MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
「バー・カシミール」のカツサンドは迫力の厚みながら柔らかな弾力(バー/新宿)

「バー・カシミール」のカツサンドは迫力の厚みながら柔らかな弾力(バー/新宿)

おとなの週末「男のがっつりサンド」特集掲載店、新宿の「バー・カシミール」。ポートワインやバターを使ってコクを出し、継ぎ足し継ぎ足ししているというソースで煮込まれているトンカツは、照り照り旨い。使用しているのは豚ばら肉で、ど迫力の厚みながら柔らかな弾力があって噛み切れ、口中で脂の旨みを満喫できる。新宿駅東口から徒歩3分

バー・カシミール(最寄駅:新宿駅)

ポートワインやバターを使ってコクを出し、継ぎ足し継ぎ足ししているというソースで煮込まれているトンカツは、照り照り旨い。使用しているのは豚ばら肉で、ど迫力の厚みながら柔らかな弾力があって噛み切れ、口中で脂の旨みを満喫できる。甘みとコク。カリッと焼かれたパンの食感もジャスト。ややナッティで爽やかなシェリーのカクテル「レブヒート」(950円)と。「がっつりカツサンド」(1300円)。

がっつりカツサンド
1300円

5㎝厚はあろうかという照り照りのカツが、「さあ来い!」と誘う。ガブッといけば、柔らかな噛み応えの中に脂の旨みとソースの奥深いコクが渾然一体

レブヒート
950円

バー・カシミール

東京都新宿区新宿3-23-4 新宿黒澤ビルB1 ☎03-3355-4470 [営]18時〜翌3時 [休]無休 [席]カウンター7席、テーブル22席、計29席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、チャージ500円 [交]JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩3分

電話番号 03-3355-4470
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
銀座の一等地にありながらホッピーを売りにする。「55ホッピーとシャリキンの組み合わせはカクテルとして成立するから」とは店主の嘉茂太輔さんだ。
更新: 2019-06-14 16:33:24
現在、焼酎5934種、梅酒1188種という圧巻の品揃えを誇る和酒バーだが、その中からお気に入りを探すのに絶好なのが「おまかせ試飲セット」。焼酎初心者セット、芋芋セット、GENセットなどなど、選べば好みに合わせてハーフサイズ3種または2種のセットを作ってくれる。
更新: 2019-06-13 10:44:09
ここ『玉箒』にはメニューがない。それは「注文から楽しんでいただきたいから」と店主の中川伸男さん。
更新: 2019-06-03 11:50:17
1923年に創業し、現在は四代目の兄弟が営業。取り扱う酒は多岐にわたるが、メインは日本酒。
更新: 2019-05-14 15:47:44
 2017年10月にオープンした滋賀県のアンテナショップ『ここ滋賀』。その1階にある気軽な地酒バーだ。
更新: 2019-05-20 13:24:28
最新の投稿
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 12:00:00
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-16 12:00:00
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00
京急・大森町駅前から細い路地を入った奥に鎮座する、女将さんがひとりで切り盛りする小体なこの店は、なんといっても「国産ひな鶏の素揚げ」が名物!
更新: 2019-06-14 16:30:24
銀座の一等地にありながらホッピーを売りにする。「55ホッピーとシャリキンの組み合わせはカクテルとして成立するから」とは店主の嘉茂太輔さんだ。
更新: 2019-06-14 16:33:24

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt