MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
北海ド~全部喰えるド~!!(郷土料理/八重洲)※閉店

北海ド~全部喰えるド~!!(郷土料理/八重洲)※閉店

「北海道チューボー」は食券制の気軽な食堂ながら、西山製麺のラーメンからジンギスカンなど、北海道の味覚満載。豊富なアルコールは立ち呑み並の廉価![交]JR東京駅八重洲南口から徒歩1分 ※ランチタイム有

「羽幌町産エビスープカレー」980円。野菜たっぷりのカレーに、4本の甘エビ! その旨みがスープに溶け込み、さらに殻の香ばしさが鼻腔を刺激する

【閉店】北海道チューボー
八重洲

食券制の気軽な食堂ながら、西山製麺のラーメンからジンギスカンなど、北の味覚満載。豊富なアルコールは立ち呑み並の廉価!

「古平産ホッケ一夜干し」680 円。今まで食べていたホッケって何? と思わせる脂のノリ。美味!

【閉店】北海道チューボー
八重洲

東京都中央区八重洲2-2-1 ダイヤ八重洲口ビル1階 ☎03-3517-8555 [営]11時~23時 土日祝日~20時(LO閉店30分前) [休]年末年始 全57席 禁煙(ただし平日は18時より喫煙可)/カード不可/予約不可/サなし [交]JR東京駅八重洲南口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3517-8555
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 土佐鴨とは、高知の南東部に位置する芸西村でこだわりの穀物飼料と水を与えて育てられた合鴨のこと。プリッとした食感とクセのない身質が特長だ。
更新: 2019-04-08 18:00:00
 島根にある本社の社長から店に与えられたミッションがあるそうだ。ズバリ「東京で島根の魅力を伝えること」。
更新: 2019-04-06 18:00:00
屋号の「ハナハナ」は、沖縄の言葉で「乾杯」を意味することから。明るくかわいらしい店内の雰囲気とは裏腹に、コース、アラカルトともに大皿に景気よく盛られるのが特徴だ。
更新: 2019-02-05 12:00:00
八戸出身の店主・蔦林さん親子は言わば青森の宣伝隊。生産者が真面目に作っている本物の食材を知ってほしいと故郷の味をココ東京で独自に広めてるのだから。
更新: 2019-02-04 12:00:00
“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新の投稿
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt