MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
「GINZA 1954」の「カツサンド」は見た目、食感、余韻の三位一体。(バー/銀座)

「GINZA 1954」の「カツサンド」は見た目、食感、余韻の三位一体。(バー/銀座)

おとなの週末「男のがっつりサンド」特集掲載店、銀座の「GINZA 1954」。きめ細やかでジューシーな肉質は宮城県大河原の三元豚のもち豚ロース。周りの脂身を落として芯の部分のみ使用。高温でガッと揚げたあと余熱でゆっくり火を通すことできれいなピンク色の断面と肉汁をたたえたミディアムレアに。[交]新橋駅3番出口から徒歩2分

GINZA 1954(最寄駅:新橋駅)

サクッと軽い歯触りで噛み切れながら、肉はほの甘く余韻が残る。銀座木村屋総本店特注のパンとも一体化。「竹鶴ピュアモルトのハイボール」(1000円)がすっきりと合う。「カツサンド」(2000円)、いずれも税別。

カツサンド
2000円

見た目、食感、余韻の三位一体。サクッと噛み切れるがゆえに食べ進めても崩れず、柔らかく、ジューシー。手に持っても美しい贅沢感のあるバーフード

竹鶴ピュアモルトのハイボール
1000円

GINZA 1954

東京都中央区銀座8-5-15 SVAX銀座ビルB1 ☎03-3571-2008 [営]18時〜翌3時(土〜24時) [休]日祝 [席]カウンター10席、テーブル13席、計23席/全席喫煙可/予約可/カード可/サ10%、チャージ18時〜24時1000円、以降2000円 [交]地下鉄銀座線ほか新橋駅3番出口から徒歩2分

電話番号 03-3571-2008
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
銀座の一等地にありながらホッピーを売りにする。「55ホッピーとシャリキンの組み合わせはカクテルとして成立するから」とは店主の嘉茂太輔さんだ。
更新: 2019-06-14 16:33:24
現在、焼酎5934種、梅酒1188種という圧巻の品揃えを誇る和酒バーだが、その中からお気に入りを探すのに絶好なのが「おまかせ試飲セット」。焼酎初心者セット、芋芋セット、GENセットなどなど、選べば好みに合わせてハーフサイズ3種または2種のセットを作ってくれる。
更新: 2019-06-13 10:44:09
ここ『玉箒』にはメニューがない。それは「注文から楽しんでいただきたいから」と店主の中川伸男さん。
更新: 2019-06-03 11:50:17
1923年に創業し、現在は四代目の兄弟が営業。取り扱う酒は多岐にわたるが、メインは日本酒。
更新: 2019-05-14 15:47:44
 2017年10月にオープンした滋賀県のアンテナショップ『ここ滋賀』。その1階にある気軽な地酒バーだ。
更新: 2019-05-20 13:24:28
最新の投稿
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00
浜名湖産天然うなぎから、共水うなぎに変えたのは約14年前。「力強い旨みが衝撃的で、タレに三河のたまり醤油を足すことにしたくらいです」と店主の伊藤正樹さん。
更新: 2019-06-26 13:40:32

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt