MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
かおりひめ(瀬戸内料理/新橋)|香りと愛のある旬を味蕾の上へ!

かおりひめ(瀬戸内料理/新橋)|香りと愛のある旬を味蕾の上へ!

新橋の瀬戸内料理店「かおりひめ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。香川と愛媛の海といえば、明石海峡から豊後水道に至るまで、もう瀬戸内海全域ですから、そりゃもう魚は壮絶超えてます! かおりひめ[交]JR新橋駅銀座口から徒歩1分 ※ランチタイム有

かおりひめ(最寄駅:新橋駅)

昼から夜まで通し営業だから、昼からダラダラ呑んで、讃岐うどんで締める夢体験も可能!

愛媛三種盛り
980円

「愛媛三種盛り」。鯵唐揚げにじゃこ天という海産物が2品入るこちらで、ダシの効いた日本酒「炙りいりこ酒」をチビチビやる快楽。

炙りいりこ酒
860円

真だこの唐揚げ
700円

「真だこの唐揚げ」は輸入ダコとの歯応えの違いに感涙

かおりひめの店舗情報

東京都港区新橋2-19-10 新橋マリンビル2階 ☎03-5537-2684 [営]11時~23時 [休]年始 全70席 全席禁煙(平日は15時より喫煙可/カード可/予約可/サなし [交]JR新橋駅銀座口から徒歩1分

電話番号 03-5537-2684
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
芳醇な旨みのスープで食す博多風水炊きと宮崎の郷土料理・かご焼きを看板に、2018年5月にオープンした。使用するのは千葉県産の水郷赤鶏。
新潟県のアンテナショップ『表参道・新潟館ネスパス』に新たにオープンした立ち飲みスペース。ここがなかなかおもしろい。
麦焼酎の発祥といわれる壱岐焼酎。大麦2に対し米麹1の割合で仕込まれ、スッキリと飲みやすいものからウイスキーを思わせるものまで多種多様だ。
宮崎の焼酎を常時50種ほどを揃え、おすすめはクラッシュアイスでいただくロック。宮崎焼酎の魅力は、芋をはじめ、麦、蕎麦、栗、トウモロコシなど豊富な原料があること。
 日本で一番人口の少ない村・青ヶ島。約160人のうち10人が杜氏という、呑んべえにとって魅惑的な東京の秘境だ。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt