MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[サングチェリア クチ(サンドイッチ/原宿)] 原宿エリアのがっつりサンド

[サングチェリア クチ(サンドイッチ/原宿)] 原宿エリアのがっつりサンド

原宿エリアで見つけた男のがっつりサンド![サングチェリア クチ]の[パン・コン・チチャロン]。[アクセス]地下鉄副都心線ほか明治神宮前駅5番出口から徒歩6分

サングチェリア クチ(最寄駅:明治神宮前駅)

これぞ“噛む”ヨロコビ!ジューシーな豚肉を堪能

そのボリュームに目を見張る(ちなみに計ってみたら約12cm角×高さ7cm超え!)ペルーサンド専門店の“チチャロン”(豚肉)サンド。塩味、酸味、甘みとピリ辛の味わいを纏ったステーキ級の肉を、もっちりパンが受け止める! サラダ付き。

パン・コン・チチャロン
1000円(サラダ付き)

サングチェリア クチの店舗情報

[住所]東京都渋谷区神宮前2-17-6 [TEL]050-3825-4607 [営業時間]11時45分~15時(14時45分LO) [休日]日、月に一度月曜休/イートインあり(計15席) [アクセス]地下鉄副都心線ほか明治神宮前駅5番出口から徒歩6分

電話番号 050-3825-4607
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
近所で働く人や住民が行き交う路地に漂う香ばしい匂い。焼鳥店?と思いきや、サンドイッチ専門店だった。
恵比寿にベトナムで親しまれている料理「バインミー」の専門店「EBISU BANH MI BAKERY(エビス バインミー ベーカリー)」がオープンした。マネージャーの片岡享さんとスタッフのトゥンさんが、ベトナム北部にある老舗ベーカリー店で2週間住み込み、本場の製パン法を習得。
あふれそうなくらい具の詰まったサンドイッチ。常時15種ほどが販売されており、そのどれもが、ダシ、味噌、醤油などを使用し、どこか懐かしさを感じる味付けだ。
「なだ万」などで修業した主人の船生宜之さんが、以前、コース料理の〆として出していたもの。カツオと昆布のダシ巻き卵をはさみ、マヨネーズと合わせてホットサンド風に。
店頭に並ぶのは、全てたまごサンド!和風・洋風・変わりダネなど、そのバリエーションに驚く。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt