MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
個性豊かな初上陸系サンドおススメ3軒のひとつ「Guzman y Gomez 」(メキシコ料理/原宿)

個性豊かな初上陸系サンドおススメ3軒のひとつ「Guzman y Gomez 」(メキシコ料理/原宿)

オーストラリア発のメキシカンダイナー。新鮮な食材とハンドメイドにこだわり、注文を受けてから作るブリトーやタコスが人気だ。具はチキンやビーフなど肉の種類を選べる。サルサなどのディップも毎日店内で手作り。Guzman y Gomez ラフォーレ原宿店 (グズマン イー ゴメズ)[交]明治神宮前駅5番出口から徒歩1分

Guzman y Gomezラフォーレ原宿店(最寄駅:明治神宮前駅)

オーストラリア発のメキシカンダイナー。新鮮な食材とハンドメイドにこだわり、注文を受けてから作るブリトーやタコスが人気だ。具はチキンやビーフなど肉の種類を選べるほか、有料で食材の追加や変更もできる。サルサなどのディップも毎日店内で手作り。

ブリトー(チキン・レギュラー)
750円

グリルしたチキン、豆、ジャスミン米などをトルティーヤでギュッと巻いたブリトー。サルサなどで味付け

ハードシェルタコス(スパイシービーフステーキ・スパイシーポーク・フィッシュ)
1050円

パリパリの食感が美味。具はビーフやポークなど7種類から選べる

Guzman y Gomezラフォーレ原宿店

[住所]東京都渋谷区神宮前1-11-6ラフォーレ原宿2階GOOD MEAL MARKET内 [TEL]03-3470-0770 [営業時間]11時~21時 [休日]施設に準ずる [座席]計51席/全席禁煙 [アクセス]地下鉄副都心線ほか明治神宮前駅5番出口から徒歩1分

電話番号 03-3470-0770
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
国産クラフトビールとネパール料理。一見共通項のない両者によるシナジーが、ビアギークたちをも虜にしている。
「ウランバートル」は両国にある、元小結・白馬のお母さんが経営するモンゴル料理店。夕飯をとる力士との遭遇率が高いので、相撲ファンの女子も集まり、皆がここで羊肉の味に目覚める。[住所]東京都墨田区両国3-22-11 2階
サナギ 食堂 点心爛慢(アジア・エスニック料理/新宿)|JR新宿駅の東南口付近の高架下にオープン。店内は広め、テーブル席、座敷、こたつ席などが約200席ある。
その昔高地を勇壮に走るインカ戦士の強靭な肉体を支えたのは、アンデスの秘草マカだという。侵略者スペインが恐れて栽培を禁止したほど。※ランチタイム有
[インド料理 ムンバイ 銀座店]のグルメ記事と写真のページ。そもそもが暑い国の知恵、発汗、滋養、デトックス効果もあるスパイスマジックに注目。その効果をじんわり味わえる。※ランチタイム有 [住所]東京都中央区銀座4-8-11
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt