MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
三重テラス|県産食材をイタリアンで味わう(イタリアン/三越前)

三重テラス|県産食材をイタリアンで味わう(イタリアン/三越前)

三重県産の上質な肉類や、漁港から直送される新鮮な魚介をふんだんに使用した、洗練されたイタリアンをワインや三重の地酒と共に味わえる。三重テラス[交]地下鉄銀座線ほか三越前駅A9出口直結 ※ランチタイム有

三重テラス(最寄駅:三越前駅)

三重県産の上質な肉類や、漁港から直送される新鮮な魚介をふんだんに使用した、洗練されたイタリアンをワインや三重の地酒と共に味わえる。

松阪牛 内モモ肉タリアータ ルーコラ パルミジャーノ バルサミコソース
3600円

繊維の間からも上質な脂とコクがあふれ出す。シンプルに味わいたい

ソマカツオの塩切り 南伊勢風 カプレーゼ
700円

“塩切り”はアンチョビを思わせる味わいでトマトと相性抜群だ

三重テラス

東京都中央区日本橋室町2-4-1 浮世小路千疋屋ビル「YUITO ANNEX」1階 ☎03-5542-1030 [営]11時〜23時(フード22時L.O.、ドリンク22時半L.O.) [休]年末年始 席全38席 全席禁煙/カード可/予約可/サなし [交]地下鉄銀座線ほか三越前駅A9出口直結

電話番号 03-5542-1030
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-05-21 11:21:05
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-05-21 10:58:33
千駄木『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』|全粒粉のタリオリーニにニョッキ、シャラティエッリ……。ここは店内のパスタ工房で作られる生パスタが味わえる店。
更新: 2019-01-11 09:45:28
根津Italian Chama Chama(イタリアン/根津)|さてチャマチャマと聞いて何を連想する? ここで「お茶の間の茶間」と浮かんだアナタはエライ!
更新: 2019-01-05 12:00:00
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt