MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ウルフギャング・ステーキハウス六本木|極上の熟成肉をサンドイッチで食べる幸せ(ステーキサンドイッチ/六本木)

ウルフギャング・ステーキハウス六本木|極上の熟成肉をサンドイッチで食べる幸せ(ステーキサンドイッチ/六本木)

おとなの週末「がっつりサンド」特集掲載店舗。アメリカの高級ステーキハウス「ウルフギャング・ステーキハウス六本木」が提供する「ステーキサンドウィッチ」は、バゲットからはみ出るほどたっぷり120gを挟んだ熟成サーロインステーキが自慢。[交]六本木駅3番出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

ウルフギャング・ステーキハウス六本木(最寄駅:六本木駅)

 アメリカの高級ステーキハウスが提供する「ステーキサンドウィッチ」(3024円)は、バゲットからはみ出るほどたっぷり120gを挟んだ熟成サーロインステーキが自慢。使用するのは店の看板である最高品質の格付け「プライムグレード」の牛肉だ。店内の専用庫で長期熟成させ、深みのある香りと凝縮した旨みを最大限に引き出している。じっくり熟成することで繊維が程良く分解された肉は、弾力があるのにしっとり柔らかい絶妙な食感。同じくエイジングビーフを100%使ったハンバーガーも見逃せない。

ステーキサンドウィッチ(ランチ限定)
3024円

900℃のオーブンで一気に焼き上げたサーロインステーキを挟む。付け合わせはフライドポテトとオニオンリング

プライムビーフ100%クラシックバーガー(ランチ限定)
2808円

250gのパテは店内で挽き肉にし、つなぎなしで作る

ウルフギャング・ステーキハウス六本木

東京都港区六本木 5-16-50 六本木デュープレックスM's1階 ☎03-5572-6341 [営]11時半~23 時半(ランチは14時半LO、ディナーは22時半LO) [休]無休 [席]バーカウンター18席、テーブル席140席、個室20席、計178席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10% [交]地下鉄日比谷線ほか六本木駅3番出口から徒歩4分

電話番号 03-5572-6341
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
近所で働く人や住民が行き交う路地に漂う香ばしい匂い。焼鳥店?と思いきや、サンドイッチ専門店だった。
恵比寿にベトナムで親しまれている料理「バインミー」の専門店「EBISU BANH MI BAKERY(エビス バインミー ベーカリー)」がオープンした。マネージャーの片岡享さんとスタッフのトゥンさんが、ベトナム北部にある老舗ベーカリー店で2週間住み込み、本場の製パン法を習得。
あふれそうなくらい具の詰まったサンドイッチ。常時15種ほどが販売されており、そのどれもが、ダシ、味噌、醤油などを使用し、どこか懐かしさを感じる味付けだ。
「なだ万」などで修業した主人の船生宜之さんが、以前、コース料理の〆として出していたもの。カツオと昆布のダシ巻き卵をはさみ、マヨネーズと合わせてホットサンド風に。
店頭に並ぶのは、全てたまごサンド!和風・洋風・変わりダネなど、そのバリエーションに驚く。
西新宿に本店を構える『麺屋翔』の3店舗目として2018年10月2日にオープン。既存の2軒は鶏がメインだが、こちらは鯛。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
予約困難な名店、東京・四ツ谷の『すし匠』で約15年、腕を磨いた店主が作り出す「ばらちらし」。30種類以上のネタが美しく盛られ、それらが響き合うハーモニーは見事のひと言だ。
本店は、1日3000人が訪れることもある、イタリア・ミラノで大人気のジェラート店。原材料はイタリアから取り寄せ、本店のレシピで作られたフレーバーは、素材をしっかり感じられる力強い味わい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt