MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
「つむぎ」は常連になるべし鶏の美味しさにこだわる店(焼き鳥/新宿歌舞伎町)

「つむぎ」は常連になるべし鶏の美味しさにこだわる店(焼き鳥/新宿歌舞伎町)

[新宿 つむぎ]は歌舞伎町奥にある小さな店ながら毎日通ってくる客もいて、連日にぎわうのがこちら。その理由は、焼き鳥は塩味が基本、一品料理も変に飾らない。

新宿 つむぎ(最寄駅:新宿駅)

「みんなが好きな食材だからこそ、その旨さを大切にしたい」(山本さん)と鶏の持ち味を生かすことだけを考えるという実直な仕事ぶりにある。また場所柄いろんなお客が来るが、彼らを心地よく迎え入れるスタッフのアットホームな雰囲気も大きい。酔客に混じり、絶妙の焼き鳥に舌鼓を打ちたいものだ。

おまかせ五種盛り合わせ(5本)
864円

部位によって中がしっとりレアに仕上がるよう、絶妙に火を入れる。この日は(左から)もも、ささみ、ねぎま、ぼんじり、豚タン

焼酎
600円~

宮崎地鶏の刺し盛り
1296円

右から皮、レバー、むね、ももがのる。鶏は毎朝届く分を、その日に使い切り、鮮度にこだわっている

新宿 つむぎの店舗情報

東京都新宿区歌舞伎町2-23-10 第一本間ビル1階 ☎03-3202-6339 [営]18時半~翌3時 [休]不定休 [席]カウンター7席、テーブル4席×2卓、計15席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし [交]JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩10分

電話番号 03-3202-6339
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt