MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
タイ屋台料理 チャンパーカフェ(タイ料理/新宿)

タイ屋台料理 チャンパーカフェ(タイ料理/新宿)

ご飯と麺を選べるハーフセットは終日提供。料理は日本人の舌に合わせた印象で「グリーンカレー」は辛さとまろやかさのバランスが秀逸だ。※ランチタイム有

タイ屋台料理 チャンパーカフェ(最寄駅:新宿駅)

柔らかいチキンとの相性が抜群。酒類も揃う。

ハーフ&ハーフセット(鶏肉のグリーンカレー、トムヤムクンつゆ麺)
1200円

タイ屋台料理 チャンパーカフェ

東京都新宿区歌舞伎町1-2-2 新宿サブナード 地下街 ☎03-3354-6222 [営]11時〜23時(22時LO)  [休]施設に準ずる [交]西武新宿線 西武新宿駅から徒歩1分、東京メトロ丸ノ内線 新宿駅から徒歩1分

電話番号 03-3354-6222
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「生スーパータイサワー」は焼酎を使ったオリジナルフローズンドリンク。「パッポン(レモン)」はレモンの風味が爽やかな一杯だ。
夏にピッタリの刺激的な辛さ恵比寿や麻布十番に店を構えるタイ料理専門店「ブルーパパイア タイランド 」が、「京橋エドグラン」に出店。タイ人シェフらが作る料理は、まさに本場の味。
 ガード下に突如現れる、タイの屋台を彷彿とさせる店。開放的な雰囲気のなかで本場さながらの味わいが楽しめると評判だ。
週末には、土日限定の「カオソイ」(ココナッツ風味のカレー麺)を求めてやってくるお客も多い、アジアンご飯とカレーの店。※ランチタイム有
暑い日はとくに食べたくなるタイ料理。行列の途切れない『西新宿 ソイナナ』は、昼も夜も全品680円でコスパが高い。※ランチタイム有
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
215views 脱メタボ
いやぁラグビーW杯2019日本大会、面白かったですねぇ。 日本戦はもちろん、ほかの国の試合も、できるだけ見せてもらい、楽しみました。 それにしても、すごかったのが南アフリカ。 で、思い出したのが南アフリカの鉄道。 10年以上前に乗った、プレトリアからケープタウンまでを走る豪華寝台列車ロボスレイルです……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt