像しますが、飲むとはまぐりの出汁がしっかりきいていて優しい味わいで、ほっこり癒されます。
「松茸そば」など季節によっておすすめメニューも登場するので、何度足を運んでも、新しい発見があり楽しめますよ。

▲『弁天』外観

■『弁天』
[住所]東京都台東区浅草3-21-8
[TEL]03-3874-4082
[営業時間]11時半~22時、日曜日:11時半~20時 ※売り切れ次第終了
[休日]水曜日
[アクセス]つくばエクスプレス 浅草駅から徒歩8分、東京メトロ銀座線、東武伊勢崎線、都営地下鉄浅草線 浅草駅から徒歩9分

焼肉・ステーキなど肉料理

『一頭買焼肉 玄 浅草本店』(つくばエクスプレス浅草駅A1口 徒歩1分)

▲松阪牛カルビ ランチ 1500円

「松阪牛がこの値段!?」と驚くが、 グループで築いた独自のルートを持つため、リーズナブルに提供できるそう。脂がのった松阪牛カルビの旨さもさることながら、セットで付くサラダやカレーのビュッフェが大好評。

コスパ抜群の焼肉ランチが食べられる超人気店がこちら!ほとんどのランチメニューが千円前後で、頬が落ちそうな松阪牛も食べることができるとは太っ腹ですよね♪
また、ランチについている特製のカレーは松坂牛や黒毛和牛がたっぷり入った贅沢な美味しさで、見逃せません!
子連れの方に嬉しいお子様ランチはなんとワンコインの500円。家族で訪れたいお店の1つです。

■『一頭買焼肉 玄 浅草本店』
[住所]東京都台東区浅草1-42-4
[TEL]03-5826-2929
[営業時間]11時半~23時 ※ランチタイム有
[休日]無休
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A1口から徒歩1分、地下鉄銀座線ほか浅草駅6番出口から徒歩6分

『ちんや亭』(銀座線・浅草駅1番出口 徒歩1分)

▲サイコロステーキ定食 ちょい食べサイズ70g 1,650円、レギュラーサイズ140g 2,600円

明治13年創業のすき焼きの老舗。その地下1階では昼のみ営業するカウンターだけのカジュアルなレストランを構えている。

ステーキやすき焼き肉の成形の際に出る切れ端を使用するため、上質な肉をおトクに味わえる。ステーキは塩・コショウを振ってから焼き上がる直前に醤油とブランデーをかけ、香りよく仕上げる。

精肉店の地下にある直営レストラン。明治時代からのすき焼きのお店ですが、こちらのレストランでは、肉の切れ端とは思えないほど柔らかく肉汁たっぷりの「サイコロステーキ」や、薄切りの牛肉を丸めてロール状にしてから厚めに切った「ロールビーフ」など、こだわりぬいた色々な肉料理が味わえます!

どのメニューにもちょい食べというハーフサイズがあり、肉の食べ比べを楽しんでほしいというお店の意向がうかがえます。熟成させた黒毛和牛の味を堪能してください♪

▲『ちんや亭』店内の様子

■『ちんや亭』
[住所]東京都台東区浅草1-3-4 ちんやビル 地下1階
[TEL]03-3841-0010
[営業時間]11時半~16時(15時LO) ※ランチタイム有
[休日]火曜日・水曜日
[座席]カウンター16席 計16席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし
[アクセス]地下鉄銀座線ほか浅草駅1番出口から徒歩1分

『浅草今半 国際通り本店』(つくばエクスプレス・浅草駅A2出口 徒歩0分)

▲百年牛丼(赤出汁、香の物付き)1500円

創業100周年時に考案された特別な牛丼。厳選された国産黒毛和牛のメスのみを使用し、良質な肉と奥深いタレの味わいが楽しめる1日20食の限定品。

誰もが知っている浅草の超有名店!100年以上も愛され続けているすき焼きがメインのお店で、プロが厳選した黒毛和牛と神戸牛のメスのみを使用しているというこだわりがあります。

すき焼きももちろん良いのですが、ランチにぜひ食べていただきたいのが、創業100年の節目に作られた「百年牛丼」!柔らかくて甘めに味付けされた高級なお肉とシャキシャキした食感を残したたまねぎ、しっかり味が染み込んだ豆腐がのっており、美味しいの一言では語りつくせない絶品です!もっと贅沢をしたいなら、「百年牛丼とステーキ丼」の二段重もあります!
他にも20食限定のメニューがいくつかあるので、早めに来店しましょう!!

大切な日のランチなら、お造りやすき焼きの「浅草今半御膳」もおすすめですよ♪

▲『浅草今半 国際通り本店』店内の様子

■『浅草今半 国際通り本店』
[住所]東京都台東区西浅草3-1-12
[TEL]03-3841-1114
[営業時間]11時半~21時半(20時半LO)※ランチは15時まで
[休日]無休
[座席]1階テーブル席:4席×4卓、6席×3卓、小上がり畳席4席×3卓、2階個室:2席×2卓、4席×1卓、6席×2卓、10席×1卓、3階大広間:48席、特別室:10席×4室 計164席 ※昼は1階・3階のみ/1・3階は全席禁煙(専用喫煙室あり)/ランチメニューは予約不可(「浅草今半御膳」を除く)/カード可/サひとりにつき5000円(税別)以上の場合10%
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅(A2出口)徒歩0分、地下鉄銀座線田原町3番出口から徒歩5分

寿司

『太助寿し』(つくばエクスプレス・浅草駅 徒歩5分)

▲天然生本マグロの1つ、大間産大トロ

浅草の「太助寿し」はかっぱ橋本通りに店を構えて50年。

天然生本マグロは、大間や戸井、紀州勝浦産などを季節により使い分け、10月から1月にかけては一本釣りで釣った最高級の大間産が登場。

こだわりの新鮮なネタが味わえる江戸前寿司のお店です。本マグロの中でも日本一と名高い「大間マグロ」は、赤身を食べても他のマグロとは別格の、濃い旨味が特徴で、大人気!北海道産のうにも上質で甘みがあるので、うにが苦手な人でも美味しく食べられてしまう美味しさです♪
1階には欅の一本木で作られた立派なカウンター、2階の宴会場、個室の3階とシーンに合わせて利用できますよ。

▲『太助寿し』店内の様子

■『太助寿し』
[住所]東京都台東区松が谷2-26-6
[TEL]03-3841-4811
[営業時間]11時30分~22時30分(22時LO.)
[休日]水曜日
[座席]カウンター11席、小上がりテーブル4席×1卓、個室4室 計84席/個室のみ喫煙可/カード可/17時以降は予約可/サなし
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅より徒歩5分 ※ランチタイム有

とんかつ

『とんかつ 藤芳 駅前店』(浅草橋駅西口 徒歩1分)

▲バラかつ定食 900円

▲コロッケ定食 800円

「バラかつ定食」は、脂身を堪能したい人に特におすすめ。自家製ポン酢にはニンニクも入り、さっぱり感と豊かな風味、コクを生み出している。

「コロッケ定食」は、まずはそのまま食べてほしい。祖父が営んでいた精肉店でのレシピを元にしたコロッケは、口に含めば醤油がほんのりと香り、十分に美味なのだ。

気軽に入りやすい雰囲気で、店内に入ると揚げ物の良い香りが食欲をそそる、とんかつのお店です!
バラ肉を使った「バラカツ」が大人気!やわらかい食感と、脂の多さが魅力的!ニンニクの風味がたまらず食事が進みます。他ではなかなか食べられない逸品です。

その他のフライも充実していて、ぜひ食べてほしいのが「コロッケ」。隠し味にはカツ丼のつゆを使っており、深みのある味に仕上がっています♪

▲『とんかつ 藤芳 駅前店』店内の様子

■『とんかつ 藤芳 駅前店』
[住所]東京都台東区浅草橋1-11-4
[TEL]03-3865-2144
[営業時間]11時~15時、17時半~21時 ※ランチタイム有 [休日]日曜日・祝日
[座席]1階16席、2階20席 計36席/昼は全席禁煙/夜のみ予約可/カード不可/サ・お通し代なし
[アクセス]JR総武線ほか浅草橋駅西口から徒歩1分

『河金 千束店』(つくばエクスプレス・浅草駅 徒歩15分)

▲河金丼(カツカレー)800円

ご飯、キャベツの千切り、カツ、そしてカレーと丼の中が4層になった「河金丼」。カツには国産豚のもも肉を使用し、そこに豚コマ、玉ネギというシンプルな具材で懐かしさを覚えるカレーがとろり。

元祖カツカレーでその名が知られるお店!名物の「河金丼(かわきんどん)」は、カツに国産の豚もも肉を使っていますが、お好みでロースやヒレカツにすることもできます。
サクサクの軽い衣と甘みのある肉のカツに、豚や玉ねぎが入った日本人の好きなカレーの味。さらに千切りキャベツのしゃきしゃきとした歯ごたえが爽やかさをプラスして、やみつきになること間違いなしですよ。
ランチには鶏の唐揚げも付いてきて、お得さも満点です!

▲『河金 千束店』外観

■『河金 千束店』(かわきん)
[住所]東京都台東区浅草5-16-11
[TEL]03-3872-0794
[営業時間]11時~20時※ランチタイム有
[休日]土曜日
[アクセス]浅草駅徒歩15分

和食・日本料理・定食

『よし田』(浅草橋駅東口 徒歩2分)

▲鰻重(上) 3456円

活きたまま仕入れる質の高い国産鰻を、注文後に割き始めるのが店主の信条だ。割きたて、蒸したて、焼きたての鰻重と、独創的な料理で贅沢な時を堪能してます。

うな重は、蓋をあけると食欲を刺激する香りが湯気と共にあふれ出し、身をふっくらと焼き上げる職人の技をしみじみと感じさせる。

国産の鰻を、注文が入ってから割いて料理してくれるこだわりのお店。長い間つぎ足してきたタレはまろやかでコクがあり、やわらかく脂ののったうなぎによく合います。
白焼きをミョウガや大葉などの薬味と酢のタレで食べるうなぎのたたきや、このお店オリジナルの鰻の味噌漬け「よ多漬」も人気です。

▲『よし田』外観

■『よし田』
[住所]東京都台東区柳橋1-26-10 吉田ビル1階
[TEL]03-3851-7802
[営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~21時(20時半LO)、土曜日は~20時(19時半LO) ※ランチタイム有
[休日]日曜日・月曜日・祝日
[座席]カウンター9席、小上がり6席×1卓、4席×1卓 計19席/喫煙可/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]JR総武線浅草橋駅東口から徒歩2分

『割烹家一直』(つくばエクスプレス・浅草駅A1出口 徒歩6分)

▲鯛茶漬け 2000円

明治11年創業。浅草でも指折りの老舗料亭、高級割烹として歴史を重ねた日本料理を、気負わずに味わえるランチが評判だ。

「鯛茶漬け」は、小鉢で付く豚の角煮もファンが多い一品。魚沼産コシヒカリのご飯はお代わりできる。

綺麗に並べられた鯛のお刺身が美しい!まずはゴマダレに付けてそのままいただき、「鯛茶漬けお願いします!」と店員さんに声をかけると、残っているお刺身でその場でささっと茶漬けを作ってくれます♪あっさりながらも鯛の濃い味を感じられ、するすっとあっという間に食べきってしまいます。
お酒とともにも味わいたいですね!

▲『割烹家一直』店内の様子

■『割烹家一直』(いちなお)
[住所]東京都台東区浅草3-8-6
[TEL]03-3874-3033
[営業時間]11時半~23時(ランチは13時半L.O.)
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンター8席、お座敷約10席×1卓、計約18席/昼は全席禁煙/夜は完全予約制/夜のみカード可/昼はサなし、夜はサ15%別
[アクセス]地下鉄銀座線ほか浅草駅1番出口から徒歩10分、つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩6分

『釜めしむつみ』(銀座線・浅草駅6番出口 徒歩8分)

▲釜めし 海鮮 2160円

定番は鶏、あさり、エビなどを炊き込んだ「五目」(1080円)。写真の「海鮮」や「生うに」(2376円)など贅沢な釜めしも人気。注文から約30分かかるため、事前に予約をするか、時間に余裕をもって訪れたい。

▲『釜めしむつみ』外観

■『釜めしむつみ』
[住所]東京都台東区浅草3-32-4
[TEL]03-3874-0600
[営業時間]11時半~22時
[休日]水曜日、隔週火曜日 ※祝の場合営業
[アクセス]東京メトロ銀座線 浅草駅6番出口から徒歩8分、つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩7分

『浅草 水口食堂』(銀座線・浅草駅/田原町駅 徒歩7分)

▲メニューの一例。「ハムエッグ」は、定食では980円で味わえる。

大衆演劇の聖地・浅草六区にて創業60年以上、昭和の雰囲気も懐かしいザ・定食屋が「浅草 水口食堂」である。
いわゆる“定食屋メニュー”をコンプリートせんとばかりに並ぶメニューは100種類以上。

1950年創業の老舗は観光客も多く訪れる人気店で、日曜日営業しているので常に人で溢れています。
メニューが豊富でその数なんと100種類以上!単品でも定食でも注文できるので、ごはんやお味噌汁と一緒にランチとして食べるのもいいですが、休日には単品とお酒で一杯やるのもいいですね♪
まぐろの刺身やブツ切りは量も多めで、開店当初からのサービスメニューとして親しまれています。自家製ポテトサラダや一番人気の「いり豚」もどうぞ♪

▲『浅草 水口食堂』外観

■『浅草 水口食堂』
[住所]東京都台東区浅草2-4-9
[TEL]03-3844-2725
[営業時間]10時〜21時半(21時LO)、土曜日・日曜日:9時~
[休日]水曜日
[座席]90席(2階席、お座敷あり)/カード可(3000円以上)/予約可/サなし
[アクセス]地下鉄銀座線ほか浅草駅より徒歩7分、田原町駅から徒歩7分

『京もつ鍋 亀八』(つくばエクスプレス・浅草駅A1出口 徒歩1分)

▲本家京もつ鍋「白」(ランチでは【京もつ鍋御膳】が食べられます!1,780円)

冬場は予約でいつも満席という京都の人気店が東京に進出。
鍋には、近江牛をメインに、黒毛和牛のモツがたっぷり入っている。スープは甘めの白味噌にモツから出た旨みが溶け合い、最後まで飲み干したくなる。

お昼から美味しいもつ鍋が食べられる、貴重なお店がこちら!お鍋料理は2人前からというお店が多い中、こちらでは1人前を御膳として出してくれるので、自分のペースで味わいながらゆっくりと食べられる。
まずはスープを一口飲んでほしい。ニンニクがきいていて、ベースの味噌とマッチし、たまらなく美味しい!透明感のあるホルモンは、プルプルしていて臭みもなく、どんどん食べ進んでしまう!〆には、ご飯かちゃんぽん麺を選択できるのもいいですね。

▲『京もつ鍋 亀八』外観

■『京もつ鍋 亀八』
[住所]東京都台東区浅草2-6-7 まるごとにっぽん4階
[TEL]03-3844-1811
[営業時間]11時〜15時(14時LO)、17時〜23時(フード22時LO、ドリンク22時半LO)
[休日]「まるごとにっぽん」の定休日に準ずる
[座席]カウンター6席、テーブル4席×9卓 計42席/全席禁煙/カード可/ディナータイムのみ予約可/お通し400円別
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩1分

イタリアン

『ブラカリ』(銀座線・浅草駅 徒歩8分)

▲手打ちパスタランチコース 2000円

トスカーナのミシュラン二ツ星店などで実績を上げたシェフが、2016年5月にオープン。ランチは1296円~。毎日3~4種類用意する本格派手打ちパスタに、前菜やデザートなどがつくコースがお値打ち。

品の良いおしゃれな雰囲気のこちらお店は、ヨーロッパミシュランの2つ星を獲得した名店から名前を使うことを許された、唯一の日本人シェフのお店です!本場のイタリアンがリーズナブルに食べられて、デートや誕生日などにもおすすめ。
ランチには予算別で1200円のパスタセットから、写真の日替わり手打ちパスタのコース、旬の食材を使った季節のコースなど3~4種類あり、グラスワインなどお酒も楽しめますよ!

▲『ブラカリ』外観

■『ブラカリ』
[住所]東京都台東区浅草3-27-9
[TEL]03-6379-3367
[営業時間]11時半~14時LO、17時45分~21時半LO ※ランチタイム有
[休日]月曜日
[アクセス]東京メトロ銀座線、浅草線浅草駅から徒歩7分、つくばエクスプレス浅草駅から徒歩11分

『スパゲッティストア カルボ』(つくばエクスプレス・浅草駅 徒歩7分)

▲カルボ中 700円+塩豚セット 300円

「ロメスパ」という言葉をご存知でしょうか?素早く提供すべく、極太の麺をあらかじめ茹で置き、具とともに炒めて調理するスパゲッティのお店を「ロメスパ」と言います。

こちらはその「ロメスパ」としても有名なお店で、インパクトある看板が目印!茹でた麺を炒めて作る焼きパスタのお店です。
メニューも独特で、クリームのカルボ、ミート、ナポリ、ミカドの4種類をベースに、半熟卵や自家製塩豚などのトッピングをチョイスするスタイル!香ばしいスパゲティはクセになる味で、大中小から麺の量も選ぶことができます。
カウンターがあるのでひとりでも行きやすいのもいいですね!

■『スパゲッティストア カルボ』
[住所]東京都台東区浅草3-42-6 大島ビル1F
[TEL]03-5603-0203
[営業時間]11時半~14時半、17時半~22時 ※ランチタイム有
[休日]火曜日
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅徒歩7分

ラーメン

『麺 みつヰ』(つくばエクスプレス・浅草駅国際通り出口B 徒歩3分)

▲醤油(細麺)+味玉 800円+100円

ラーメンは醤油、塩、おろしそば(冷)の3種類で、醤油と塩は細麺か中太手もみ麺を選ぶスタイル。
しっとりしたロースと柔らかなバラ肉の2種のチャーシューも激旨。メンマのほかにレンコンが入るのも独特!

行列ができる超有名なラーメン店!鶏と魚介の醤油味のスープが優しく丸みのある味で、最後の1滴まで飲み干してしまうほど旨い!チャーシューはもファンが多く、しっとりロースと、炙りのバラの2種類が入っていて、異なる食感が味わえるのも嬉しいですね。
自家製の揚げたてのカツが乗った「ソースカツ丼」も一緒に頼む人が多いとのこと!売り切れ次第終了なので、早めの来店がおすすめです!

▲『麺 みつヰ』外観

■『麺 みつヰ』
[住所]東京都台東区西浅草2-10-4あけぼのビル1B
[TEL]非公開
[営業時間]11時~14時半、17時半~21時、日・祝11時~16時 ※ランチタイム有
[休日]月曜日(祝の場合は営業、翌火曜日)、第4火曜日
[アクセス]つくばエクスプレス線浅草駅国際通り出口B 徒歩3分

『ソラノイロ Factory&Labo 浅草橋店』(浅草橋駅東口 徒歩2分)

▲ベジ郎(豚) 1000円 ※パーコートッピング

「圧倒的なボリューム」、「飾り気のない店内」、「呪文のような独特の注文方法」など、女性やビギナーにとっては何かとハードルの高い二郎系ラーメンを、ソラノイロ流にインスパイア。カフェ風のオシャレな店内で出される「ベジ郎」には、その名にふさわしく、旬の野菜がたっぷりのる。

かの有名な二郎系ラーメンのファンなら絶対に外せないお店がこちら!カフェのような、ラーメン屋らしからぬ外観は、女性でも入りやすいようにと配慮されていることが一目瞭然!カウンターのみのお店になっています。
ラーメンは量の選択ができるので、少なめが良い方も、たくさん食べる方や男性でも満足できます。豚骨スープはこってりしすぎず最後まで美味しく味わえます。
たっぷりの季節の野菜と豚肉を乗せた写真の「ベジ郎」が看板メニュー。豚増しや鶏肉バージョンなどトッピングも豊富ですよ!

▲『ソラノイロ Factory&Labo 浅草橋店』店内の様子

■『ソラノイロ Factory&Labo 浅草橋店』
[住所]東京都台東区柳橋2-6-8 南ビル1階
[TEL]03-5839-2565
[営業時間]11時半~15時(LO)※ランチタイム有
[休日]不定期営業
[アクセス]JR総武線ほか浅草橋駅東口から徒歩2分

ホテルのビュッフェ

『スカイグリルブッフェ武藏』(つくばエクスプレス浅草駅直結)

▲ランチ 1人3600円 、土・日・祝4200円

店内に入ってまず目を引くのは窓からのこの絶景だ。観光客を含め連日賑わいを見せるが、人気の理由はそのロケーションだけではない。他にはない独特なブッフェスタイルだ。
こちらではほぼすべての料理がライブキッチンで作られている。店内で立ち働く料理人は数十名。和・洋・中・スイーツのどのジャンルも専門の料理人が目の前で調理しているため、客側はまるで厨房にお邪魔しているような感覚だ。

▲『スカイグリルブッフェ武藏』キッチン

ホテルの高層階で食べるランチ、しかもスカイツリーが見えるなんて、最高ですよね!こちらのお店ではその贅沢が味わえます!
ビュッフェ形式で、イタリアンから和食、スイーツを心ゆくまで堪能できます。しかも調理しているところを目の前で観ることができるので、五感をすべて使って料理を楽しむことができるのも魅力的!
もちろん各ジャンルのシェフが作るのでその味はお墨付きです。

▲『スカイグリルブッフェ武藏』店内の様子

■『スカイグリルブッフェ武藏』
[住所]東京都台東区西浅草3-17-1 浅草ビューホテル26F
[TEL]03-3842-6341
[営業時間]ランチブッフェ 第1部:11時半~13時、第2部:13時15分~15時
[休日]無休
[座席]200席(プレミアムペアシート、半個室は有料席)/全席禁煙(喫煙ルームあり)/予約可/カード可/サ10%
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅に直結、東京メトロ田原町駅より徒歩7分

『櫻花』(銀座線・浅草駅7番出口 徒歩5分)

▲ランチビュッフェ 1500円

ランチビュッフェといえば、まず思い浮かぶのが高級ホテルのそれ。しかし最近では、ビジネスホテルも手頃な価格帯を武器に参戦しはじめているのだ。

まずは色とりどりの野菜が並ぶサラダ台でビタミンチャージ。目を見張るのが惣菜コーナーで、自家製ローストビーフ(orローストポーク)に、スープ&欧風の2種類のカレーや蕎麦など、大充実のラインナップ。

ビジネスホテルでお気軽に食べられる、味も価格も満足の食べ放題ランチを実施しているのがこちら!
メイン料理は自家製のローストビーフ♪他にも豊富な種類のサラダ、旬の食材を使った天ぷらと、この安さで目移りしてしまう豪華さにびっくりします!これで1500円は本当にお安いですよね!

▲『櫻花』店内の様子

■『櫻花』(さくら)
[住所]東京都台東区浅草2-33-7 ホテル ヴィアイン浅草1階
[TEL]03-5828-4350
[営業時間]7時~10時(9時半LO)、11時半~14時半(14時LO)※ランチタイム有
[休日]月曜日(貸切、不定休あり)
[アクセス]地下鉄銀座線ほか浅草駅7番出口から徒歩5分

各国の料理

中華料理『あさひ』(銀座線・浅草駅6番出口 徒歩10分)

▲五目冷やしそば 1100円

浅草観音裏に、高い実力に唸る町の中華料理屋がある、『あさひ』だ。
中華そばに肉団子、パクチーラーメンなど、どれを注文しても外れはないが、とりわけ「冷やしそば」は秀逸。
もともと夏季限定だった冷やしそば各種は、客の熱烈な要望で、今や通年楽しめる名物となっている。

1年中「冷やし中華」を楽しむことができるのがこちらのお店。なると、たまご、キュウリが彩りよくトッピングされ、酸っぱいタレが麺や具材とよく絡んでいて、「そうそう!この味が食べたかったんだ!」と笑みを浮かべ再認識しながら食べきってしまう美味しさなんです!
辛いのが好きな方は、豆板醤がのった「四川冷やしそば」を召し上がれ♪

▲『中華料理 あさひ』店内の様子

■『中華料理 あさひ』
[住所]東京都台東区浅草3-33-6
[TEL]03-3874-4511
[営業時間]11時半~15時、17時半~21時
[休日]月曜日、第3火曜日
[座席]カウンター8席、テーブル12席 計20席/禁煙席なし/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]地下鉄銀座線浅草駅6番出口から徒歩10分 ※ランチタイム有

中華料理『十八番』(つくばエクスプレス・浅草駅A2出口 徒歩3分)

▲カニ玉丼 800円

使い込まれた赤いカウンターにこぢんまりしたテーブル席。昔ながらの町中華の佇まいが落ち着く。

「カニ玉丼」は、卵はふんわりとやさしく、中はしっとり。カニ缶と、ネギ、シイタケ、タケノコが入ってお約束のグリンピースがのる。レンゲで端から崩しながら、餡と絡めてひと口、またひと口。う~ん、なんとも癒しの味わいなのだ。

昔からある中華料理屋さんは、歴史を感じる外観から美味しそうな雰囲気が漂ってきます♪定食や麺類などは1000円以内で食べられるので、気軽に入りやすいのもいい!
かに玉が乗った天津丼はふわふわ卵と醤油味の餡がベストマッチ。彩りきれいな酸辣湯麺はお酢の酸味に爽やかなトマトの酸味、ラー油の程よい辛さが絶妙でクセになる、注文の多いメニューです。

▲『十八番』外観

■『十八番』
[住所]東京都台東区西浅草2-18-7
[TEL]03-3844-0108
[営業時間]11時~16時、17時半~21時 ※ランチタイム有
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンタ−7席、テーブル12席 計19席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A2出口から徒歩3分

タイ料理『タイレストランSmile Thailand』(浅草橋駅西口 徒歩30秒)

▲トムヤムクンヌードル ランチ1050円

トムヤムクンヌードルは、エビのダシを利かせた濃厚でクリーミーなスープに、やや細めのライスヌードルが絶妙の相性。辛さを4段階で調節できるので、激辛が好きな人はぜひ挑戦を。
具はエビとふくろ茸、モヤシ、ネギ。ナンプラー、粉唐辛子、酢漬けの唐辛子、砂糖の4種類の調味料で味を調整して召し上がれ。

駅からすぐのこちらの店は、カジュアルで可愛らしいタイ料理のお店!カウンターもあって一人でも入りやすい雰囲気です。
おいしいトムヤムクンヌードルが食べられるので、タイ料理が初めての人にもぜひ足を運んでほしいところ。海老の旨みがたっぷりのスープは食べだすと止まりません。
ランチでは、ジャスミンライス、生春巻き1本、日替りのお茶が付いています。
トムヤムクンスープを使った炒飯やピリ辛ガパオライスもおすすめです!

▲『タイレストランSmile Thailand』店内の様子

■『タイレストランSmile Thailand』
[住所]東京都台東区浅草橋1-22-3 FIVE-I1階
[TEL]03-5839-2852
[営業時間]11時~15時半(15時LO)、17時~23時(22時半LO)
[休日]無休
[座席]カウンター5席、テーブル2席×5卓、4席×4卓 計31席/全席禁煙/夜のみ予約可/夜のみカード可/サなし
[アクセス]JR総武線浅草橋駅西口から徒歩30秒、都営浅草線浅草橋駅A3出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

喫茶店の隠れた名物ランチ

『ローヤル珈琲店』の"ローヤルサンド"(銀座線・浅草駅1番出口 徒歩5分)

▲ローヤルサンド

浅草を代表する老舗喫茶店!当時の面影を残す豪奢な造りの店内でいただくのはサンドイッチ。
トーストしたイギリスパンで作るローヤルサンドは、ハムとチェダーチーズにトマトやレタスなどの生野菜をサンド。気泡をたっぷりふくんだフワフワのパンは、焼けばサクッとした軽やかな食感に変化する。

広めの店内は品のあるレトロな空間で、ゆったりとコーヒーを飲むのにとてもいい雰囲気です。
焼くとサクふわになるイギリスパンで作られる「ローヤルサンド」や、「ホットサンド」は大人気のメニュー!シンプルな具材ですが、食べ応えがあります一緒にサラダがついてくるのも嬉しいですよね。
自家焙煎の珈琲に100%乳脂肪生クリームをたっぷり入れた、おすすめの「ロワイヤル珈琲」と一緒にどうぞ!

▲『ローヤル珈琲店』店内の様子

■『ローヤル珈琲店』
[住所]東京都台東区浅草1-39-7
[TEL]03-3844-3012
[営業時間]7時20分~20時(19時半LO)※ランチタイム有
[休日]無休
[座席]テーブル60席/喫煙可、土・日・祝は全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]地下鉄銀座線ほか浅草駅1番出口から徒歩5分

『デンキヤホール』(つくばエクスプレス・浅草駅 徒歩約10分)

▲ナポリタン 650円

創業が1903年という老舗店。田舎じるこのような「ゆであずき」、焼きそばを薄焼き玉子で巻いた、元祖「オム巻き」が名物。実は「ナポリタン」もファンの多い人気メニュー!中太麺を使い、ハムやピーマン、玉ねぎなどの具材がたっぷりと入る上品な味わい。

その外観からも老舗の貫録が漂う創業100年のお店。どれもクオリティが高いと評判のフードメニューをぜひランチに味わってほしいです!
お皿一杯に出てくるボリューミーな「ナポリタン」は、ケチャップの味付け具合がちょうどよく、麺の固さもなんともいえぬ良い加減で、くせになります。
濃厚な太麺焼きそばを薄焼き玉子で巻いた「元祖オムマキ」は名物メニューで、たくさんのファンがいます!他にも、北海道産の大納言という小豆を使った、田舎じるこのようなゆであずきは、昔からしっかりと受け継がれてきた歴史あるオリジナルの美味しさですよ。

■『デンキヤホール』
[住所]東京都台東区浅草4-20-3
[TEL]03-3875-2987
[営業時間]9時~21時
[休日]水曜日
[アクセス]つくばエクスプレス「浅草」駅から徒歩約10分

『ピーター』の“カレーライス”(つくばエクスプレス・浅草駅A2出口 徒歩3分)

▲カレーライス

昭和41(1966)年開店のこの店の名物は、ママの左東さんがルウから手作りするカレーライスだ。ニンジン、ジャガイモ、玉ネギが入った昭和の王道ポークカレーはスパイスが効いた辛口。

昭和レトロ感満載の喫茶店。お店の看板メニューは、ルウから手作りするというカレーライスです。具材はオーソドックスなニンジンや玉ねぎ、じゃがいもなど。鰹や昆布の出汁で具材を煮込んでいるので、食べると出汁の風味がほのかに香ります。
食後には、昭和60年に描かれたという壁画を眺めながら、宮内庁御用達のブレンドコーヒーを飲むのがおすすめ。

▲『ピーター』店内の様子

■『ピーター』
[住所]東京都台東区西浅草3-13-1
[TEL]03-3844-5984
[営業時間]10時~23時(22時半LO)、祝12時~20時(19時半LO) ※ランチタイム有
[休日]日曜日
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅徒歩3分

『喫茶ニューライト』の"ナポリタン"( 銀座線・浅草駅 徒歩1分)

▲ナポリタン 950円

浅草寺の近くで50年近く営業している軽食、定食も充実している喫茶店。ナポリタンは、太麺を使い、ややケチャップを多めに使った家庭的な味わいで美味。
ここにダシの効いた味噌汁がつくのが、なんとも昭和的でうれしい。

軽食や甘味のメニューが豊富な、昭和の雰囲気漂う純喫茶では、太麺のもっちりしたナポリタンがどこか懐かしい味がして癒されます。洋食なのにお味噌汁がついてくるところも、ミスマッチがゆえに心がほっこり♪

他にもミックスサンドや玉子サンドは、素朴で優しい味がたまらないと、注文する人が多いメニューです!鮮やかな黄色が食欲をそそるオムライスは童心に返れるかも?!

■『喫茶ニューライト』
[住所]東京都台東区浅草1-33-4
[TEL]03-3841-5524
[営業時間]9時~17時半
[休日]無休
[アクセス]東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩1分

『コーヒーショップペガサス』の“ピザトースト”(つくばエクスプレス・浅草駅A2 徒歩1分)

▲ピザトースト 1080円

昭和31年創業の「コーヒーショップペガサス 」がピザトーストを始めたのは昭和40年ごろ。
パンの厚さ4cm。チーズの下にはハム、ピーマン、コーン、玉ねぎがどっさりと。見た目はヘビーで満腹感もあるが、食後感は不思議と軽い。

昭和40年頃からピザトーストを出しているという、歴史あるレトロな喫茶店がこちら!分厚いパンにたっぷりの具とチーズが載っていて、ボリューミーなのにぺろりと食べられるから不思議。
他にも細めの麺にトマトソースが絡んだナポリタンや、シンプルなチョコレートパフェなど昔ながらのメニューが楽しめます。朝はモーニングもありますよ!

▲『コーヒーショップペガサス』外観

■『コーヒーショップペガサス』
[住所]東京都台東区西浅草3-1-10
[TEL]03-3844-6963
[営業時間]9時~24時
[休日]無休
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A2 徒歩1分

パン屋・サンドイッチ専門店

『SHIGERU KITCHEN』(浅草橋駅東口 徒歩3分)

▲Torishige Tsukune Tare 980円

近所で働く人や住民が行き交う路地に漂う香ばしい匂い。焼鳥店?と思いきや、サンドイッチ専門店だった。

写真のTorishige Tsukune Tareは、「ハンバーグのよう」と称されるこぶし大のつくねをサンド。水を一切使わず継ぎ足す『鳥茂』の秘伝のタレをかける。甘みを抑えた味が特徴だ。

子どもも大人も大好きな鉄板の味といえば、「やきとりのタレの味」や「照り焼き味」ではないでしょうか?その味をサンドイッチで堪能できるのが、こちらのお店。人気の鶏料理店とベーカリーを合わせて、絶品サンドイッチを完成させました。

おすすめは大きなつくねをサンドし、甘めの秘伝ダレを使ったつくねサンド。ふわっとしたつくねの感触とタレが絶妙に絡み合い、ペロッと食べてしまいます。
他にも、鶏肉とカレーを和えた具がぎっしり入ったものや、インスタ映えしそうな色合いのアボカドとカッテージチーズなど、どれも満腹になるボリュームです。
持ち帰りもできるので、お土産にもどうぞ!

▲『SHIGERU KITCHEN』外観

■『SHIGERU KITCHEN』
[住所]東京都台東区柳橋1-32-8
[TEL]03-3866-9741
[営業時間]11時半~14時 、土曜日:11時半~23時
[休日]木曜日・日曜日
[アクセス]JR総武線ほか浅草橋駅東口から徒歩3分

『あんですMATOBA』(銀座線・浅草駅 徒歩15分)

▲一番人気の「こしあんぱん」

▲シベリヤ 220円

製餡の専門店が営むベーカリー。定番の「こしあんぱん」のほか、「かぼちゃあんぱん」、「珈琲あんぱん」、(各160円)など、その数なんと20種類以上!

製餡所のあんこを使用したアンパンを販売している大人気のお店!数々のテレビや雑誌にも紹介されるほどの有名店です。
お店にはさらりとした口当たりが特徴の定番の「こしあんぱん」のほか、「白あんぱん」「メロンあんぱん」「かぼちゃあんぱん」「フランスあんぱん」「二色豆ぱん」など、聞いているだけでワクワクしてくるたくさんのラインナップで、選ぶのも楽しいです♪
お子様に人気の「あんぱんまん」もあり、中にはちゃんとこしあんがぎっしり詰まっています。
惣菜パンも揃っているので、あんぱんとともにテイクアウトして、天気の良い日は外で食べるのもいいですね!

▲『あんですMATOBA』外観

■『あんですMATOBA』
[住所]東京都台東区浅草3-3-2
[TEL]03-3876-2569
[営業時間]8時~18時半
[休]日曜日・祝日
[アクセス]都営地下鉄浅草駅徒歩15分、東武鉄道浅草駅 / 営団地下鉄浅草駅徒歩10分、バス浅草2丁目停留所前

焼きそば

『花家』『浅草浪花家』『デンキヤホール』『福ちゃん』

▲『花家』のやきそば

浅草には美味しい焼きそばが食べられるお店もたくさんあります!家庭でのお昼ご飯のメニューとしても定番だと思いますが、ここでご紹介する焼きそばは、飾らない町の風景をそのまま味にしたような、素朴だけどあたたかいやさしい味のものばかり!

▲銀皿にのって出てくる『福ちゃん』の「玉子入焼きそば」

まとメシでには、グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが食べ歩いて実食調査した「焼きそば」のまとめ記事もありますので、ぜひこちらもご覧ください!

おわりに

美味しい飲食店が立ち並ぶ浅草のおすすめランチをご紹介してきましたが、行ってみたいお店は見つかりましたか?
お天気が良い日に、観光しながらぜひお店に足を運んでみてくださいね♪

※お店の情報は、2016年7月号発売時点の情報を元にしています。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
吉祥寺エリアで絶対に外せないお昼ごはんとは?!人気グルメ情報誌「おとなの週末」の編集スタッフが食べ歩いて見つけた、安いお店はもちろん、ひとりで気軽に入りやすい所、子連れOKの所など、ぜひ行ってほしいおすすめのお店を厳選してまとめました。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
おしゃれな街「恵比寿」のランチ情報をまとめました。すべて人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査をして発見した、自信をもっておすすめできるお店ばかり!おしゃれなお店からひとりでも気軽に入りやすいお店まで、一挙ご紹介します!
こどもの国やリス園などの遊び場が豊富にあり、おしゃれなお店や古着屋さんも立ち並ぶ【町田エリア】で、和食など人気ジャンルの注目のランチ情報を厳選してご紹介!気になる個室、子連れ、ひとりで入りやすい等の詳細も掲載!
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
401views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt