MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
「バー・カシミール」のカツサンドは迫力の厚みながら柔らかな弾力(バー/新宿)

「バー・カシミール」のカツサンドは迫力の厚みながら柔らかな弾力(バー/新宿)

おとなの週末「男のがっつりサンド」特集掲載店、新宿の「バー・カシミール」。ポートワインやバターを使ってコクを出し、継ぎ足し継ぎ足ししているというソースで煮込まれているトンカツは、照り照り旨い。使用しているのは豚ばら肉で、ど迫力の厚みながら柔らかな弾力があって噛み切れ、口中で脂の旨みを満喫できる。新宿駅東口から徒歩3分

バー・カシミール(最寄駅:新宿駅)

ポートワインやバターを使ってコクを出し、継ぎ足し継ぎ足ししているというソースで煮込まれているトンカツは、照り照り旨い。使用しているのは豚ばら肉で、ど迫力の厚みながら柔らかな弾力があって噛み切れ、口中で脂の旨みを満喫できる。甘みとコク。カリッと焼かれたパンの食感もジャスト。ややナッティで爽やかなシェリーのカクテル「レブヒート」(950円)と。「がっつりカツサンド」(1300円)。

がっつりカツサンド
1300円

5㎝厚はあろうかという照り照りのカツが、「さあ来い!」と誘う。ガブッといけば、柔らかな噛み応えの中に脂の旨みとソースの奥深いコクが渾然一体

レブヒート
950円

バー・カシミール

東京都新宿区新宿3-23-4 新宿黒澤ビルB1 ☎03-3355-4470 [営]18時〜翌3時 [休]無休 [席]カウンター7席、テーブル22席、計29席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、チャージ500円 [交]JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩3分

電話番号 03-3355-4470
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
 ジェラートとカクテルを楽しめるユニークな一軒。バーテンダーの高宮さん曰く「バーの仕事だけでなく、もっと幅広いスタイルにしたかったから」。
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
日々の疲れがスッととれそうな、温かくも落ち着いた雰囲気のバー。いつものスタンダードカクテルもいいけど、たまには気分を変えたい……そんなときは、店主の山谷頼子さんに自分の好みに応じたコーヒーカクテルを作ってもらおう。
銀座の一等地にありながらホッピーを売りにする。「55ホッピーとシャリキンの組み合わせはカクテルとして成立するから」とは店主の嘉茂太輔さんだ。
ご当地グルメ……。私の中では宮崎県が最強だと思っていた。 冷や汁、肉巻きおにぎり、そしてマンゴーも美味しい……。そんな宮崎県LOVEの私だが、この夏、ライバルが吉祥寺に登場した。栃木県である! 
「串カツ」「串揚げ」の本場・大阪を、グルメライターが食べ歩いて調査!二度付け禁止・立ち食い系の大衆系もあれば、しっとり楽しむコース制の創作系までそれこそピンキリですが、中でも安くて旨くて個性が光るお店をピックアップしてご紹介します!
8140views 大阪府 串特集
銀座エリアで絶対に外せないラーメンを、グルメライターが徹底調査!ランキング常連、ミシュランのビブグルマン獲得、昭和創業の老舗など、都内でも指折りの人気店が集中していることが判明しました!知っておきたい情報を分かりやすくお届けしていきます♪
 もうダメ、疲れがとれない……そんなときに駆けこむべきはこちら。明るく人懐っこいマスター・松岡さんの繰り出す「薬膳スタミナ麺」だ。
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt