MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ケーニッヒ 吉祥寺店|ほとばしる肉汁!ナチュラルで上質なホットドッグ(ドイツ料理/吉祥寺)

ケーニッヒ 吉祥寺店|ほとばしる肉汁!ナチュラルで上質なホットドッグ(ドイツ料理/吉祥寺)

「ケーニッヒ 吉祥寺店」のホットドッグはパキッと食べたときにジュワッとくる肉汁と、さらに噛み締めたときに感じる肉の旨さ。チーズもとろーり。チョイスしたドイツパンはしっかりモチモチで、なんとも、ナチュラルで上質に旨いホットドッグだ。[交]JR中央線ほか吉祥寺駅南口から徒歩3分 ※ランチタイム有

ケーニッヒ 吉祥寺店(最寄駅:吉祥寺駅)

こちらケーニッヒはそもそも手造りハム・ソーセージの専門店。本店店主の島崎智融さんがドイツヘッセン州の肉屋で学んだ製法をもとに、厳選した国内産の肉、ドイツ産岩塩などを使って丁寧に作っている。さらには、これを挟むパンもドイツから冷凍で輸入。モチっとした味わい深さでソーセージを受け止める。 ソーセージが5種、パンが3種と、その組み合わせを選ぶのも楽しみ。仕上げにドイツビールをぐびっと添えれば完璧だ。

ホットドッグほうれん草チーズ
800円

ほうれん草は、地元武蔵野地区の小金井産。3種あるパンのうちドイツパンは、外はカリッ、内はモチモチ

ホットドッグケーニッヒ
700円

プレーンタイプのケーニッヒは粗挽き肉が詰まってシンプルに旨い。内側ふんわりのパン、カイザーと

ケーニッヒ 吉祥寺店

■『ケーニッヒ 吉祥寺店』
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺南町1-17-10
[TEL]0422-49-4186
[営業時間]10時30分〜20時
[休日]無休
[座席]カウンター5席、テラス席4席、計9席/全席禁煙/予約不可/カード不可
[アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅南口から徒歩3分 ※ランチタイム有

電話番号 0422-49-4186
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
 本場の味はそのままに、日本人の口に合うメニューを厳選したトルコ料理店。トルコ出身のシェフは、多様な地域性をもつトルコ各地の料理に精通、イタリア料理店でも腕を磨いた経験者だ。
ゴドノフ東京 丸の内店(洋食・西洋料理/丸の内)|ロシアで人気の老舗レストラン『ゴドノフ』。丸の内にオープンした日本1号店は、重厚感のある本店と違い、場所柄気軽に入れるようロシアンバルを掲げ、カジュアルに展開。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt