MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
遊食豚彩いちにいさん(豚しゃぶ/日比谷)|肉質最高!黒豚と焼酎に酔える店

遊食豚彩いちにいさん(豚しゃぶ/日比谷)|肉質最高!黒豚と焼酎に酔える店

日比谷の豚しゃぶ店「遊食豚彩 いちにいさん」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。六白黒豚の香りと旨みを引き出す、そばつゆ仕立ての「黒豚しゃぶ」のほか、肉厚のカツや味噌漬け、角煮など、多彩な黒豚料理が味わえる。[交]地下鉄日比谷線ほか日比谷駅A4出口からすぐ、銀座駅から徒歩1分、JR有楽町駅から徒歩5分

遊食豚彩いちにいさん(最寄駅:日比谷駅)

六白黒豚の香りと旨みを引き出す、そばつゆ仕立ての「黒豚しゃぶ」のほか、肉厚のカツや味噌漬け、角煮など、多彩な黒豚料理が味わえる。

黒豚しゃぶ(単品)
3200円

一番人気の「黒豚しゃぶ(単品)」(写真は2人前)。注文は1人前から可能。刻みネギをたっぷりと入れたそばつゆでいただくスタイルはこのお店のオリジナル。〆は蕎麦でさっぱりと

黒豚とんとろ煮
980円

酒が進む黒豚のおつまみ。「黒豚とんとろ煮」(手前)、「やわらか豚足」(奥)。3種が飲み比べできる「利き焼酎セット」

やわらか豚足
880円

利き焼酎セット
980円

遊食豚彩いちにいさんの店舗情報

[住所]東京都千代田区有楽町1-6-4 千代田ビル2階 [TEL]03-3501-3123 [営業時間]11時半~22時半(ランチ11時30分~15時30分)、日・祭日は22時まで [休日]1月1日、2日 全80席 分煙(ランチ禁煙)/カード可/予約可(ランチ除く)/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか日比谷駅A4出口からすぐ

電話番号 03-3501-3123
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt