MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大井町 グルメ|大井町を人気グルメ雑誌編集部が食べ歩いて見つけたおすすめ店

大井町 グルメ|大井町を人気グルメ雑誌編集部が食べ歩いて見つけたおすすめ店

「大井町のグルメ」のグルメ取材記事と写真のページ。人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが大井町エリアを覆面調査で発見した、本当におすすめ店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報です。トンカツ店、洋食店、バー、立ち飲み、焼き鳥店、スナックまでとっておきのグルメ情報を紹介しております。

とんかつ丸八 支店(とんかつ/大井町駅 徒歩4分)

卵重ねづけの独特の衣が味わい深い「丸八」のとんかつ
おとなの週末「ご馳走とんかつ厳選7店」に選ばれたおすすめの1店舗!大井町のとんかつ丸八 支店(まるはちとんかつ)は昭和の人情食堂の趣きがある。
夫婦で切り盛りする温かな雰囲気と、抜群の量と質で長年愛されている。上質なラードを使い、低温から揚げ始めて高温で仕上げるとんかつは、衣が特徴。片面だけ卵を二度づけし、上の衣は黄身を抱えてふんわり厚めに、底は薄くサクサク食感に仕上げ、上下で衣の厚さを変えているのだ。これがジューシーな豚肉と絶妙なハーモニーを醸し出す。

上ロースかつ定食 1650円

[店]とんかつ丸八 支店
[住]東京都品川区南品川6-11-28 ☎03-3471-5689 
[営]11時~14時、17時~21時 
[休]月 
[席]1階:カウンター8席、2階:座敷テーブル4席×4卓 計24席/全席禁煙/貸し切りのみ予約可/カード不可/サなし 
[交]JR京浜東北線、東急大井町線ほか大井町駅西口から徒歩約4分 ※ランチタイム有

ハピネス(洋食/大井町駅 徒歩7分)

ハピネスのナポリタンは迫力の500gも気がつけばペロリの旨さ
うず高く盛り付けられた太麺スパゲティは、重量なんと500g。ひと晩寝かせたもっちり麺を具材、ケチャップとしっかり炒め和え、旨みを吸収させる。さらに途中で麺が冷めぬよう熱々の鉄板で提供する。1971年創業の洋食屋の変わらぬ味は、食べ飽きることのない美味しさ。

ナポリタン 850円

[店]ハピネス
[住]東京都品川区大井3-4-1 ☎03-3775-5825 
[営]9時~11時(トーストのみ)、11時半~14時、17時半~23時LO 
[休]日、年末年始 ※ランチタイム有

シュガータウン(バー/大井町駅 徒歩3分)

店内は見渡す限りレコードの嵐!昭和歌謡バー
店内は見渡す限りレコードの嵐。シングル盤やLPなどおよそ2万枚(当社調べ)の中からリクエストを聞いてスタッフが探し出す。かなりの希少盤やドラマの主題歌、マニアも喜ぶ名盤まで幅広い。もはや昭和歌謡の殿堂と呼びたい。

[店]シュガータウン
[住]東京都品川区東大井6-2-2/☎03-3766-3305 
[営]20時~翌2時、日は〜24時 
[休]月、年末年始 
[席]カウンター5席、テーブル6席、計11席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、チャージあり650円 
[交]JRほか大井町駅西口から徒歩3分

スナック 梅熹(スナック)

笑顔があふれ、歌声が響く昭和な癒し空間
この地に店を構えて38年。得意料理は玉子焼きにモツ煮という晶子ママが切り盛りする店。主に会社帰りに立ち寄るビジネスマンが通う。

[店]スナック 梅熹
[住]東京都品川区大井1-1-16 オーイ地下飲食街 ☎03-3776-6122 
[営]18時~24時 
[休]日・祝 チャージ3000円、ボトル3000円~

立ち呑み8(立ち飲み居酒屋/大井町駅 徒歩5分)

今までなかった立ち呑み界の新しいベクトル
テーブル下に隠された小皿や箸の入る引き出し。壁に寄り掛かった時に楽に立っていられるちょっとしたデッパリ。効果的な間接照明。
多くの立ち呑み酒場が目指し続けるベクトル“安さ”とは、別の方向のベクトル“心地よさ”を追求した新しいタイプの立ち呑み。しかし店名に“立ち呑み”が入ることから判るように、立ち呑み本来の気軽さ、洒脱さは健在。そして凝った料理はどれも美味。立ち呑みの未来を見せつけられた想いがする。

[店]立ち呑み8
[住]東京都品川区東大井5-12-3 ☎03-6433-0606 
[営]17時~翌1時 
[休]不定休 
[交]JR京浜東北線ほか大井町駅徒歩5分 

昭和浪漫(焼き鳥/大井町駅 徒歩2分)

隊長、ラッピー発見であります!
絶妙な火入れの焼き鳥をいただける、昭和ムードたっぷりの店。名物の「チーズピー」(421円)は、たっぷりのチーズがとろける人気商品。
数量限定で早いときには20時前になくなることもあるので要注意。「ラッピー」はいわゆるラムネハイ。焼酎はたっぷりだが、爽やかさ、懐かしさと美味しさでぐいぐい進むはず。

[店]焼鳥 昭和浪漫
[住]東京都品川区東大井5-6-11 ☎03-6277-9955 
[営]17時~24時半(23時LO) 
[休]年末年始

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
東京駅でおすすめしたいカフェはたくさんあります!その中でも朝早く7時頃から夜遅く22時頃まで利用でき、スイーツも美味しいお店などをまとめました!料理写真、最寄り改札口からの徒歩時間、営業時間、定休日の情報も載っています。
更新: 2019-05-17 14:00:00
今回は、グルメライターが実際に食べ歩いて見つけた、恵比寿のぜひおすすめしたい絶品ラーメンを厳選してご紹介します。夜まで営業しているお店もご紹介しているので、シメの一杯としてもおすすめ!どのお店も必見です!
更新: 2019-05-07 11:09:12
池袋サンシャインシティ60通りの一角にある高いビルに囲まれたグルメ楽園「栄町通り」は、戦後の飲み屋街の雰囲気を残した80mほどの一本道。小規模ながらも、老舗から個性的な新店までさまざまな店があって面白い。
更新: 2019-04-17 12:11:04
錦糸町エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。ラーメン、カレー、ホットケーキ、寿司、うどん、ハンバーグなど、ランチにもディナーにも行きたくなる色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-15 18:30:00
下北沢エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。カレー、ステーキ、蕎麦、喫茶店など色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-12 18:30:00
最新の投稿
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt