MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
オヤジのコンビニ食ダイエット(2) 意外と糖質が少ない! セブンイレブン「THEセブンロール」

オヤジのコンビニ食ダイエット(2) 意外と糖質が少ない! セブンイレブン「THEセブンロール」

自分みたいな独身40代オヤジ(涙)がダイエットを始めても、注意や協力をしてくれる家族もいないので、自分の欲求との孤独な戦いになる。ある程度のストイックさは必要になるが、過剰な食事制限は長続きせず、これがダイエットに失敗する大きな原因となる……。

スイーツオヤジにも! 生クリームたっぷりのロールケーキは意外と糖質が少ない!

「THEセブンロール」税込170円



 自分みたいな独身40代オヤジ(涙)がダイエットを始めても、注意や協力をしてくれる家族もいないので、自分の欲求との孤独な戦いになる。ある程度のストイックさは必要になるが、過剰な食事制限は長続きせず、これがダイエットに失敗する大きな原因となる。

 食事制限には忍耐も必要だけど、挫折せずにモチベーションを維持させるには「好きなものを食べる!」のが一番だ。

 自分は甘いものが大好きなので、おいしくて糖質の少ないスイーツはないのか?と、探して見つけたのがセブンイレブンの「THEセブンロール」(旧「至福のロールケーキ」)だ。
 糖質は15グラムくらいで、おにぎり1個の半分以下。これなら糖質を気にせず食べられる。しかも生クリームが濃厚で最高にうまい! ダイエット中も週2〜3回は食べていたが体重はグングン減った。

 なにより「スイーツが食べられる!」ということが、食事制限する上でのメンタルケアに大いに役立った。

栄養成分表示に糖質の項目がない場合、炭水化物を見れば糖質量が推測できる。炭水化物は「糖質+食物繊維」のことだが、普通のスイーツの場合、ほぼ糖質と考えていい。

「プレミアムロールケーキ」税込150円

近くにローソンしかない場合は、これがおすすめ。217キロカロリー、糖質13グラムはスイーツとしてはかなり優秀!

「口どけしっとりクリームロール」税込170円

ファミリーマートのロールケーキ。ファミマはライザップコラボでも低糖質スイーツを発売していて、随分お世話になった。

このグルメ記事のライター
太田日向@まとメシ

食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
冬の主力商品としてコンビニのレジ横で幅を利かせている“おでん”。 おでんには低カロリーでヘルシーな具材が多くあり、組み合わせによってダイエット中にも大切なタンパク質や食物繊維をたっぷり摂ることができる。 なかでも、とくにおすすめなのが、“パックおでん”だ……。
581views 脱メタボ
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
2156views 脱メタボ
「プロテイン」は日本語の「タンパク質」のことで、美と健康には欠かせない栄養素。 健康のためにダイエットを始めたのに、体が弱くなってしまったり、老け込んだりしては、何のためのダイエットかわからなくなってしまうので、食事制限してもタンパク質の量は減らさないほうがいい。そんな食事管理の補助として役立ち、いまやコンビニの定番商品になっているのがプロテインバーなどの高タンパク食品だ。
3673views 脱メタボ
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
1369views 脱メタボ
セブンイレブンでは近年に冬の定番になっている鍋が3種類あり、どれも「1/2日分の野菜」が入っていることがウリで、ヘルシー指向の商品を幅広くそろえる「カラダへの想いこの手から」の対象商品になっている。 なかでも、ダイエット中に選ぶならコレだな!というのが、今回紹介する「1/2分の野菜! 鶏ちゃんこ鍋」だ!
2748views 脱メタボ
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt