[炉とマタギ 新宿店(歌舞伎町/ジビエ料理)] ジビエ料理のグルメ記事と写真

[炉とマタギ 新宿店(歌舞伎町/ジビエ料理)] ジビエ料理のグルメ記事と写真

新宿歌舞伎町のジビエ料理店「炉とマタギ 新宿店」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。日本でも定着してきたジビエをマタギのスタイルで食べさせてくれる店。[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-6-3


炉とマタギ 新宿店(最寄駅:新宿駅)

綺麗に盛られたジビエをワイルドに食べるべし

炉端でじっくりと焼かれた猪、鹿、鴨、兎たちは、噛みしめるほどにその肉の繊維の間から自然の滋養がほとばしり、食べるそばからナチュラルなパワーが体をみなぎってくるのがわかる。マタギ発祥の地・秋田の食材を取り入れた料理にも心踊る。シビエ以外の料理も酒も豊富なので、ジビエ好きならずとも、ぜひ足を運んでほしい。

三獣奏 (写真は兔、鴨、鹿) 2030円

三種のジビエが一皿で味わえる、超おすすめの品。アルプスの岩塩でシンプルに食すも、麦味噌でコッテリ食べるもお好みで

馬刺し盛合わせ 2138円

ドライアイスの煙に包まれて登場する馬刺しは、フィレ、赤身、コウネ(タテガミ)、中トロの4種

新潟県魚沼直送 川魚 1058円

“原始焼”と呼ばれる、塔のように積まれた炭の横で40分という時間をかけて丁寧に焼かれる川魚も必食だ

炉とマタギ 新宿店の店舗情報

東京都新宿区歌舞伎町1-6-3 石塚ビル6階 ☎03-6233-9396 [営]17時~23時半(22時半LO、金・土・祝前~翌5時) [休]無休 [席]カウンター6席、4席×6卓、6席×1卓(以上、半個室)、8席×1卓、座敷16席、 計60席/全席喫煙可/カード可/サなし、お通し378円 [交]JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩5分

電話番号 03-6233-9396
2016年9月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


うどんの名店「長谷川」から暖簾分けした今大注目の新宿のうどん屋

うどんの名店「長谷川」から暖簾分けした今大注目の新宿のうどん屋

蔵出し和酒と江戸前天ぷら 甲州街道 賽(旧店名:武蔵野 はせがわ)|うどん好きならば、この店名にピンと来るだろう。大泉学園にある武蔵野うどんの名店『長谷川』から暖簾分けし、2016年にオープンした。


新宿の人気ラーメン店『万世麺店』の食べ応え抜群「パーコー麺」

新宿の人気ラーメン店『万世麺店』の食べ応え抜群「パーコー麺」

 肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。


「新宿のカレー店」グルメライターおすすめ5選!食べ歩いて見つけたお店!

「新宿のカレー店」グルメライターおすすめ5選!食べ歩いて見つけたお店!

新宿エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたカレー店をご紹介!老舗の「カツカレー」から人気店の「なすチキン カレー」まで!


ほっとする味わいの家庭料理と日本酒に舌鼓|ごはん処 為御菜(居酒屋/東京)

ほっとする味わいの家庭料理と日本酒に舌鼓|ごはん処 為御菜(居酒屋/東京)

「女将のいる東京駅の隠れ家」が店のコンセプト。宮大工が作ったという店内は、一枚板のコの字カウンターが印象的。


西新宿の居酒屋を食べ歩いて見つけた、THE穴場居酒屋おすすめ4店!

西新宿の居酒屋を食べ歩いて見つけた、THE穴場居酒屋おすすめ4店!

働く大人の旨メシ地帯「西新宿」に実力派が続々!「新宿西側といえば高層ビルばかり」というイメージがありますが、ビルの足元は、界隈で働くサラリーマンの胃袋を支えるグルメ激戦区。その中でも今回、私グルメライター林匠子が集中調査をしたのは新宿駅の西口!


最新の投稿


奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。


至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!?  ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!? ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

ここしばらく「サバグルメ洋風化現象」が起きているなか、「サバと洋酒」シーンがもっと盛り上がってもいいはずだ。 サバと洋酒を極めなければ!と思っていた矢先に、ビッグニュースが飛び込んできた。なんと、キリンビールのビアレストラン『キリンシティ』が最高にビールに合う「サバ料理」を開発! これは行くしかない!!!


落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

 ご近所さんやお使いの子どもたちが続々と訪れる、一見普通の“街のお豆腐屋さん”だが、手間暇かけて丁寧に作られた絶品の豆腐がいただける。四代目の小野田滋さんが北海道産「音更大袖振」と出合い、大豆に魅せられ作ったのは「四代目 絹」。


築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

 近隣住民が買いに来るだけでなく、50軒を超える銀座の名店や料亭などにも豆腐を納めている店。ここではプロの舌も唸らせる逸品が手に入る。


名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋には、味噌かつや手羽先、きしめんなど安くて旨いB級グルメは数多くあるが、ご当地ラーメンは存在しない。 そんななか、将来的に名古屋のご当地ラーメンとなる可能性を秘めたラーメンを出す店を発見した。それが『濃厚中華そば 佐とう』だ。


ランキング


>>総合人気ランキング