MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
北海ド~全部喰えるド~!!(郷土料理/八重洲)※閉店

北海ド~全部喰えるド~!!(郷土料理/八重洲)※閉店

「北海道チューボー」は食券制の気軽な食堂ながら、西山製麺のラーメンからジンギスカンなど、北海道の味覚満載。豊富なアルコールは立ち呑み並の廉価![交]JR東京駅八重洲南口から徒歩1分 ※ランチタイム有

「羽幌町産エビスープカレー」980円。野菜たっぷりのカレーに、4本の甘エビ! その旨みがスープに溶け込み、さらに殻の香ばしさが鼻腔を刺激する

【閉店】北海道チューボー
八重洲

食券制の気軽な食堂ながら、西山製麺のラーメンからジンギスカンなど、北の味覚満載。豊富なアルコールは立ち呑み並の廉価!

「古平産ホッケ一夜干し」680 円。今まで食べていたホッケって何? と思わせる脂のノリ。美味!

【閉店】北海道チューボー
八重洲

東京都中央区八重洲2-2-1 ダイヤ八重洲口ビル1階 ☎03-3517-8555 [営]11時~23時 土日祝日~20時(LO閉店30分前) [休]年末年始 全57席 禁煙(ただし平日は18時より喫煙可)/カード不可/予約不可/サなし [交]JR東京駅八重洲南口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3517-8555
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
芳醇な旨みのスープで食す博多風水炊きと宮崎の郷土料理・かご焼きを看板に、2018年5月にオープンした。使用するのは千葉県産の水郷赤鶏。
新潟県のアンテナショップ『表参道・新潟館ネスパス』に新たにオープンした立ち飲みスペース。ここがなかなかおもしろい。
麦焼酎の発祥といわれる壱岐焼酎。大麦2に対し米麹1の割合で仕込まれ、スッキリと飲みやすいものからウイスキーを思わせるものまで多種多様だ。
宮崎の焼酎を常時50種ほどを揃え、おすすめはクラッシュアイスでいただくロック。宮崎焼酎の魅力は、芋をはじめ、麦、蕎麦、栗、トウモロコシなど豊富な原料があること。
 日本で一番人口の少ない村・青ヶ島。約160人のうち10人が杜氏という、呑んべえにとって魅惑的な東京の秘境だ。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。
イタリア産を中心に、店主・新町さんが選び抜いた質・味わいともに群を抜く生ハム&サラミを取り揃える。12ヶ月熟成のクラテッロやローマにある有名店のコッパなど、その時々に食べ頃の6種を超薄切りで盛り合わせに。
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt