MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
「GINZA 1954」の「カツサンド」は見た目、食感、余韻の三位一体。(バー/銀座)

「GINZA 1954」の「カツサンド」は見た目、食感、余韻の三位一体。(バー/銀座)

おとなの週末「男のがっつりサンド」特集掲載店、銀座の「GINZA 1954」。きめ細やかでジューシーな肉質は宮城県大河原の三元豚のもち豚ロース。周りの脂身を落として芯の部分のみ使用。高温でガッと揚げたあと余熱でゆっくり火を通すことできれいなピンク色の断面と肉汁をたたえたミディアムレアに。[交]新橋駅3番出口から徒歩2分

GINZA 1954(最寄駅:新橋駅)

サクッと軽い歯触りで噛み切れながら、肉はほの甘く余韻が残る。銀座木村屋総本店特注のパンとも一体化。「竹鶴ピュアモルトのハイボール」(1000円)がすっきりと合う。「カツサンド」(2000円)、いずれも税別。

カツサンド
2000円

見た目、食感、余韻の三位一体。サクッと噛み切れるがゆえに食べ進めても崩れず、柔らかく、ジューシー。手に持っても美しい贅沢感のあるバーフード

竹鶴ピュアモルトのハイボール
1000円

GINZA 1954

東京都中央区銀座8-5-15 SVAX銀座ビルB1 ☎03-3571-2008 [営]18時〜翌3時(土〜24時) [休]日祝 [席]カウンター10席、テーブル13席、計23席/全席喫煙可/予約可/カード可/サ10%、チャージ18時〜24時1000円、以降2000円 [交]地下鉄銀座線ほか新橋駅3番出口から徒歩2分

電話番号 03-3571-2008
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
“幕末、アメリカに派遣されたサムライたちが、アメリカの文化を持ち帰って日本にバーを開いたら……”というコンセプトでつくられた「ザ・エスジー・クラブ」。1階の「ガズル」はカウンター席の他、スタンディングもOKなオープンな空間。
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
 ジェラートとカクテルを楽しめるユニークな一軒。バーテンダーの高宮さん曰く「バーの仕事だけでなく、もっと幅広いスタイルにしたかったから」。
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
日々の疲れがスッととれそうな、温かくも落ち着いた雰囲気のバー。いつものスタンダードカクテルもいいけど、たまには気分を変えたい……そんなときは、店主の山谷頼子さんに自分の好みに応じたコーヒーカクテルを作ってもらおう。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt