MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[サングチェリア クチ(サンドイッチ/原宿)] 原宿エリアのがっつりサンド

[サングチェリア クチ(サンドイッチ/原宿)] 原宿エリアのがっつりサンド

原宿エリアで見つけた男のがっつりサンド![サングチェリア クチ]の[パン・コン・チチャロン]。[アクセス]地下鉄副都心線ほか明治神宮前駅5番出口から徒歩6分

サングチェリア クチ(最寄駅:明治神宮前駅)

これぞ“噛む”ヨロコビ!ジューシーな豚肉を堪能

そのボリュームに目を見張る(ちなみに計ってみたら約12cm角×高さ7cm超え!)ペルーサンド専門店の“チチャロン”(豚肉)サンド。塩味、酸味、甘みとピリ辛の味わいを纏ったステーキ級の肉を、もっちりパンが受け止める! サラダ付き。

パン・コン・チチャロン
1000円(サラダ付き)

サングチェリア クチの店舗情報

[住所]東京都渋谷区神宮前2-17-6 [TEL]050-3825-4607 [営業時間]11時45分~15時(14時45分LO) [休日]日、月に一度月曜休/イートインあり(計15席) [アクセス]地下鉄副都心線ほか明治神宮前駅5番出口から徒歩6分

電話番号 050-3825-4607
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
近所で働く人や住民が行き交う路地に漂う香ばしい匂い。焼鳥店?と思いきや、サンドイッチ専門店だった。
恵比寿にベトナムで親しまれている料理「バインミー」の専門店「EBISU BANH MI BAKERY(エビス バインミー ベーカリー)」がオープンした。マネージャーの片岡享さんとスタッフのトゥンさんが、ベトナム北部にある老舗ベーカリー店で2週間住み込み、本場の製パン法を習得。
あふれそうなくらい具の詰まったサンドイッチ。常時15種ほどが販売されており、そのどれもが、ダシ、味噌、醤油などを使用し、どこか懐かしさを感じる味付けだ。
「なだ万」などで修業した主人の船生宜之さんが、以前、コース料理の〆として出していたもの。カツオと昆布のダシ巻き卵をはさみ、マヨネーズと合わせてホットサンド風に。
店頭に並ぶのは、全てたまごサンド!和風・洋風・変わりダネなど、そのバリエーションに驚く。
容器に入れてふりふりしてシェイクするだけで、素早くホイップクリームができる! 可愛くデコレーションできちゃう!! 「ふりふりクリームメーカー」なるものを、ダイソーで見つけました! 『素早く!』ってことなので、さっそくチェキってみたばい!!
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
 テーマに掲げるのが“鴨と水”。合鴨を丸ごと仕入れ、チャーシューに使われるムネ肉とモモ肉を手作業でさばいたら、残った身もすべて寸胴へ。
世界的なカクテルコンテストで入賞経験を持つ、バーテンダー宮澤英治氏がオーナーのカクテルワークス。神保町店は話題のクラフトジンがテーマだ。
西新宿に本店を構える『麺屋翔』の3店舗目として2018年10月2日にオープン。既存の2軒は鶏がメインだが、こちらは鯛。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt