MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
伝統のカレーが新宿スタイルで登場(レストラン/新宿三丁目)

伝統のカレーが新宿スタイルで登場(レストラン/新宿三丁目)

2016年4月に新宿にオープンした『BEAMS JAPAN』内に、BEAMSの店舗初となるレストランが登場。歴史ある日光金谷ホテル協力のもと、伝統料理をはじめ「クラフト(手作り)」をコンセプトにした日本の洋食を提供している。 ※ランチタイムあり

日光金谷ホテル クラフトグリル(最寄駅:新宿三丁目駅)

名物は大正時代のカレーレシピを再現し、新宿仕様にした「新宿百年ライスカレー」。ほかにもカサゴを一匹使ったフィッシュ&チップスなど注目メニューが多彩。日本のクラフトリカー類も揃え、料理とのペアリングを提案している。

新宿百年ライスカレー 
1944円

ココナッツミルクのまろやかさとスパイスの程良い刺激が特徴。新宿スタイルは牛フィレ肉のフリットをトッピング。ライスは写真のレーズンバターライスのほか、刻み漬けライス、雑穀米、白ライスから選べる

フィッシュ&チップス
1512円

カサゴの身をポテトと一緒に揚げたスタイル。豪快な盛り付けの見た目もインパクト大

日光金谷ホテル クラフトグリル

■『日光金谷ホテル クラフトグリル』
[住所]東京都新宿区新宿3-32-6 地下1階
[TEL]03-5361-7548
[営業時間]11時半~15時、17時~23時(土曜日・日曜日・祝日:11時半~23時)
[休日]施設に準ずる
[アクセス]新宿三丁目駅連絡通路出口から徒歩約1分

電話番号 03-5361-7548
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
駅から近いけれどちょっと隠れた立地のせいか、ゆっくり食事ができる地元ご用達店。ランチのイチオシは牛カツで、たっぷりしたサラダの生野菜と手の込んだお惣菜が付くのがうれしい。
食料自給率の高い官僚のエネルギー源で午後へのチャージ!平日のランチタイムのみ一般開放されている農林水産省内の食堂に、幻のメニューあり! それが写真の「イワシ鯨ステーキ膳」なのだ。
代官山のキューバ料理店「Cafe Habana TOKYO(カフェハバナトウキョウ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。97年にオープンし、ザガットをはじめ数々の賞を受賞したキューバレストランが昨年代官山にやってきた。[住所]東京都渋谷区猿楽町2-11
べるもんた、特急花嫁のれん、のと里山里海、アルプスエキスプレス、雪月花に乗車! それぞれが個性的な客席を持つ5つのグルメ列車を乗り継ぎ、富山・石川・新潟を味わい尽くす“至福の美食旅”、いざ出発!
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
山形は蕎麦の名産地であるとともに、滋味深い食材と風土に育まれた食文化がある。ゆるゆるとその地酒を味わいながら、ならではの旨さを堪能できるのがここの魅力だ。
今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。
自社のパンと共に都内の名ベーカリーの品を揃え、パンのセレクトショップとしても営業するベーカリーカフェ。パンマニア憧れの品が一同に集まるので、パン好きならば一度は足を運びたいと言われる店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt