MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ルミネエストで食べるガッツリ系ハンバーガー!(ハンバーガー/新宿)

ルミネエストで食べるガッツリ系ハンバーガー!(ハンバーガー/新宿)

原宿の人気店『ザ グレート バーガー』がプロデュースする、ルミネエストの中でも高い人気を誇るアメリカンダイナー。すべてのバーガーとサンドイッチに付くフレンチフライ、ホワイト・胚芽・ブラウンの3種を揃えるサンドイッチのパンなど、自分好みに選べる。※ランチタイム有

THE SMILE(最寄駅:新宿駅)

トッピングも豊富で自由にカスタマイズできるのがうれしい。店内で手作りされるスイーツは、食事代わりにもできるほどボリューム満点。インテリアにもこだわった店内は、ポップとヴィンテージが共存する、駅ビル内とは思えない洒落た空間だ。

アボカドモッツァレラバーガー(ドリンク、ベビーリーフサラダ付き/昼)
1436円

天然酵母を使った特製のバンズは、パティから溢れる肉汁をしっかり受け止める。一番人気のバーガーは、モッツァレラの塩気とアボカドのクリーミーさが魅力。豪快にかぶりつきたい。ランチタイムには、ドリンクとサラダが付く。ドリンクはグラスワインも選べる

ニューヨークパストラミサンド
1814円

具材はシンプルにパストラミとマスタードのみで、素材の美味しさを実感。たっぷりサンドされたパストラミは食べ応え十分だ

パンケーキ with ミックスフルーツ&ホイップ
1490円

もちもち食感のパンケーキは甘じょっぱさが特徴で、もっちりの秘密はヨーグルト。添えられたバターは自家製でホイップされたものを使用。メープルシロップはかけ放題なので、甘・酸のループにハマるだろう

ブルックリンラガー
918円

ドリンク類も充実していて、クラフトビールは現在14種。季節限定メニューもあり、「夏野菜キーマカレーバーガー」(1566円)の3種類は2016年8月いっぱいまで提供予定

テカテ
918円

東京ブルース
972円

THE SMILE

東京都新宿区新宿3-38-1 7F ☎03-3353-5071 [営]11時〜23時(22時LO、ランチは16時まで) [休]施設に準ずる [席]全席禁煙/平日の5名以上のみ予約可/カード可/サなし

電話番号 03-3353-5071
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
西秋葉原『BURGER & MILKSHAKE CRANE』|キリッと美しいハンバーガーである。ふっかりしたバンズにジューシーなパテ、トマト、レタス、オニオン、マヨネーズ。
更新: 2018-12-12 12:00:00
マンチズ バーガー シャック|あのトランプ大統領が舌鼓を打ったハンバーガーとは一体どんな味なのか──。トランプ氏が食べた翌日、みんな気になったのか、定休日だった本店ではなく、虎ノ門の支店にお客さんが集中。開店から3時間半足らずで完売したそう。
更新: 2018-09-15 18:00:00
黒船襲来!アメリカ西海岸のダイナーのような活気ある雰囲気の店内で味わえるのは、豪快なグリル料理をはじめとしたカリフォルニア・キュイジーヌ。なかでもそのビジュアルも圧巻なのが「グラムズチーズバーガー」だ。
更新: 2018-04-24 12:10:37
 荒挽きで肉汁たっぷりのパティを地元のパン屋「ふらんすや」の特製バンズが受け止め、ボリューム大なのに不思議ともたれない。ザクザク食感のフライドポテトも絶品!
更新: 2018-02-11 07:00:00
ここは肉好きにその名を知られたイタリアン。でもランチはハンバーガーがなんと7種類。ANTICA OSTERIACARNEYA(アンティカ・オステリア・カルネヤ)[交]都営大江戸線牛込神楽坂駅A1出口から徒歩5分 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:11
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt